コロプラがセールスランキング不正で大炎上!過去から不正操作が常習化していた様子

コロプラがセールスランキング不正で大炎上!過去から不正操作が常習化していた様子
記事トップ

白猫プロジェクトなどで知られるコロプラですが、つい先日セールスランキングの不正操作した疑いが挙がり、大炎上してるようです。

新作アプリの『最果てのバベル』がリリースされた直後に疑惑が挙がったこの事件。調査によると不正が常習化していたとの可能性もあり、現在調査しているとのこと。

株価も大暴落しているようですが、一体これからどうなってしまうのでしょうか?

スポンサードサーチ

コロプラ社員によるランキング不正操作が発覚

先日、新作アプリの『最果てのバベル』をリリースしたばかりのコロプラですが、不正にランキングを操作した疑いで従業員二名の事情聴取が行われる予定です。

『最果てのバベル』のランキングの不正操作の内容としては、不正に関わった同社の従業員二名が、同社の費用を使い、取引先に対して『最果てのバベル』のコンテンツに計850万円を課金をするように要求した疑い。

バベル戦闘画面

現時点での調査では同様の取引が過去に行われた形跡は見つかっていないとのことですが、同社は事態を重く受け止めたうえで、該当社員に「厳正かつ徹底した調査を行う」と発表しました。

万が一、過去にも同様の不正操作が判明した場合は、該当社員の懲戒免職は勿論の事、開発や運営に関わっていた企業などにも影響が及ぶと考えられ、今回の疑惑を発端に更に事が大きくなると予想出来ます。

もしこれが事実であれば、セールスランキングで急上昇してきたタイトルにも疑いの目が駆けられることにもなり得ます。

ソーシャルゲームが広く受け入れられている現在、利益を上げることに執着した末の「業界全体の闇」として、今後大きな問題になっていきそうです。

普段から常習化していた可能性も…

そもそも、以前からコロプラにはセルラン不正が囁かれてもいたようです。

業績が悪化した企業が新作アプリでセールスランキング上位を狙う場合、ユーザーに課金を積み重ねて貰うしか方法はありませんが、それを自社の経費でやってしまう辺り、既に常習化していたと考えるのが妥当でしょう。

そもそも経費を使って取引先企業に課金を求めるなどの考えに至る前段階で、運営内部からNGが出るはず。

以前からネット上では悪評が多かった様ですが、ここに来て問題が明るみに出た事で、同社としては今後の体質改善をするしか後がなくなってしまいました。

ユーザーからの信用は地に落ちてしまった感はありますが、ここから復活することは出来るのでしょうか…?

スポンサードサーチ

それに伴ってコロプラが大炎上。最果てのバベルへの影響は…

案の定、コロプラが大炎上中とのこと。まだ疑惑段階なので何とも言えませんが、少なからずこの不正疑惑により、最果てのバベルにも影響が出るとの見方が高いです。

『最果てのバベル』はシナリオに野島一成さん、サウンドに崎元 仁さんを加えた豪華なクリエイターが名を連ねているタイトル。実績のあるクリエイターが今度はどんな作品を作ってくれるのかと、前評判や期待値は高かった作品だけに、今回の不正疑惑が大ダメージとなる可能性も。。

最果てのバベル・マップ

ゲームの質は高そうですが、運営に批判が集中していることで早期サービス終了の可能性も無きにしもあらず…。

実際に「もうコロプラのアプリは今後一切やらない」という温度感のユーザーもちらほらいるとのことで、今回の問題から如何に立ち直る事が出来るかに注目が集まります。

「ぷにコン」を巡って任天堂と裁判沙汰に

何かと世間を騒がせているコロプラですが、実はコロプラにとって因縁の企業との裁判が継続中、という事もお忘れなく。

内容的には『コロプラが開発した「ぷにコン」が、任天堂が取得していた5件の特許侵害にあたる』として、コロプラ側に約44億円の賠償金を要求。さらには稼働サービスであった『白猫プロジェクト』の差し止めを要求した裁判。

こちらは現在も裁判が進行中ですが、今のところ完全に任天堂優位に事が進んでおり、こちらで敗訴するとなると一気に経営赤字に陥る可能性もあります。

ゲーム販売と裁判は別問題?

しかし同時に「白猫switch」というパワーワードも浮上してきており、一部では混乱を招いています。

白猫switch

任天堂によると「ゲームソフト販売と訴訟は別だ」という回答をしていますが、ボコボコに殴り合っている会社とゲーム開発をするというのは凄まじい。

予定では2020年に発売とのことですが、本当に出るのかこれ…。

前々から悪評があったようだが、会社はどうなる?

ぷにコン然りセルラン不正然りで現在会社はボロボロな状態ですが、コロプラは今後どうなってしまうのでしょうか?

セルラン不正以前から会社の売り上げが落ち込み、株価は現在700円前後を推移中…。普通に考えれば「安杉ってレベルじゃねーz(r」という心の声が聞こえてきそうですが、ここから巻き返しを図る事が出来るのでしょうか?

