15年ぶりに連載開始した安井健太郎のラグナロクReは、過去作と話の繋がりが無いって本当?

15年ぶりに連載開始した安井健太郎のラグナロクReは、過去作と話の繋がりが無いって本当?

安井健太郎氏のラグナロクがReとして再始動!

ラグナロク・リロイ

ご存知の方もいるかもしれませんが、以前角川スニーカーから出版されていたライトノベル『ラグナロク』の作者・安井健太郎氏が、ラグナロク:Reとしてプロジェクトを再始動させていたことが判明しました。

90年代のライトノベルを代表する作品ともいえる本作。

”不本意ながら打ち切り”という過去もあるのですが、どうしてこのタイミングで再始動することになったのか気になったので、前作とのつながりなどを含めて調べてみました。

過去にラグナロクを見ていた方は必見です。

約15年越しの再始動を果たした!

2018年4月のインタビューにて、作者の安井健太郎さんが『ラグナロク』を再始動させると発表し、その後、無事に連載をスタートさせています。

約15年越しの再始動とあって、往来のファンはこの報告に歓喜したのだとか。

作品の特徴としては、スピード感のある戦闘描写に、独特の表現が特徴的なダークヒーロー的な格好良さが残る作品。

少年のロマンを詰め込んだような作品となっていますが、一転して新作ラグナロクではどこか泥臭さを感じさせるような作品となっている様なので、気になる方はチェックしてみてもいいのでは。

安井健太郎のラグナロクReは過去作と話の繋がりが無いって本当?

記事トップ

気になる前作との繋がりや関係性ですが、本作は『前作をリスペクトした別作品』といえそうです。

第一章に登場した犯罪組織クリムゾン・ディスペアーとの確執が中心に描かれているため、現在も序盤には変わり在りませんが、そこに第二の勢力ヴァルハラなどが加わり、話が徐々に盛り上がってきている様子。

前作の続きを期待している方からすれば、少し勿体ないと思うかもしれませんが、

この先前作に追いつき、違った形で続編を提供したいと安井氏も語っていたので、新生ラグナロクがどうなっていくのかに期待したいです。

キャラクターデザインは一新とのこと

ライトノベルに欠かせない絵師の存在ですが、どうやらデザインが一新されているようです。

イラストは前作タッグを組んでいたTASA氏から巌本英利氏へ変更され、以前はシャープなイラストだったリロイが、シャープさに加えてワイルドに変更されていました。

現在「ラグナロク Re:リブート」は、オーバーラップ文庫から既存2巻まで発売されていますが、デザインが変わったことで全く別物の作品に思えてきます。

旧作ラグナロクからの読者さんも、新しい気持ちで読むことが出来るかも。

どうして打ち切られたのか?

旧ラグナロク

このラグナロク、先述しましたが旧作は打ち切りとなってしまった過去が

打ち切りとなった理由は、”作者の遅筆”と後期の作風が”およそライトノベルと言えるようなもので無かった”という事が原因だったようです。

1999年から2006年までの間に11巻が発売され、後期になるにつれてかなり執筆速度が落ちていました。

そのことが原因で、角川から絶縁状を突き付けられる結果になったとのこと。

個人的には安井氏よりはるかに遅筆の作者はたくさん知っているため、『そこまで遅いのか?』と疑問に思いましたが、ライトノベル黎明期だった時の事を考えると、仕方なかったのかも。。

情報が少なかったからこそ楽しかった部分も

とはいえ、遅筆であったのにもかからず熱狂的なファンが居た事も事実

今よりネットが普及していなかった当時は、次はいつ発売なのか?と心待ちにしている方も多く、逆にそれが待つ側の楽しみでもありました。

HPは当時からありましたが、15年近く前はまだまだネットで情報を得る…というのがハードルが高かった時代。

後になって打ち切りだと知り絶望した方はかなり多いはず。

この事は安井健太郎さん自ら負い目に感じていたようで、今回のリブート版も『過去に楽しみにしてくれていたファンに申し訳ない気持ちから、リブート版の再始動を決意した』と語られています。

一度打ち切りをした作品が再始動するという事例はあまりないので、これからリロイの新しいストーリーがどう展開していくかに注目が集まります。

ラグナロクを簡単に説明すると…

ラグナロクRe

主人公は元ギルド所属で、現在はフリーランスとして活躍している凄腕のハンターのお話し。

設定も喋る剣が出てきたり、闇の種族が人間を迫害したりなど、とにかくダークな一面が多い作品なのですが、ハマる人はかなりハマるはず。

因みに女性であっても無慈悲に闇の種族の手に掛けられてしまう為、この作品をキッカケにしてS心が芽生えた人も、中には居るのではないでしょうかw

現在”なろう小説”で連載中

今回はオーバーラップ文庫から書籍が発売されこそしていますが、基本的にはインターネット上で無料で読める『なろう小説』上にて展開されていくとのこと。

既に30話以上ストーリーが展開されていますが、これからの事を考えるとまだまだ序盤。

現在ではSNS上で気軽に作者と繋がれることから、一昔前と違ってもっと身近に作品を感じられるのが良いですね。

作者自身も、過去の打ち切りを負い目に感じているらしく、今度こそ最後まで完結させるつもりとの強い意志を感じました。

あとがき

約15年ぶりのカムバックを果たした”ラグナロク:Re”。

久しぶりの執筆とあって作者も戸惑っていたようですが、新しいリロイの冒険活劇を読めるということで、中々に期待度は高いです。

作者の安井氏には是非とも完結させてほしいと思っていますが、暫くあのワクワク感を味わえるなら、この際遅筆でもいいのかも…?