懐かしい気持ちになろう!あえて今、昔のアニメを見る(90年代)Part.1

懐かしい気持ちになろう!あえて今、昔のアニメを見る(90年代)Part.1
90年代アニメ サムネイル

時折無性に昔のアニメを見たくなる時はありませんか?

何故だか理由は分かりませんが、たまには昔懐かしい気持ちに浸りたいときはありますよね。

そんな今回は、敢えて昔懐かしい気持ちになれるアニメをいくつか紹介したいと思います!

スポンサードサーチ

90年代アニメは平成元年生まれが青春を過ごしてきた時代

正確には85年~平成3年生まれまでの世代が青春を過ごしてきた時代なのではないでしょうか?

90年代はすでにバブルが崩壊していましたが、実際はまだまだバブルの名残が残り、それなりに豊かだった時代です。

90年代アニメ 記事トップ

またこの頃から徐々にインターネットが世界的に普及していき、携帯電話も登場し、生活が益々豊かになっていきました。

90年代後半になるとさらに生活は便利になり、自宅に一台PCがある状況は珍しくもなくなり、早い人だと中学時代には携帯電話を持っていたかと思います。

しかしインターネットが普及し始めたといっても、まだまだテレビから情報を得る時代だったのには変わりなく、テレビ番組は今よりずっとバラエティに富んでいました。

たまには昔を思い出して懐かしい気持ちになってみよう!

学校が終わって帰宅した際にテレビを付けると、何かしらアニメ放送があった時代だったので、幼少期に思う存分アニメを楽しんだ方も多いのではないでしょうか?

90代アニメ

当時の小学生が成長するに従い、アニメの内容も年々ターゲット層である学生に絞ったものが多かったような気がします。

平成元年生まれが小学校高学年になるにしたがって、名作と呼ばれる漫画を原作としたアニメが続々と放送されました。

筆者も平成元年生まれなので、この頃に影響を受けオタクの道を進むことに(笑)

同い年の方もそうでない方も、この頃のアニメを今一度見て懐かしい気持ちになるのも良いですね!

敢えていま、昔のアニメの名作を一覧で振り返る

なお、放送開始当時から現在も継続放送中、または何度もリメイクされている作品は極力省いて掲載しています。

それでは90年代に放送された名作アニメ一覧をご覧ください!

スポンサードサーチ

美少女戦士セーラームーン

セーラームーン

初っ端から名作中の名作の登場です(笑)

月野うさぎ達セーラー戦士の活躍を描いた、マンガを原作とするアニメシリーズです。

ストーリー的には女の子の理想とも思える内容で、当時女性を中心に絶大な人気をあつめました。

筆者も人知れずシリーズを全て見ていましたが、当時は女の子向けのアニメを男子が見ていると弄られる対象になりましたね。

まだまだ男の子は男の子向けのアニメを見るという、暗黙の了解があった時代。

筆者のように隠れてみていたファンも多いのではないでしょうか?

クッキングパパ

クッキングパパ

キャラクターデザインが特徴的なアニメですが、内容も一話完結形式のため、ずっと追い続ける必要がないため見るのが非常に楽。

内容も日常を描いたストーリーとなっており、男性が家族に対して料理をふるまうのが当時珍しかったので、大人気となりました。

サラリーマンでありながらプロ級の料理の腕前を持つ「荒岩一味」を主人公とした作品ですが、その他の登場人物もキャラが立っているので印象に残ります。

原作もまだまだ連載中であり、そろそろ150巻に突入しようとしている長寿漫画になっています。

スポンサードサーチ

GS美神

GS美神

悪霊や妖怪の退治を仕事とするゴーストスイーパーの美神令子と助手の横島忠夫の活躍を描いたオカルトコメディー。

原作は椎名高志さんが少年誌で連載していた漫画作品となっています。

基本的にはコメディー要素が強いですが、中盤からは美神や横島をとりまく運命との戦いを主軸とした物語にシフトしていきます。

この辺りは同じく椎名さんの漫画作品「絶対可憐チルドレン」に上手い具合に引き継がれているようです。

美神のプロポーションが抜群だったので、美神目的で見ていた男性ファンも多かったのではと思っています(笑)

幽遊白書

幽遊白書

こちらも超がつくほど有名なマンガ作品が原作のアニメシリーズ。

浦飯幽助が死亡することから物語がスタートしますが、キャラクターも個性的でジャンプ系バトル漫画の王道ともいえる作品となっています。

特に蔵馬の女性人気は圧倒的で、主人公の幽助を凌ぐほど物凄かったと聞きます。

因みに飛影もかなり人気がありましたが、飛影の影響もあり、世の男子諸君たちに中二病を発症する人が大分増えてしまったとも聞いたことも。

何にしても世に与えた影響は大きすぎた作品だったので、90年代は幽遊白書を抜きに語れませんね。

スポンサードサーチ

SLUM DANK

スラムダンク

部活系の最高峰の漫画と言えばこれ!

