漫画家死亡などで未完結作品を調べてみたら有名作ばかりだった…

漫画家死亡などで未完結作品を調べてみたら有名作ばかりだった…

漫画家死亡などの未完結作品

記事トップ

漫画家死亡等の理由により、最後まで執筆できず未完のままになっているマンガが数多く存在することが分かっています。

作品や作者が有名だったので、もしかしたら「最近名前を見なくなったけど、もしかしたら…?」という事もあるかもしれません。

今回は作者死亡などの理由により、未だ未完結になっている漫画&ライトノベル小説をいくつかピックアップしてみました。

現在、未完作で終わっている漫画一覧

因みに個人的にも続編を楽しみにしている作品がありますが、のちに完全版として続編が制作された作品も。

とりあえず、ほんの一部ですが、紹介していきたいと思います。

はてな☆イリュージョン

はてな☆イリュージョン

”迷い猫オーバーラン!””パパのいうこと聞きなさい!”等のラノベ小説を執筆した松智洋さんの『はてな☆イリュージョン』も未完のまま終わっている作品。

イラストを描いていたのは”ブラックキャット”や”ToLOVEる”などを手掛けている矢吹健太朗氏。

迷い猫オーバーラン!以降のタッグを組んでいたが、2016年に松智氏が急逝したため絶筆されている状態。

因みに松智洋さんは、涼宮ハルヒシリーズのゲーム作品『涼宮ハルヒの並列』のシナリオも務めていました。

えむえむっ!

えむえむっ!

松野秋鳴氏の二作目にあたる本作ですが、えむえむっ!作者急逝で未完となっています。

同氏の活動期間は2005年から2011年までと短いですが、

この間にライトノベル新人賞を受賞し、2010年時点では同作品の売り上げが100万部を達成するなど、才能あふれる作家さんでした。

享年32歳、早すぎる訃報に当時は驚きましたが、同氏の作品は今も幅広い方々に愛されているようです。

銀河鉄道999

銀河鉄道999

日本を代表する漫画家、松本零士氏のこの作品もまた未完のまま終わっていた作品でした。

2018年2月に完全新作として再スタートを切りましたが、連載をしていた出版社が倒産してしまったりなど不運もあり、同作はまだ完結していません。

しかし松本氏は未完のまま終わらせることが多いので有名らしく、大概は伏線を張りまくって収拾がつかなくなることが原因とのこと。

代表作なだけに今回はしっかりと完結させてほしいところ。

ただ、2019年にイタリアで旅行中に危篤状態となってしまった為、もしかすると絶筆してしまう可能性もあります…。

NANA

Nana

中島美嘉さん主演で迎え、映画化まで至ったNANAも未完のままで終わっています。

作者である矢沢あい氏が2009年から大病を患ったことが原因で、現在まだCookieで連載中ということになっているようです。

今のところ休載から10年が経過しようとしているので、再連載は厳しいのでは…との声も上がっていますが、続編を待ち望む方も多いんだとか。

再連載を望んでいる方も多いとは思うが、気長に再連載の吉報を待つとしましょう。

刻の大地

刻の大地

連載開始の1996年から現在まで連載が続いている同作品ですが、長い休養期間を経てから2005年に休載した経験を持ちます。

原因は作者である夜麻みゆき氏の体調不良とのことで、作者本人から明言されたのだとか。

OVAやラジオ化、ドラマCD等の関連作品が制作されるなど人気だったので、復帰を望んでいたファンも多いとのこと。

因みにその後、2017年には物語の途中で終わっている戦いの塔』編の完結を目指し、クラウドファンディングにて資金調達

その後、僅か4日で目標金額を達成した上、本人Twitterにて『余った資金は次章制作時の経費に充てる』と明言していることから、続編制作が決定しています。

現在、戦いの塔編を完結させるために連載を再開しているようです。

因みに漫画界にもクラウドファンディングの波が到来していて、クラウドファンディングを活用して連載再開に漕ぎつけた作品も結構あるみたいです。

まもって守護月天!

