【割と有名作アリ】グルメ漫画の過去~現在まで一挙まとめて紹介!

【割と有名作アリ】グルメ漫画の過去~現在まで一挙まとめて紹介!

グルメ漫画を幅広くまとめてみた

食檄のソーマ

ご飯系漫画を読んでいると、無性に同じものが食べたくなったという経験はありませんか?

ご飯系マンガの良い所は、そのままレシピを真似して作る事が出来るという部分かも。

今回は、見て美味しい&作って美味しいご飯系漫画のおすすめをいくつか紹介してみます。

漫画に感化されて実際に料理を作ったことがある方には特におすすめかも?

すぐ食べたくなるグルメ漫画一挙まとめ

見るだけではなく、何となく作れそう…と思えて来る、おすすめのご飯系マンガのおすすめを紹介しています。

ギャルごはん

ギャルごはん作中

学校イチのギャルが、学校の家庭科の矢部先生と繰り広げる料理ラブコメ。

料理を通して人間的に成長していく生徒と先生の仲睦まじい姿を拝見することが出来ます。

料理が得意な女性ばかりではないと思うのですが、初めて料理に挑戦しようと考えている方は、まずはここから真似してみるのも良いですね。

料理は味だけではなく、愛情がこもっていることが何より大事と改めて感じさせてくれます。

ごほうびごはん

ご褒美ご飯 作中

一週間に一度は「自分へのご褒美として贅沢ご飯を食べる事」を生きがいとしているOLのお話し。

どこから読んでもサクッと見れてレシピを知ることができるため、「今日のご飯は何にしようかな?」で、開いたページを夕飯にするという使い方も可能です。

基本的には自炊ですが、たまにのご褒美で美味しいものを食べたいと考えている方は、この本をお手本にしてみては如何でしょう?

ダンジョン飯

ダンジョン飯 作中

世界観は完全にファンタジーですが、ダンジョン内で倒したモンスターを食材に使うという、一風変わった飯系マンガです。

現実の料理をオマージュした料理が多数登場するので、ファンタジー世界でモンスターを材料に料理するならこんな感じだろうな…という部分を上手く突いています。

普通にストーリーが面白いので、ローグライク漫画としても秀逸です。

ご飯作りすぎ子と完食系男子

ご飯作りすぎ子と完食系男子 作中

ひょんなことから、隣人同士がご飯を一緒に食べることになるストーリー。

「誰かと一緒に食べるご飯は美味しい」という事を改めて教えてくれる漫画でもあります。

登場する料理は作るのが難しいという訳ではありませんが、確かに作りすぎてしまうメニューばかり。

一人暮らしの料理あるあるネタもたまに入れ込んでくるので、現在進行形で一人暮らしの方は分かりみが深いかもしれません(笑)

甘々と稲妻

甘々と稲妻 作中

妻を亡くし、娘と一緒に暮らしている主人公と、料理の知識はあるけど料理は出来ない女子高生との交流を描いた物語です。

料理を通して親交を深めていきますが、普通に読んでも感動する内容となっています。

作中に登場した料理のレシピがまとめて特集されているので、後から作り方を確認したいという場合に便利。

誰でも作れるものから手の込んだ料理まで多数登場するので、料理中級者以上の方にもおすすめ出来ます。

花のズボラ飯

花のズボラ飯

如何に手抜き且つ、美味しいと思える料理を作ることに執念深い、独り身女子のB級グルメ漫画です。

誰でも簡単に作れそうなレシピばかり出てくるので、真似しやすいのが最高の一冊。

男性でも真似しやすい料理ばかり登場するので、とりあえず弁当自炊から始めてみようという方にもお勧めできます。

パパと親父のウチご飯

パパと親父のウチご飯

ひょんなことから子持ち男性同士がルームシェアすることになるという漫画。

複雑な家庭環境ですが、それでも何とかもがきながら前に進んでいこうとする姿に胸を打たれます。

男性がメインで料理をすることがまだまだ珍しいですが、料理する男性は格好いいなと感じるはず。

複雑な家庭環境でも、温かい料理があればなんとかなるかも?と思えさせてくれる一冊です。

いぶり暮らし

いぶり暮らし

週に一回、自前の燻製機で燻製料理を楽しむカップルの日常を描いたマンガ。

どちらかと言えば夏のイメージが強い燻製料理ですが、時期を選ばないのが燻製料理の良い所です。

普段の料理がマンネリ化してきたり、そろそろ燻製にも手を出してみようかな…と考えている方にはピッタリの一冊かも。

燻製についてのあらゆる事が詳細に記載されているので、燻製料理のガイドブック的な位置づけ漫画だと勝手に思っています。

真夜中ごはん

真夜中ごはん

昼はバイト、夜はイラストレーターをしているアラサー女子の夕飯時を描いたマンガ。

醍醐味は何と言っても「低予算・低カロリー・満足度高」で作れる料理ばかり登場する所。

夜中に食べたくなる料理ばかり登場しますが、それなりに栄養バランスも考えられている様子。

何故か受験生になった気持ちになれるのも、本作の一つの魅力化もしれません。

ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き

貧血で倒れた主人公と、小料理屋を営む男性やその周りとの交流を描いた文学料理マンガ。

見ているだけで食べたくなる料理の数々、温かい人情味を感じる登場人物が多数登場するので、心まで満たされる一冊かもしれません。

中には多少ハードルが高そうに思える料理も出てきますが、難しくても誰かのために作ってあげたくなる様な料理ばかり。

どちらかと言えば、冬の寒い時期にピッタリな漫画かもしれません。

幸腹グラフィティ

幸腹グラフィティ

4コマ漫画ではありますが、登場人物を中学生~大学生まで描いた珍しい作品。

作中の料理を真似するにはそれなりの料理スキルが求められそうですが、季節に合った料理が多数登場するので、料理にも季節感が大事と考えているなら、かなり楽しめる一冊になっている筈。

アニメ化した際は「深夜の飯テロアニメ」と言われていましたが、漫画版では最終回まで読み切る事が出来ます。

一杯の魂 – ラーメン人物伝

至高の一杯を求めて、脱サラした男の葛藤やラーメンへの情熱、そこに至るまでの苦悩を余すことなく描き切っためちゃくちゃな傑作。

ラーメンに命を掛ける男たちの生き様を描いた本作を読み終わった後は、価値観が変わっている筈。

見ているだけで今すぐに近くのラーメン屋へ足を運びたくなる、そんな一冊です。

因みにノンフィクションとの事なので、モチーフになった店舗に実際に足を運べるのも良いですね。文句なしのラーメンバイブルだと思います。

真似すると普通に作れるようになる

ご飯系マンガに登場する料理は、その殆どが簡単に作れるものが多いので、作れそうだと思ったら試しに作ってみるのも良いですね。

取り入れた知識で実践してみると、料理の上達が早くなります。

また、ワンポイントをセリフで話してくれている事も多いので、分量と作り方を真似すれば同じ料理が作れてしまうのも魅力です。

僕も「花のズボラ飯」のレシピを良く真似していましたが、今では普通に料理が出来るようになったので効果は保証します。

あとがき

飯系マンガ トップ

ご飯系漫画のおすすめ作品をいくつか紹介してみました。

全盛期は過ぎてしまった感がありますが、今でも一定の需要はあるように感じます。

基本的にほっこりするストーリーの物が多いので、読んでいる内に癒されているかもしれません。

どれも実際に真似したくなるレシピが多く出てくるので、レシピのアイディア本としても活用できるかも?