iPhoneをFPS仕様にするゲーミングパッド『GameSir G6』が登場!

iPhoneをFPS仕様にするゲーミングパッド『GameSir G6』が登場!
G6s

iPhoneでFPSゲームをする際、操作性の面で苦労した経験はありませんか?
数あるゲーミングパッドを使用しても、やっぱりタッチパネル操作も時には必要。
そんな悩みを解決するゲーミングパッドが登場しました。

スポンサードサーチ

『GameSir G6』は痒い所に手が届くゲーミングパッド

Android端末にはFPSに特化した端末が発売されていますが、現状iOSにはゲームに特化した端末は存在しません。

しかしGameSir G6を使えば簡単にお手持ちのiPhoneをゲーム仕様に変更することが可能です。

デバイス

細かい設定は不要!はめてすぐ使える

購入したは良いものの、設定が細かすぎると面倒くさい…と思っている方にも簡単に使用できるように最適化されているとのことです。

実際にGameSir G6を使用するまでの手順を一覧にしてみました。

ゲーミングデバイス

・「GameSir G6」の電源を入れる
・「GameSir G6」とiPhoneをBluetooth経由でペアリング
・専用アプリ「GameSir G-Crux」をインストール
・「GameSir−G-Crux」でコントローラーを選択
・「設定管理-デフォルト設定」でプロファイルをダウンロード
・プロファイルを「GameSir G-Crux」に保存
・ゲームを起動

たったこれだけ!簡単でしょ?
これだけで劇的にiPhone端末でのFPS操作がグッとやり易くなります。

スポンサードサーチ

ゲームを起動したらキーの割り当てをするだけ

ゲーミングコントローラーは好きなキーに好きな動作を割り当てることが出来るのが殆ど。

今回紹介するGameSir G6も、対応プロファイルのゲームを起動した後にキー配置を割り当てる必要があります。

ボタンをタップする際に指で視界が遮られることが殆どなくなります。

割り当て画面

因みに PS4 Remote Playで操作は可能とのことですが、十字キーにアナログスティック操作を当てはめるとかなり使い心地が下がるらしいのでご注意を。

ただゲーム特化型の端末でないiOSでこれだけキー配置が割り当てられるので、ゲームライフが充実しそうですね!

現時点でダウンロードできるプロファイル

現時点でダウンロード可能なプロファイル(ゲームパッドが正常に動作するように最適化されているデータ)は以下の様です。

「Fortnite」、「LifeAfter」、「Cyber Hunter」、「Free Fire」、「Mobile Legends」、「Arena of Valor」、「kinves out」、「PUBG MOBILE」、「Arena of Valor」

発売直後とあってまだ利用できるプロファイルは少ないようですが、今後は徐々に対応タイトルが増えていくと思われます。

普段から荒野行動やPUBGなどのタイトルをプレイしているのであれば、 GameSir G6は手放せないアイテムになるかもしれませんね!

デバイスカテゴリの最新記事