今のところ穴場?抑えておくとオシャレかもしれない『ボードゲームBar』特集!

今のところ穴場?抑えておくとオシャレかもしれない『ボードゲームBar』特集!
ボードゲームBar サムネイル

ボードゲームの人気が徐々に高まってきているのを感じます。

現在全国には様々なコンセプトBarがありますが、中にはボードゲームをしながらお酒や料理も楽しめる『ボードゲームBar』なるものが存在するとのことです。

今回は都内限定にはなりますが、知っておくとオシャレかもしれないボードゲームBarの特集をしていきます!

スポンサードサーチ

社会人の間でボードゲームが流行中!

現在、日本では年々ボードゲーム熱が高まっているようです。

特に社会人の間でひそかにブームになりつつあるそうなのですが、残念ながら筆者の周りでは全くそんな気配は感じられません…(笑)

ですが、実際ここ10年かけて数万人→数十万人規模の市場に成長したことを考えると、爆発的ではないにしろ、じわじわと層が広がっていると捉えることが出来ます。

世界では子供より大人が嗜んでいることも多いボードゲーム界隈

ボードゲーム イメージ2

実は世界的に見るとボードゲームの市場はかなり大きなもの。
世界的な大会も頻繁に開催されており、チェスなどの世界大会レベルでは優勝賞金が数億単位で出るなど、とてつもない人気を誇っている様子。
現在、日本のボードゲーム市場は世界的に見るとかなり少ない割合になっているようですが、人気の上昇などもあり、今後数年間で成熟していくのではないかと思われます。

スポンサードサーチ

シラフよりお酒が入っていた方が盛り上がる事も

Barカクテル イメージ

幼い頃に遊んだ楽しい記憶はいつまでも残りますが、お酒を飲めるようになった社会人の方々にとって、中々シラフで遊戯に興じるというのは気が進みません…。

筆者もまさにその一人で、現在はことあるごとにお酒を嗜みながら遊びに興じています。

実際、宅飲みなどでジェンガなどのゲームを遊びながらお酒を飲むと、当然ながらいつも以上に盛り上がります。

勿論、正常な判断ができなくなるまで飲むのはどうかと思いますが、社会人のたしなみの一つとして『お酒』というのは、切って離せない物なのかもしれません(笑)

そんな時はボードゲームBarに行ってみよう!

Bar イメージ

そして、そんな社会人のボードゲーマーの方が密かにホームグラウンドとしている『ボードゲームBar』なるものが存在するとのこと。

筆者は行ったことがありませんが、筆者が住んでいる田舎にもあるくらいなので、結構ポピュラーだったりするのでしょうか?

全国に点在するお店の店内イメージを見る限りではいたって普通のバーであることが殆ど。

とにかく一度訪れて体験してみないと始まらないので、以下では人気のボードゲームバーをいくつか紹介していきます!

意外なコンセプトが人気の秘訣!ボードゲームBarを紹介!

今回紹介するのは主に都内で運営しているBarになります。

全国版もいつかは作りたいと思いつつも、都内に住んでいる社会人の方は、近場であれば一度は訪れてみて下さいね。

西荻窪:「カフェ&ゲームバー ことぶき」

カフェ&バー ことぶき

まずは東京都杉並区で営業している『カフェ&ゲームバー ことぶき』から紹介します。

公園をイメージしているという店内は、開放感抜群でインテリアにこだわったカフェスタイルのバーです。

基本的にはカフェスタイルで営業しているようですが、アルコールの提供もあるようです。

またアルコール以外にもフードメニューが充実しているため、長時間の利用にも困りません。

値段も良心的なので、長時間遊んでそれなりに食事やドリンクを楽しんでも、普通の居酒屋に行くより安く済むところも魅力的。

しかしお店が住宅街の中にあるため、土地勘が無いと探すのに苦労するかもしれません。

『カフェ&ゲームバー ことぶき』 店舗ページ

スポンサードサーチ

新宿御苑前:「リトルケイブ新宿店」

little cave

新宿御苑前駅のすぐ近くにあるこちらのお店は、高円寺と新宿の二店舗存在します。

世界中のボードゲームを多数そろえており、種類が豊富なことが強み。

また新宿店は全面ガラス張りになっているため、夜になると新宿の夜景が見渡せる絶景スポットに早変わりします。

アルコールの提供もありますが、どちらかというとカジュアル利用のお客さんが多いらしいので、Barというよりはアルコールも提供されているカフェの様な雰囲気だそうです。

