PSStoreで2000円以内で購入できる高コスパゲーム集!

  • 2019.07.22 最終更新日:2019.07.21
  • ゲーム
PSStoreで2000円以内で購入できる高コスパゲーム集!
記事トップ

学生の方は既に夏休みに入った人も多いのでは?

社会人も来月に夏季休暇を控えている方も多いはず。

そこで今回は夏休み中・夏季休暇中にプレイしたいおすすめのゲームを2000円以下で絞ってお勧めしたいと思います。

前回は1000円以内、今回は2000円まで!

ドラゴンクエストビルダーズ

今回は2000円という枠の中でお勧めゲームを紹介します!

勿論1000円でも十分に面白いゲームはありましたが、上限を上げることでより面白いゲームに出会う事もできるため、今回は+1000円を足して検索してみました。

筆者もすべてプレイ出来ていないのですが、お気に入りリストに追加しているものや、なるべく評価が高いものを厳選して掲載しています。

サクッと遊べるものから長期プレイまで

サクッと遊べるゲームが多い印象はありますが、中には超大作に近いゲームも。2000円も出せばかなり遊び倒せるゲームが沢山あるので、今からチェックしておくと良いかもしれません。

その金額帯ゆえ、殆どがインディーズゲームではありますが、近年のインディーズゲームの作り込みには感動するものも多いです。

皆さんのこれからのゲーム選びの中に、『インディーズ』という選択肢が入ってくるのであれば、筆者にとってもまとめ買いがあるというもの。

2000円以内で購入できる高コスパゲーム集!

前置きが長くなりましたが、早速2000円以内で購入できる高コスパゲームの紹介をしてきます。

ダウンロード購入しか対応していないものも多いので、事前に本体容量を確保しておいてくださいね!

クリプト・オブ・ネクロダンサー

クリプト・オブ・ネクロダンサー

『クリプト・オブ・ネクロダンサー』はカナダのゲーム会社が開発したローグライク・リズムゲームソフト。

ローグライクジャンルにリズムゲームの要素を足して出来上がったこのゲームですが、非常にテンポよく進んでいくため、従来のローグライクになれている方にとっては新鮮その物。

クリプト・オブ・ネクロダンサー プレイ画面

最近ではゼルダの伝説から『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』という、フューチャリング作品も生まれたほど。

ケイデンスオブハイラル

ローグライクに新たな風を吹き込んだ作品ということで、多方面から大注目されているようです。

Race The Sun

Race The Sun

Race The Sun』は”より遠くを目指して飛ぶ”という、シンプルなゲームもおすすめです。

基本操作も非常にわかりやすく、プレイヤーは障害物にぶつからないように左右のキーを押すだけ。

それゆえすぐに操作に慣れ、サクッと遊べるゲームの代名詞と言えるかもしれません。

Race The Sun プレイ画面

画面上に出ている太陽の光を受けることで自機が前に進むシステムなので、太陽が沈み切る前にどれだけ飛距離を伸ばせるかがこのゲームの目的です。

段々とスピードが上がっていくため、進めば進むほど障害物に当たってしまう可能性は高くなりますが、間一髪で障害物を避けた時は心拍数が跳ね上がること間違いなし。

もちろん、太陽が沈み切る前に障害物に当たってしまうとゲームオーバーとなるので気を付けて!

ソルト アンド サンクチュアリ

ソルトアンドサンクチュアリ

ダークな世界観と高い難易度でやりごたえ十分な『ソルト アンド サンクチュアリ』も外せません。

アメリカのゲーム会社、Ska Studiosが開発した2Dアクションゲーム。

元々はPC向けのタイトルとして発売されましたが、PS4やVitaでも発売されることになりました。

王国の王女を護衛する兵士が、何者かの襲撃に巻き込まれ、化物が救う島に流れ着くことから物語は始まります。

2Dゲームでは珍しく、主人公の髪の色などを細かくカスタマイズすることが出来る仕様になっています。

ソルトアンドサンクチュアリ プレイ画面

またクラスも自由に選択でき、”騎士”や”魔法使い”などから選択が可能。

選んだ職業によって初期装備が変わってきますが、スキルツリーというものが存在し、剣と魔法が同時に使える様になったりなどするため、最初のクラスチェンジはそれほど慎重に選ばなくても良くなっているようです。

いわゆる『死にゲー』なので、好き嫌いがハッキリと別れそうですが、苦手な人でもやり込めばやり込むほどクリアに近づくはず。

ただ、流血などの残虐表現が苦手な方は遠慮したほうがいいかもしれません。

Hollow Knight (ホロウナイト)

Hollow Knight

夏と言えば虫! 虫と言えば個性豊かな虫たちが織り成す『Hollow Knight』も、夏の風物詩になるかも?

