フォートナイトでAC持ちとはこれ如何に??

  • 2019.08.24 最終更新日:2020.05.31
  • ゲーム
フォートナイトでAC持ちとはこれ如何に??
ac持ち サムネイル

Twitter上で”AC持ち”を使いこなす少女がいると突如話題になりました。

廃人率が高いゲームで知られるアーマードコアでしたが、やっぱり身体は闘争を求めている様です。

ついでに本家ACの最新作など、気になっている所を調べてみました。

AC持ち×フォートナイト×美少女(?)

ac持ち

”フォートナイト”でAC持ちをする強者が出たとして話題になったことから、『AC持ち』というキーワードが急浮上することになりました。

元々は「めちゃくちゃ個性的なコントローラーの持ち方をしてることを最近知った」として動画を投稿したのがキッカケ。

動画はすぐさま拡散され、このAC持ちの使い手である「ジロちゃん」は、一時的に全国各地の眠れるレイヴン達から注目されることになります。

本人曰く、AC持ちはFORTNITE向きらしい

フォートナイト

現在「ジロちゃん」はフォートナイトを中心にプレイしているようで、本人曰く

「フォートナイトは戦いの時に使うボタンが多いので、個人的にはAC持ちの方がやり易いと思う」

と語っている様でした。

因みに、初めてコントローラーを握ったときからずっとAC持ちだったみたいなので、もしかしたら家族にレイヴンが潜んでいる可能性は高いかもしれません。

何にしても、この件がきっかけで、全国のACファンの視線を釘づけにしてしまった様です。

”AC持ち”とは?

ジョジョ ac持ち

因みに”AC持ち”というのは、アーマードコアというゲームで遊ぶ際、どう考えても指が足りないという状況に陥ったごく一部のプレイヤーが

ならコントローラーひっくり返せばいいじゃん

という理由で誕生した超高難易度のコントローラーの握り方です。

持ち方は、Playstationのコントローラーをひっくり返し、コントローラーのくびれ部分を、人差し指と親指の間に当てるようにして持つだけ。

使いこなせれば超絶挙動が可能になりますが、コントローラーをひっくり返すという特性上、操作がすべて反転するので、身体で覚えるまで結構時間がかかるのが難点。

練習方法も念のため

AC持ちの練習方法はあるのでしょうか?

ネット上で「AC持ち」と検索すると、既に様々なゲームで手元を公開したプレイをされている方がいる様です。

と言っても、今のフロムソフトウェアはアーマードコア関係の新作の開発に関して積極的ではないのが現状なので、今練習したとしても披露するゲームタイトルはかなり限られてくると思います。

ただ今後、新作が100%発売されない訳では無いと思うので、新作が発売された際に使用できるようにしておくのも良いかもしれませんよ。

アーマード・コアを知らない人のために本家の歴史を振り返る

クイックブースト

アーマード・コアは1997年にフロム・ソフトウェアから発売された3Dロボットアクションゲームです。

重厚な世界観に加えて傭兵と人型駆動兵器という、かなりミリタリー色が強いのが特徴で、操作もかなり複雑だったのでユーザーを選ぶ作品でもありました。

ただ、Xbox360やPS3等で発売された”AC4シリーズ”では、『クイックブースト』という機能が追加された為、それまでのシリーズとは別ゲーとなっています。

「機動戦士ガンダム vs.シリーズ」の様な、簡単操作でスタイリッシュなゲームプレイが出来るので、初めて触る場合はこのAC4シリーズから遊ぶことを強く推奨します。

最後作は既に6年前の作品だが…

ACVV

現在のアーマードコアシリーズは、2013年発売の『ARMORED CORE VERDICT DAY』を最後に発売されていない状況です。

人気タイトルだけあって、結構長い事オンラインコンテンツは稼動していましたが、現在はオンライン要素は終了されています。

5年以上新作が出ていませんが、実質最新作と言われているDAEMON X MACHINAも発売しています。

雰囲気を掴みたい場合は、まずはそちらを購入して遊んでみても良いかもしれませんね。

練習なら次の本家ACアーマードコアで

acfaプレイ画像

AC持ちを練習するというのであれば、AC4シリーズ以降の作品でやるのがおすすめです。というか鉄板です。

理由としては、AC4シリーズ以前の作品でAC持ちをする理由が殆どないためです。

元は超高速バトルに対応するために考案された持ち方なので、クイックブーストシステムが搭載された後の作品でやるのに適しています。

AC4シリーズ以降の作品であればどれをやっても大丈夫だとは思いますが、ここは僕の一番思い入れがある作品であるACfA(アーマードコア・フォーアンサー)をお勧めしておこうと思います。

実質新作の『DAEMON X MACHINA』

デモンエクスマキナ

現在、アーマード・コアの名を冠したゲームは続編が制作されていない状態ですが、実質続編と言われているゲームが”DAEMON X MACHINA”です。

当時アーマード・コアの開発スタッフだった方々がプロジェクトに何人も参加し開発されたようで、PVなどを見ても本家ACに非常に近しいゲーム性と雰囲気を持ち合わせています。

画面を占めるミリタリー色の強いアラートなど、近年のゲームでは中々見られなかったメカメカしい雰囲気が特徴的。

メカ要素が足りないとの指摘も

デモンエクスマキナ・戦闘

しかしながら、往年のACファンの間では『全体的にまだまだメカメカしさが足りない』等の声も上がっているほか、switch用タイトルなので手を出しにくいといった方もいるようです。

ただ現在、任天堂Switchもやり込み要素が高いゲームが多数発売されているので、ACよりはカジュアルだけど奥行きがあるゲームだと人気の様でした。

本家ACで遊んだことがある年齢層は年々上がっているので、本作から初めてプレイするという方も居るかもしれませんが、

本家ACの開発スタッフが何人も参加していることから、遊びごたえはあるのではないか?と感じています。

本家ACはPS4での復活はあるか

SEKIRO

さて、往年のファンからすれば、再びPS系統でシリーズが復活するのか?というのが気になります。

こちらに関しては、結論を言えば十分あり得ると思います。

現にフロムソフトは”3つの大きなゲームを開発中”と公言しているからです。

SEKIRO、Deracine、あと一つは?

上記の発言からファンの間でタイトルの憶測が進められていましたが、その三つの中のタイトルに入ってくるのは『Metal Wolf Chaos XD』『SEKIRO』、『Deracine』だと考えられていました。

この中に『SEKIRO』が含められていたことは間違い無かったと言われていますが、VRタイトル用に開発されている『Deracine』は含まれないと、フロムの社長である宮崎英高さんが語っていました。

残る『Metal Wolf Chaos XD』はデベロッパーがメインで開発中ということを考慮すると、実質残り2枠空いているため、この枠の中に『アーマード・コアの新作』が入ってくる可能性はあると思います。

意味深な発言も

加えて宮崎さんは、「一部のフロム・ソフトウェアファンには伝えておきたい」という意味深な発言を残しており、

更にはアーマード・コアVのディレクターである高橋直之さんが新規プロジェクトを進行中だという事から、一部のフロムファンは「アーマードコアのファンの事を指しているのでは?」と議論されることになりました。

上記を踏まえると、Playstationハードでアーマード・コアの新作が出る可能性は『確実ではないが、かなり高い』と言えると思います。

あとがき

acfa

今回はAC持ちに関連した情報をまとめてみました。

暫らくAC持ちというキーワードを聞いていなかったので、トレンドに上がってきたときは懐かしい気持ちになりました。

加えてアーマードコアの新作が今後Playstationハードで出ることを期待しつつ、過去のシリーズで遊んでみるのも楽しそうです。