なるべく正統派でハッピーエンドになるラブコメアニメを選んでみた

  • 2019.05.13 最終更新日:2019.12.22
  • アニメ
なるべく正統派でハッピーエンドになるラブコメアニメを選んでみた

なるべく正統派でハッピーエンドになるラブコメアニメを選んでみた

なるべく正統派でハッピーエンドになるラブコメアニメを選んでみた

人によっては若干苦手意識もあるかもしれない『恋愛アニメ』。

余りアニメにリアルな恋愛模様を求めていない…という方に向けてお勧めしたいのが『ラブコメ』というジャンルです。

その中でも、なるべく”ハッピーエンド”になるラブコメアニメをいくつか選んでみました。

恋愛アニメのハラハラ感が苦手な方も

『恋愛アニメ』特有のハラハラ感が苦手で、なるべくこういうジャンルは見ないようにしている方もいる筈です。

僕も最初は「これは見ていられない…辛い」と、先の予想できないハラハラ展開が苦手でした。

ですが、最初から「ハッピーエンドになる」とわかり切っていれば、心臓に悪い思いをすることはありませんw

たまにキュンキュンしながら、「こういうのも悪くないな」と思える作品ばかり集めてみました。

ラブコメはこういうジャンル

こばと

ラブコメの定義を確認すると、以下のようになるらしいです。

欧米でいうロマンティック・コメディ(romantic comedy)が非日常の特殊な状況における主人公たちの恋愛心理の機微を一回性の物語で描くのに対して、

むしろシチュエーションコメディの要素を積極的に取り込み、現実にありそうな日常の設定の一部分を極端に逸脱した状況を仮想設定したうえで主人公の恋愛関係に焦点をあて、

毎回異なった状況下で周囲を巻き込んだ事件や混乱が繰り返されるドタバタ喜劇(スラップスティックコメディ)的要素の強い作品の事を指す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3

要件定義しても何の意味も無いですが、「恋愛要素を入れ込みつつ、ラッキースケベが多め」とだけ憶えておけば良さそうです。

ラッキースケベ多めなので注意

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

”ラッキースケベ要素”が多い作品が沢山あるため、気を抜いて家族と一緒に見ることだけはやめておきましょう。

その辺りに緩い家庭なら問題ありませんが、厳格な家庭や、余り家族内でそういう話をする耐性がない場合は、時折入るラッキースケベ展開にお茶の間が気まずくなる可能性があります。

学生がたは今後のトラウマにならない様に、自室に入って一人でニヤニヤするのがおすすめです。

ハッピーエンドになるラブコメアニメ

それでは個人的におすすめしたいラブコメアニメを紹介していきます!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

2013年にアニメ化し、大いに話題になった同作。

主人公の妹から「人生相談がある」という話から打ち明けられたのは「オタク趣味について」の事。

内面とは違う自分を取り繕って生きている人はたくさんいますが、この作品が全て面白可笑しく代弁してくれています。

声優もかなり豪華で、花澤香菜・竹達彩奈・早見沙織などが参加しています。

早見沙織から罵られたいという方は、是非見てみるといいと思います。

ヲタクに恋は難しい

ヲタクに恋は難しい

オタク趣味を隠して生きている成海が幼馴染の宏嵩と再開することから物語がスタート。

ゲーマー同士、なんとなく付き合うことになりますが、基本的に交際してからの話になるので、付き合うまでのハラハラ感は皆無です

要は最初にハッピーエンドしちゃってるので、この作品ほど何にも考えずに楽しめるアニメはありませんw

アニメ化の他にドラマ化まで決まっていますが、題材的にドラマになっても結構面白いかもしれませんね。

神様はじめました

神様はじめました

神様はじめましたは鈴木ジュリエッタ氏による作品。

訳あって家を追い出された奈々生が廃れた神社を訪れ、神使である巴衛に会う事からストーリーが始まります。

神の使いである巴衛と菜々生の中々進展しないヤキモキしたラブコメですが、徐々に二人の仲は深まっていく展開。

比較的この中ではハラハラしますが、”最終的には上手くいく”ので、ゆっくり見ることも可能です。

アニメは中途半端なところで終了していますが、原作漫画はすでに完結しているので、気になったらそちらも読んでみるといいかもしれませんよ。

狼と香辛料

狼と香辛料

狼の化身ホロと、旅の行商人であるロレンスとの一風変わったラブコメ作品。

度の中で度々ホロを巡った恋争いに巻き込まれるロレンスだが、途中まで中々自身の感情をホロに伝えることが出来ない、もどかしい展開も魅力の一つ。

既に完結しているため、結論を言うと「最終的に二人は結婚」するため、先がどうなっているのか知ってから内容を追いたい…という方におすすめ。

後日談として娘の物語も書いているので、その場合はライトノベルを読んでみるのも良し。

因みにアニメ版を元に再構築したVRアニメもsteamで発売されています。

また、『東京クロノス』とのタッグプロジェクトも始動している様子。

詳しくは『 『狼と香辛料VR』と『東京クロノス』の強力タッグプロジェクト『AniVR Japan』が始動! 』をどうぞ。

五等分の花嫁

五等分の花嫁

作者が「単行本14巻で完結させる」といったことでざわつき始めた本作。

まさかの展開に目が離せませんが、ちょうど良い所でコメディー要素を入れ込んでくるため、余計に恋愛模様が引き立つ相乗効果を生んでいます。

週刊誌で追っている方も居るかもしれませんが、アニメ版も結構良かったのでお勧めです。

作画崩壊が気になる方はBlu-ray版を購入すると、作画も再構築されていて綺麗になっているとのことです。

アニメ放送が大好評につき、二期制作も決定しています。

詳しくは『 五等分の花嫁 2期決定!いつ放送するのか予測してみた 』をどうぞ。

デンキ街の本屋さん

デンキ街の本屋さん

秋葉原に存在すると言われる架空の本屋さんを舞台にしたアニメ。

ラッキースケベあり、コメディあり、ちゃんと恋愛アリで、原作コミックを知らなくても普通に楽しめる作品だと思います。

端的に言うと”ロリしか出てこない素晴らしい作品”なので、小さいのが好きなら最後まで見ましょう。

dアニメU-NEXTなどのストリーミングサービスでも配信されているので、気になったら試してみるのがいいかも。

dアニメに関してはこちらの記事で紹介しています。

まとめ

なるべく正統派でハッピーエンドになるラブコメアニメを選んでみた

今回はハッピーエンドになるラブコメアニメを選んでみました。

12月のクリスマスシーズンに一人で見てもダメージを受けないジャンルでもあるので、

ハラハラするのに疲れた方は、この際参考にしてみては?

スポンサーリンク

アニメカテゴリの最新記事