「リトルケイブ新宿店」店舗ページ

岩本町:「東京ボードゲームバー」

岩本町にあるこちらのお店の凄いところは、なんといっても『飲み放題・お菓子食べ放題プラン』が存在しているところです(笑)

営業も翌5時までやっている様で、深夜割りプランが適応されるとのこと。

多くのカフェ&バーが22時前後を目安に閉店する中で、深夜営業をしているというのはかなりの強みだと思います。

日によっては炊き込みご飯まで提供される日があるというので、もはや何が何やら…と感じる部分もありますが、楽しそうなので一度は足を運んでみたいですね!

しかしお店は非常にわかりづらい所にあるため、『岩本町小町食堂の隣の隣』と覚えておけば大丈夫そうです!

「東京ボードゲームバー」店舗ページ

スポンサードサーチ

飯田橋:「Game bar Gluck」

gluck オシャレ

今回紹介するお店の中では、一番Barという言葉がふさわしいお店。

グリュックは一風変わった料金体系となっており、円ではなく『ゴールド』で支払いをします。

「1ゴールド=280円」で、お店に入店した際にゴールドを買い取り、その中から支払いをしていくスタイルらしいです。

gluck

余ったゴールドは次回来店時に使用できるほか、何ゴールド所持していても良いらしいので、中にはゴールドを大量に買い込んでいる常連さんもいるんでしょうね…(笑)

お店の照明も良いぐらいに落としているためか、正直雰囲気は抜群です。

言ったことがある方の感想だと、『お酒や料理が美味しい』らしく、ボードゲームも勿論遊べるため、大切な人や仲のいい友人と一緒に訪れると、素敵な時間を過ごせそうですね。

「Game bar Gluck」店舗ページ

町田:「CAPSULE」

町田CAPSULE

こちらもBarという言葉が似合う店舗です。

今まで紹介した店舗が比較的に都内23区に集中していましたが、こちらは神奈川県民や23区外在住の方も行きやすい所にあります。

町田市で営業されている「CAPSULE」さんの店内には、世界中のボードゲームがずらりと並びます。

お店の中にDJブースがあるので、お店を貸し切りにしてイベントなどを開いてもよさそうです。

アルコールメニューも充実しており、個人的にはハートランド・ビールを提供しているのが大きなポイント(笑)

お酒好きのツボを押さえているメニューがあるので、通常利用する分にもお勧めできます。

「CAPSULE」店舗ページ

もちろん通常のBarとしても利用できるぞ!

上記で紹介したBarはボードゲームをコンセプトにした店舗ですが、勿論通常利用が出来るとのこと。

ボードゲームが出来る・買えるということ以外は、普通のオシャレな雰囲気のお店なので、特別な日に利用すると相手から喜ばれるかもしれません。

事前に伝えれば貸し切りが出来るお店もあるほか、コースなどもそろえている所もあるため、イベントなどで利用したい場合もうれしい所ですね。

中にはお昼は通常のカフェとして経営しているお店もあるため、お酒を飲めなくても行く価値は十分ありそうです!

スポンサードサーチ

通い続けたら思わぬところで人脈が広がるかも?

人脈

また、ボードゲームバーに行くメリットはイベント時や記念日などだけではなさそうです。

中にはゲーム好きな経営者やフリーランスの方もいるかもしれないので、通い続けて常連になれればマスターから人脈を紹介してもらえるかも…(笑)

お酒と独特の雰囲気の中で話しかけてくれる方とは、案外親しくなりやすいものなので、思わぬところで人脈が出来たり交流が広がる可能性があるかもしれません。

あとがき

今回は都内にあるボードゲームBarの特集をしてみました。

お店の雰囲気を損ねない範囲でボードゲームをウリにしているBarや、最初から狙い通りのコンセプトBarなど様々。

アルコールに力を入れていたり、フードメニューも充実している店舗は、きっと今回紹介したお店意外にも沢山あるはずです。

普段より少しだけ変わったお店に足を運んで、自身の見識を少しずつ広げていってみると、新たな発見があるかもしれません。

とりあえずは、お酒を楽しみながら皆でわいわいボードゲームをして、童心に戻るのも楽しいかもしれませんね!

スポンサーリンク

聖地 / 観光カテゴリの最新記事