五年前の白猫プロジェクトが絶好調だったときの株価は「4500円前後」であることから、その後の運営で伸び悩んでいることがはっきりとわかります。

コロプラ株価

白猫テニスまでは順調でしたが、それから徐々に売り上げが落ち込んできていることから、今回のセルラン不正疑惑も切羽詰まっていた事による仕方なしの事業戦略だったのでしょうか…。

万が一、今回の件がさらに会社にとっての追加ダメージとなると、もはや「破産」という二文字も見えてきそうな気配が。

流石にすぐにそこまでの状況には陥らないと思いますが、大企業が倒産することが珍しくもなんでもなくなった現在では、あり得ない未来でもなさそうです。。

スポンサードサーチ

近年は終了サービスが目立つ

黒猫のウィズ

現在コロプラがサービスを継続しているのは「白猫プロジェクト」「白猫テニス」「魔法使いと黒猫のウィズ」など多数ありますが、同時にサービス終了していくタイトルも多く目立ちます。

「ドラゴンプロジェクト」や「バトルガール ハイスクール」など、過去に人気を催したタイトルが年内にいくつも終了するとの告知が。

特に「バトルガール ハイスクール」に関してはアニメ化もされましたが、その後のゲーム内では売り上げが伸びず、7月にサービス終了が決定しています。

現在継続運営中のタイトルについても全盛期の頃に比べるとだいぶ売り上げが落ち込んでおり、もしかしたら今後更に終了タイトルが増え続ける可能性はあります。

特に黒猫に関しては「ガチャ率が極めて低い」事を検証するために、大金をつぎ込んだ実証動画までyoutubeにアップロードされています。この件から更に同アプリに対してユーザーからの不信感が集まり、人気下落の要因になってしまう事態にもなりました。

終わってほしくないタイトルもありますが、株価下落や人気低下による売り上げ不振でサービス終了するタイトルも増えてきそうです。

一方、社員募集は全ての役職で募集がある状態

今回の不正疑惑が明るみに出たコロプラですが、社員の募集は継続して行っているようです。ほぼすべての役職で募集があるようですが、今のところ社員を減らすような事態には陥っていない様です。

しかしながら元社員さんと思われる書きこみや、転職サイトでの情報を見る限り、入社してからは相当きついとのこと。特に給料の面で不満に感じ退職した方も多いらしく、「業績によって給料が上下する」という厳しい現実も。

また残業は相当多いらしく、一部ではパラハラやモラハラなどを受けて退職した元社員さんもいたとのこと。

こう考えるとあまり社内環境は良くない風に思えてきますが、全員が全員に当てはまる事ではないので、参考程度に捉えておいた方がよさそうですね。

しかし過去の応募者からはこんな報告も…

IT企業では圧迫面接するところもあるようですが、ある掲示板の投稿者からは「コロプラから圧迫面接された内容が一番酷かった」という声もあるようでした。この投稿者が具体的に面接時に言われたことが下記の文章。

『なぜ、あなたのくらいの評価する実績の無い人が我が社を応募したのですか?』
『なぜもっと実績を作ってから我が社を応募しなかったのですか?』
『なんで、あなたは我が社の面接を受けているのですか?』

これは2014年に投稿された内容とのことですが、実際に言われたのだとすると人格否定すら感じてしまう侮辱の数々…。なお、当時の内容から察するに「実際に言われた」と結論付けることが出来そうです。

またこのような圧迫面接に受かっても、入社後に社長から「使えない」と判断されると、徹底的に追い詰められるという話もあるらしく、入社してからのモラハラも少なからずあるようです。

全てが事実とは限りませんが、社内環境が当時から改善されていないとなると、入社を考えている人からすれば躊躇する原因になりますね。。

不正によるお詫び対応に疑問の声

従業員二名による不正行為が明らかになったコロプラですが、その事後対応に賛否両論の声が挙がっているとのことです。

不正が発覚した後、同社はユーザーに対して『精霊石2000個』をお詫びすると公式で発表。

この対応に対してユーザーからは『40連ガチャを引ける』『めっちゃうれしい』と言った声がある反面、『事後対応としてはどうなのか?』『リセマラでダウンロード数稼ごうとしてない?』『不正の件での事後報告をきちんとして欲しい』と言った厳しい声も上がっています。

不正の件ですっかりユーザーからの信頼を失ってしまったコロプラですが、今回の『詫び石』対応でどんな反応があるのでしょうか?

思わぬ形で不正問題が再燃してしまった感があるバベル運営ですが、今後の運営の対応が火に油を注ぐ結果にならないことを祈っています。

まとめ

今回の疑惑が発端で「過去のやらかし」も次々と浮上して着ることになったコロプラ。一刻も早い事実確認の調査と、今後の運営の清浄化に努めてほしいと感じます。

アプリ自体は楽しいものが多いので、まずはユーザーの信頼回復と運営の透明化を図ってほしいですね!

ニュースカテゴリの最新記事