まもって守護月天! 解封の章

エニックスお家騒動』に巻き込まれる形で連載中断となった同作だが、未だ根強いファンが多いことでも有名。

エニックス騒動から暫くは作者の桜野みねね氏の体調もあり、中々活動できずにいましたが、2015年よりコミックブレイドにて守護月天の三年後を描く作品が連載されています。

未だ完結していないが、既存の世界観に新しい設定を追加した『まもって守護月天! 解封の章』も連載中です。

攻殻機動隊

攻殻機動隊

士郎正宗氏による世界的な人気を催した名作もまた、未完のままです。

自身を相当な遅筆と自虐しながらも、締め切りを破ったことは一度もないという作者ですが、

攻殻機動隊はおろか、士郎正宗作品の殆どが未完のまま連載が止まっている状態。

阪神淡路大震災で被災したのち、親の介護で連載を止めざるを得なかったと告白していますが、カルト的な人気がある作品の為、続編を希望している読者は全世界に数多く存在します。

攻殻機動隊の第一部では主人公の素子が去るシーンで一応の完結していますが、

第二部にあたるMAN MACHINE INTERFACEでは素子が帰ってくるというシナリオを準備しているという。

しかし本人が明言しているとおり相当遅筆であるため、驚異の年一回ペースでの連載でファンをヤキモキさせている状態です。

HUNTER×HUNTER

ハンターハンター

もはや説明するまでも無いほど有名な同作ですが、原作者の富樫氏の度重なる休載と再開の為、こちらも中々終わりが見えない作品。

本人が相当なゲーマーであることはファンも周知の事実で、体調不良で休載中にオンラインゲームをプレイしていた噂もあるほど。

しかしそこは天才の異名を取る富樫氏で、張りすぎた伏線も何のその。

少しづつではあるが伏線を回収し、完結に向けて一歩ずつではあるが前に進んでいるようです。

もはや少年誌ジャンプでの休載は風物詩となっているため、いざ完結するとなると読者も寂しい気持ちにもなりそうw

シャーマンキングFLOWERS

シャーマンキングFLOWERS

全作シャーマンキングが完全版として復活し、葉とハオの物語は終了。

完全版を望んでいたファンも納得の結果となりましたが、その続編にあたるのが今作。

葉とアンナの息子が主人公の物語ですが、連載元のジャンプ改が廃刊となった影響をもろに受けてしまいます。

しかし本作で言えば打ち切りなどではなく、作者も仕切り直しには前向きであるため、再開の日は近いと思います。

さらには原作者の武井氏が『新章開始』と宣言し、『SHAMAN KING THE SUPER STAR』が2018年より連載開始

物語の主人公はアルミ・ニウムバーチに移りましたが、ファンからは『前作の続きから描かれているようで素敵!』など評価は上々のようです。

イタズラなKiss

イタズラなKiss

1990年に「別冊マーガレット」にて連載されると、瞬く間に不朽の名作として語り継がれてきた”イタズラなKiss”。

恋愛のバイブルともいえる漫画で、世の多くの女性がイタKissを読まれた事でしょう。

作者の多田かおるさんが1999年に急遽してしまったので、1999年3月号を持ってコミックス版は未完となってしまいました。

コミックスは全23巻で発売されていますが、2000年代に入ると自体は急転。

何と多田かおるさんが残したメモを元に、2008年に全25話でアニメ化されます。

アニメ版では新キャラクターが登場したほか、めでたくハッピーエンドを迎える展開となり、往年のファンとしては一つの区切りを迎えた出来事となったようです。

皇国の守護者

皇国の守護者

架空の「皇国」と「帝国」との戦いを描いた戦記ロマン漫画である”皇国の守護者”も未完作品となりました。

当初は漫画版の方で「諸事情」により終了となったため、作者と出版側がもめたのでは?と予想されていました。

しかし実際のところは、作者の佐藤大輔さんが2017年3月22日に死去していたことが判明

病名は明らかになっていませんが、長い闘病生活を送っていたことが明らかになりましたが、本人遺族の意向により、「一切の漫画版の増版と電子書籍化は行わない」事を発表。

この為、漫画版に限りデッドストックとなってしまいました。

なお、小説版に至ってはkindleなどで電子書籍化されている為、漫画版が手に入らないという方はこちらを入手するようにしましょう。

未完結理由はそれぞれ

未完理由は人それぞれ

調べてみると、未完結の理由は作者それぞれなようです。

作者死亡により未完結のままになっている作品も多くありますが、中でも目立つ理由としては遅筆や体調不良という理由が殆どでした。

何となく分かるのですが、漫画家という職業上アイディアが出なかったり、ずっと座っていたりするせいで運動不足になりがち…というのが容易に想像できます。

面白い作品を提供してくれるのは有り難いのですが、出来るなら継続的に連載作品を楽しみたいのが、ファンの心情ですよね。

あとがき

今回は未完結の作品を調べてまとめてみました。

中には作者急死で絶筆となってしまった作品もあるようですが、大体がとある理由から来ていることが多いとのこと。

また、絶筆となって入手しにくくなった作品も、ネット上であれば気軽にダウンロードすることが出来るので電子漫画サービスも併用して使うといいかもしれません。

死亡でなければまだ続編が出る可能性がある作品が多いので、いつの日か続編を書いてくれることを期待しましょう。