キャラと同じ名前の声優を作品別にまとめてみた!

  • 2019.07.23 最終更新日:2019.09.10
  • まとめ
キャラと同じ名前の声優を作品別にまとめてみた!
宝多六花

ネット上で頻繁ではないですが、ある一定回数検索されているキーワードの一つに『キャラと同じ名前の声優』というものがあるようです。

アニメを見て声優の名前を調べ、そこから声優にハマる方も多いと聞きますが、キャラと同じ名前の声優が演じたかどうかも、人によっては気になるとのこと。

そこで今回は、過去作から割と最近の作品までを対象に『演じたキャラと声優の名前が一致している』例をまとめてみました!

同じ名前のキャラを演じることは結構ある様子

意外かもしれませんが、声優さん自身と同じ名前のキャラクターを演じることはあるようです。

運命のいたずらなのか、それとも監督の計らいなのかはわかりませんが、少なからずあるとのこと。

それがアニメ原作ではなく漫画原作の場合は、作者が声優さんのファンであることを理由にアニメ版では起用されることもあるようです。

神谷浩史

ある声優さんが言っていましたが、役ではあるとは言え「作中で自分の名前を呼ばれると、むず痒い気分になる(笑)」と仰っていました。

お仕事とは言え、自身の名前で相手から告白されるシーンがあったとしたら…。

作品と現実世界の区別が段々とあいまいになってきそうですね(笑)

漢字違いで同姓同名も!監督の計らい?

上記の様な例は多々あるとのことですが、では同姓同名のケースはあるのでしょうか?

同姓同名のケースの場合、原作者が意図的にそういうキャラクターを作り上げ、アニメにも登場させるというケースは稀ながらあるようです。

日高のり子

例えば名探偵コナンの作者で知られている”青山剛昌先生”の場合、作中に前の妻であり声優の高山みなみさんを本人役として出演させていることが分かっています。

その他にも絶望先生に声優の井上喜久子さんがキャラクターとして登場したりするケースも。

コナンの場合は、良く声優の名前とキャラクターの名前が一致している場合が多いのですが、他作品に関しても稀ながらそういうケースはあるみたいです。

作品ごとに並べてみました!

という事でお待ちかね、声優の名前か苗字が一致しているキャラクターを作品ごとにかき集めてまとめてみましたのでご覧ください。

先述した同姓同名のキャラクターも出演している作品があるため、どういうキャラクターなのかの背景も知っておくと、より検索がはかどりそうです。

らき☆すた

らきすた

杉田店員:杉田智和(12話と16話)
茅原みのり:茅原実里(12話)
小野だいすけ:小野大輔(20話と21話)
ゴットゥーザ様:後藤邑子(23話)
白石みのる:白石稔

さよなら絶望先生

絶望先生

畑君 :畑健二郎(3期 5話)
大槻ケンヂ:大槻ケンヂ(3期 13話)
井上喜久子:井上喜久子(2期 3話)

カードキャプターさくら

カードキャプターさくら

木之本 桜:丹下桜

七人のナナ

七人のナナ

鈴木ナナ:水樹奈々
SAKURA~雪月華~:九十九奈々

ときめきメモリアル Only Love

ときめきメモリアル Only Love

東野 ゆかり:田村ゆかり(14話)
メタルユーキ:メタルユーキ (17話)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪

乃木坂春香の秘密

能登 麻美子:能登麻美子

こどものおもちゃ

こどものおもちゃ

ワタナベ:ワタナベシンイチ

ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく!

ナベシン執事:ワタナベシンイチ

エクセル・サーガ

エクセルサーガ

ナベシン:ワタナベシンイチ
小林エクセル :小林由美子
ハイアット美佳子:高橋美佳子

名探偵コナン

名探偵コナン

千葉刑事:千葉一伸
高山みなみ:高山みなみ
高木渉巡査部長:高木渉
赤井秀一:池田秀一

けいおん!

けいおん

琴吹紬:寿美菜子

咲-Saki-

咲

東横桃子(斎藤桃子)・・・鶴賀学園副将

電波女と青春男

電波女と青春男

花沢さん(花澤香菜)・・・ソフトボール部部長

らき☆すたはハルヒからの小ネタが多い

作者と監督の計らいもあり、殆ど本人出演みたいなものですね(笑)

杉田智和さんはこういった作品に多く出演されており、らきすたに関しても京アニが手掛けている「涼宮ハルヒの憂鬱」にも主人公役で出演しているため、友情出演という事だったのかもしれません。

ゴトゥーザ様

一時期有名になった後藤邑子さんのゴットゥーザ様は、元々杉田さんがハルヒでつけたあだ名だったのですが、まさかここまで派生するとは…(笑)

漫画家が本人役として出演するものも

中々コアなファンが多い絶望先生でも、本人出演として多くの方が出演されています。

声優枠ではありませんが、”ハヤテのごとく!”の漫画家として知られている畑健二郎さんが出演したり、ロックミュージシャンである大槻ケンヂさんも本名で出演。

声優枠からは、同姓同名役で井上喜久子さんが本人出演したりなど、本名出演されている方が多い印象。

こういう自由な作品は好きなので、もう少しちゃんと見ておけば良かったと、少し後悔しています(笑)

中にはこんな裏話も

界隈では既に”伝説の声優”として称えられている丹下桜さん。

声優の杉田智和さんも丹下さんのファンであることをラジオ内で公言しており、それに釣られる形でゲームライターとしても活躍しているマフィア梶田さんも同じくファンであることをラジオ内で伝えました。

30歳以上のアニメファンでカードキャプターさくらを知らない方はほぼ居ないことから、その影響力の高さを思い知らされます。

因みに本人の丹下さんは、お酒を飲むと饒舌になるが声質が木之本桜のままなので、酔っぱらった丹下さんのエピソードを杉田さんから聞いた際、マフィア梶田さんが動揺を隠しきれなかった部分は、いちラジオリスナーとして聞いていて非常に面白かったです(笑)

あとがき

こうやってまとめてみると、意外にも同姓同名のキャラ出演もあるようです。

また現在の声優さんはラジオ番組を持っていることが多いので、そちらで共演した際の裏話なども聞くことが出来ます。

特に杉田智和さんの『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン』では、頻繁に声優さんをお呼びして裏話などを引き出していくため、大いに楽しませてくれます。

今回紹介した例はほんの一部なので、どこかで総集編とてまとめてみても面白いと思っています。

スポンサーリンク

まとめカテゴリの最新記事