バスケットボールを題材にした作品で、桜木花道がバスケと出会ったことから物語が始まります。

ライバルである流川楓や、ゴール下のキングコングの異名を持つ赤木剛憲など、魅力的なキャラクターが多数登場します。

しかし原作である漫画作品は、インターハイのトーナメント戦の途中で唐突に終了することに。

当時本誌上では最終ページに「第一部完」と書かれており、作者自身も「続きはやりたい」と発言していることから、今でも続編が待ち望まれている作品でもあります。

社会現象を巻き起こした作品なので、一般人の方でも多くの方が手にしたことがある作品としても認識しています。

ママレード・ボーイ

ママレード・ボーイ

ある日突然、お互いの両親同士が再婚し、一つ屋根の下で二つの家族が同居するという異常事態を描いた作品。

冷静に考えれば相当変な状況にもかかわらず、一つ屋根の下で過ごす年頃の男女は距離を縮めていき…。

「スワップ婚」という事なので、大人になった今考えるとぶっ飛んだ設定なのは間違いないですが、当時は純粋な気持ちで見ていられましたね(笑)

スポンサードサーチ

NINKU-忍空-

NINKU -忍空-

忍空とは忍術と空手を組み合わせた史上最強の武術の事で、これを題材とした忍術格闘漫画となっています。

連載当時から幾度となく中断することになりますが、中断したままだったセカンドステージの続きを描く『SECOND STAGE 干支忍編』が2005年より連載され完結に至りました。

当初から人気でしたが、アニメ版の放送開始直後も相当な人気を催した為、伝説の作品とも言われています。

中断された所で終わっている方がいれば、原作も完結しているため、是非続きを読んでみて下さいね。

新世紀エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン

社会現象にもなった新世紀エヴァンゲリオン。

最早知らない人は居ないという位認知度がある作品ですが、これもまた平成の時代に爆誕したアニメ作品でした。

当時原作である漫画版を途中で追い抜いてしまったため、アニメ版は独自の解釈を入れてラストまで放送することに。

漫画版が完結していないのにもかかわらず、アニメ版の続編である劇場版が作られ、さらにその続編の劇場版が作られるなどの異常事態ともいえる状況に。

近年ようやく原作も終了しましたが、漫画よりアニメ版の内容の方が認知されている人気作品でしたね。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

るろ剣

緋村抜刀斎呼ばれ、幕末最強とまで謳われた伝説の人斬り・緋村剣心を中心に描かれる漫画作品とアニメ作品。

実際に歴史上に存在した明治志士などが多く作中に登場するため、ついつい調べてみたくなってしまう魅力も持ち合わせています。

剣心の過去を描いた人誅編や、志々雄真実一派との戦いを描く京都編など、見せどころは多岐にわたりますが、アニメ版では京都編が一番盛り上がった気がします。

こちらも時代を代表する作品の一つなので、見た事が無い方は夏の間に一気読みなどしてみてもいいのではないかと思います(笑)

金田一少年の事件簿

金田一少年の事件簿

名探偵コナンと同時期に放送されていた探偵マンガ。

コナンと具体的にどう違うかと言われると回答に困りますが、どちらかと言えばこちらの方が若干年齢層が高めのストーリーだったような記憶が。

ゲームやアニメ等、多数のメディアで作品が発売された為、一度は目にしたことがある方も多いはず。

「じっちゃんの名にかけて!」というセリフは一時期相当流行りましたね!

烈火の炎

烈火の炎

NINKU-忍空-とは少し毛色が違った忍者漫画ですが、こちらは結構長期にわたって連載されていました。

主人公の花菱烈火は忍者が大好きで、柳という少女に出会う事から物語がスタート。

登場するキャラクターそれぞれが、属性にちなんだ武器を装備しているので、バトルものとしては相当面白い部類に入るかと。

最初は花火師の家系に生まれた烈火だったので、物語序盤は火薬を使う事が多かったのですが、火龍の力に目覚めてからは火龍を主体に戦います。

幽遊白書をリスペクトしている様な描写もあるため、幽遊白書を見てから本作を読むと、おっ!と思うような描写も沢山ある事に気が付きます。

魔法陣グルグル

魔法陣グルグル

ロールプレイングゲーム、特にドラゴンクエスト等の世界観を意識して作り込まれたパロディ等を凝縮したような作品になっており、シュールなギャグセンスとRPGあるあるネタが妙にハマります。

全編ギャグを交えながらも、時にシリアスに物語の謎や核心に迫る描写などは、見ていて飽きが来ません。

エニックスお家騒動にて唯一、双方での出版社で連載作品を持っていた人であり、『鋼の錬金術師』を手掛けた荒川弘先生がグルグル時代にアシスタントをしていたなど、作品の内容以外にも話題性が多いです。

現在は魔法陣グルグルの続編を描いた『魔法陣グルグル2』を連載しており、まだまだ物語は続いている最中。

近年アニメもフルリメイクされたりなど、再度グルグル熱が再燃しているため、まだ見ていない方は是非最初から追ってみて下さい。

あとがき

今回は昔懐かしい90年代に放送されたアニメを紹介してみました。

これ以外にもまだまだ作品はありますが、これだけを見ても平成っていい時代だったなと思えて来ますね。

次回は、今回紹介しきれなかった分を掲載していく予定なのでお楽しみに!

まとめカテゴリの最新記事