ラディアンのアニメ2期が始まるので1期を見て予習した結果→最高のフレンチアニメかもしれん…

ラディアンのアニメ2期が始まるので1期を見て予習した結果→最高のフレンチアニメかもしれん…
記事トップ ラディアン

NHKのアニメ枠には、その年の覇権レベルの作品が定期的に紛れ込んでくることで有名です。

少し前に話題になったラディアンですが、2期放送が既に秋に控えているため、1期を見直してみることに。
※ラディアン1期の復習は『dアニメストア』がおすすめです。

すると、意外な事実が明らかに!今回は、もしかするとダークホースにもなるかもしれない『ラディアン』について記載していきます。

スポンサードサーチ

ラディアン2期が始まるので予習も兼ねて1期を見てみた!

ラディアンについて興味を持ったのはつい最近の事。

一期放送時は一話切りをしてしまったので、ほぼ見ていないに等しかったのですが、最近になって過去作を漁る様になってから興味が再燃。

キャラデザや世界観などは好きな方でしたし、食わず嫌いはいけないと思ったので、とりあえず何気なしに見てみることにしました。

アニメ一期は2018年にNHK枠で放送

アニメ放送は2018年にNHK枠で放送されていましたが、当時は『ガイコツ書店員 本田さん』や『異世界居酒屋』等を見ていた為、正直放送されていた事にも気が付かないレベル。

そして個人的にはそれほど気になっていた作品が無かったので、アニメ視聴に時間を割いていなかったことも事実。

とはいえ、世間的には『数年に一度の豊作』と言われているらしいので、日常的に週刊誌を読んでいる方からすれば、当時は時間が足りなくて大変だったでしょうね(笑)

ここ数年、『進撃の巨人』や『3月のライオン』等を始めとする”NHK枠アニメ”が熱いので、ラディアン二期の内容によっては来季のスマッシュヒットになるかもしれません。

ラディアン一期のあらすじ

『格好良い大魔法使い』を目指している少年・セト。

空から降ってくる怪物・ネメシスを倒すため、毎日魔法の特訓に励む日々を送っていた。

ある時、立ち寄っていた街にネメシスが到来し、追い払おうとするも自身の力がまだまだ未熟だと知る。

ラディアン1期

もっと強くなりたいと思うと同時に、ネメシスが生まれてくると言われている『ラディアン』に向かい、世界からネメシスを退治するという思いを抱く。

セトは願いを育ての親であり大魔法使い・アルマに告げるも、お互いを大切に思う気持ちから聞き入れてもらえなかった。

だが思いのたけを聞かされた日の夜、アルマはセトと過ごしてきた日々を思い出していた。

アルマとセト
アルマ

決意は固いと感じたのか、アルマはセトの願いを聞き入れ、旅をすることを許可されるが、まずは情報収集もかねてアルテミス学院に行くことを諭される。

アニメ放送一期は、アルテミス学院での出会いや、セトの魔法使いとしての成長、『魔法使い排他』を掲げる異端審問所に属するドラグノフらとの関係を描かれます。

ラディアンのアニメ一期を見た感想は…

結論から話すと、ラディアンは『良作』の部類に入るのではないかと感じます。

タイタンパンチ

様々な魔法使いとの出会いと、魔法使いを取り締まる”異端審問所”に属するものとの交流を描いた本作は、単に「勧善懲悪」的なアニメではなく、それぞれの立場でそれぞれの正義を貫くことをテーマに置いて構成されているようです。

まだ純粋な頃に持っていた感情を呼び覚ましてくれるような、見た後にほっこり心が温まるような、そんな素敵な作品に仕上がっていると思います。

スポンサードサーチ

ストーリーは日本の少年漫画その物!

魔法使い

ストーリー自体は小難しいものではなくて、少年漫画にありそうな”お約束の展開”や”お決まり事”のようなものが大半を占めるかもしれません。

例えば主人公・セトがネメシス相手に策を巡らせ動け亡くした後、”何故かネメシスに背中を見せて仁王立ち”したりなど、今時の日本漫画では中々見られない様なお約束まで盛り込んでくれています(笑)

現在の日本アニメ・マンガ業界では、”分かりやすいお約束や展開”は避ける傾向にあるようです。

魔法使い三人

多少捻った設定や、先の見えない展開が最後まで続くことにより、飽きずに最後まで見られるので、途中で視聴をやめたり等の見限られる可能性が下がるというメリットも影響しているのかもしれません。