広大な廃墟と化した虫の王国を舞台に冒険が繰り広げられ、個性豊かなキャラクターと出会い、運命を切り開いていくという、2DアクションRPG(正確にはメトロイドヴァニア)。

Hollow Knight プレイ画面

昔懐かしいメトロイドヴァニアは、操作感も32bit機で遊んだゲームそのものです。

敵の行動パターンを予測し攻撃を当てていくそれは、メトロイドや悪魔城ドラキュラをプレイしていた方ならきっと懐かしいと思う筈。

Hollow Knight プレイ画面2

しかし新しい要素も当然あり、『チャーム』と呼ばれる装備アイテムがこのゲームの攻略のキーとなっています。

2Dアクションなのでアクション向けのチャームが多いですが、中には装備しているだけで効力を発揮するものまで様々。

一つ一つが凝っているため、集めるのも楽しさの一つですが、勿論チャームを一切使わないでクリアする”縛りプレイ”も可能。

やり込み要素が高いので、うっかりやりすぎない様に気を付けないといけませんね。

UNRAVEL(アンラベル)

Unravel

毛糸から生み出されたヤーニーが繰り広げる『UNRAVEL』はこの夏あなたの記憶に強く残るゲームになるかもしれません。

発売自体は2016年で、発売当時はかなり大々的に注目されたタイトルとして記憶に残っている人も多いかもしれません。

スウェーデンの小さなデベロッパー会社が開発したそのゲームは、発売されるや否や異色作として大ヒットしました。

おばあさんの籠の中から生まれ落ちたヤーニーは、なぜ生まれてどこに行くのか、何をするのかも不明。

しかしゲームをプレイして行くと何となくですが、おばあさんに恩返しするために行動しているというのは分かるようになります。

このゲームでは細かい背景説明等が無いため、ストーリーをどう捉えるかはプレイヤーに委ねられています。

Unravel プレイ画面

毛糸を使ったアクションもこの作品の魅力の一つで、一見進めそうにない所にもヒントが隠されています。

毛糸をひっかけて移動したり、両端にひっかけてジャンプ台にしたり等、とにかく毛糸を使ったアクションの豊富さに驚かされるでしょう。

UNRAVEL プレイ画面2

ゲームの難易度は以外にもハードなため、直感的なひらめきが重視される場面と、毛糸を張る順序をきちんと考えるような場面の両方に出くわすことも少なくありません。

ゲーム側からヒントを出されることも無いので、『自分の頭と手』を使ってゲームをクリアする必要があります。

UNRAVEL プレイ画面3

やり込み要素も十分で、ステージごとには『秘密』と呼ばれる隠しアイテムが用意されていますが、なかなか難しいので全部見つけるには相当な根気が必要になるでしょう。

ゲーム全体のボリュームとしてはそれほど多くはありませんが、心温まる内容やゲームを演出する音楽にも定評があるため、一度購入しては如何でしょうか?

チャイルド オブ ライト

チャイルドオブライト

非常に繊細なグラフィックと、どこかなしげなストーリーが魅力の『チャイルド オブ ライト』を紹介して今回は終了します。

Ubisoft Entertainmentのモントリオールスタジオが開発した作品で、水彩画で描かれたような繊細なグラフィックが好印象。

UBIが独自に開発した2Dグラフィックエンジン「UBIart Framework」が描写するそれは、さながら『動く絵本』の様です。

チャイルド オブ ライト戦闘

主人公のオーロラは、闇の女王に支配された世界を救うために、相方のイグニキュラスと一緒に冒険を進めていく。

移動シーンは2Dアクションそのもので、踏むだけでダメージを受けてしまう所もあるので注意が必要。回復要素は多くないので、移動には気を付けたいところです。

また戦闘はシンボルエンカウントとなっており、敵に触れることで戦闘画面に遷移します。

日本のRPGに影響を受けたという事ですが、戦闘時に意識しておきたいのは『ウェイトゲージの駆け引き』。

行動には「速い」「普通」「遅い」という”行動を決めてから発動されるまでの時間”が設定されており、例えば速い攻撃を先に当てると、相手の行動を阻害したり遅らせたりすることが出来るシステム。

チャイルドオブライト 戦闘画面

また、イグニキュラスは戦闘能力を持ちませんが、敵シンボルと重なったときに光を当てると相手の行動を遅らせるという事も。

ウェイトゲージの駆け引きと、イグニキュラスの使いどころによっては一方的に相手を攻撃できますが、光量は無限ではないので使いどころが重要になってきます。

慣れるには少々時間が掛りそうですが、慣れてしまえばコアゲーマーでも十分楽しめる要素満載のゲームとなっているため、斬新なゲームを求めているのであれば如何でしょうか?

あとがき

梅雨が明ければ夏本番。今年の夏の予定は既に決まっていますか?

もし外で遊ぶ予定が過半数を占めていても外で楽しんだその人の夜には、ゲームをプレイして一日を終えてみてはどうでしょうか。

この夏はゲームもプライベートも大充実させたいですね!

スポンサーリンク

ゲームカテゴリの最新記事