その為、90年代アニメにはよく見られた「お約束」等は先の展開が予測できる分、余りハッキリ描写されないのかもしれません。

単純に、我々アニメファンの目が肥えてきたというのも関係しているのかもしれませんが…。

安心して見ていられる安定感

メリとセト

大作の陰に隠れる様に放送されていた『ラディアン』ですが、一部のユーザーからはかなり好評だった様子。

安心して見ていられることが売りだそうで、各話では先の読める展開ながらも、逆に難しくなりすぎた現代アニメよりは楽にみられるといった声もあるそうです。

先述しましたが、ラディアンは少し前のアニメによく見られた「お約束」がふんだんに描写されています。

悪い魔法使い

その分、目の肥えた我々アニメファンは、「先が予測できるけど見てしまう」という現象に陥ってしまうのかもしれません。

キャラクターもそれぞれ個性があり、全体的に作風はコメディー寄りになっているとは思いますが、シリアスなシーンも適度に入ってくる為、メリハリがしっかりしている良作だと思われます。

スポンサードサーチ

声優も豪華!悠木碧のキャラがいい味出してる感w

メリ

キャラクターにも個性があって魅力的なのですが、特にいい味を出しているのが、悠木碧さんが演じる「メリ」。

この世界の魔法使いは、「ネメシスに接触して生き残った者が、呪いという代償と引き換えに魔法が使えるようになる」という設定の為、魔法使いは何かしら『呪い』を受けています。

メリ 呪い

メリの呪いは『二重人格』で、過度なストレスを抱えると攻撃的で毒舌な口調になるというもの(笑)

普段はおっとりしていて誰にでも腰が低く、淑女と言った言葉がピッタリな彼女。 因みに戦闘モードでない普段のメリはこんなに可愛いです、天使か。。

メリ かわいい

個人的には「悠木碧って言ったら怒ってるキャラの方が可愛いな」とも思ってしまいますが、こういうキャラも全然ありですね。

独特のイントネーションが魅力の悠木碧さんですが、ラディアンが彼女の代表作の一つになるかもしれません。

衝撃の事実!原作はまさかのフランス漫画だった

因みに原作はフランス漫画で、一般的に「バンド・デシネ」と呼ばれているものらしいです。

トニー・ヴァレント

一般的なバンド・デシネは全巻色付けして描かれることが多いらしいのですが、ラディアンに至っては作者の”トニー・ヴァレント”が、日本の少年漫画風の作品を書きたいと思って、敢えて寄せているようです。

原作ラディアンを見てみると、確かにコマ割りなどはジャンプやガンガンによく似ています。

ラディアン 原作

フランス発という事を言わなければ、日本人が書いている少年漫画と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

内容も「多分作者はフェアリーテイルとか好きなんだろうな~」等と思ってしまう位、意識して描かれているところも多いです。

作風はコメディー要素を前面に押し出していますが、いきなり濁った話題をぶち込んでくるところが海外漫画。

飄々としたお調子者のキャラクターが、過去の仲間を「始末しといた」的に一言で片づける所は、少年漫画にはない魅力の一つかもしれません(笑)

まさかフランス漫画って良作の宝庫なのでは?

フランス漫画 バンド・デシネ

ラディアンを見る限り、フランス漫画にはまだまだ翻訳されていない作品が数多くあるかもしれません。

ラディアンは作者のトニー・ヴァレント氏が日本風の漫画を描きたいが為に生まれた作品ですが、それ以外にも我々漫画ファンの心を動かす素敵なフランス漫画(バンド・デシネ)がありそうです。

バンド・デシネ

勿論、日常的にアメコミなどを見ている方はすぐに慣れると思いますが、アメコミにまだ慣れていない方は、バンド・デシネから入るといいかもしれません。

アメコミと比べると、表現の仕方がまだマイルドで、且つ日本の漫画に影響を受けている節があるため、海外漫画の入門用として活躍しそうです。

現在は電子書籍などですぐに入手することが出来、値段も手軽になってきていることから、電子書籍リーダーがあるならそちらで購入してみては如何でしょうか?

フランスで好まれる日本の漫画作品には共通のテーマがある!

フェアリーテイル

フランス国内では、今日本のアニメが大流行しているようです。

「進撃の巨人」や「ワンピース」、「ナルト」や「フェアリーテイル」など、日本でベストセラーになった漫画はフランスでも上位に食い込むらしいです。

フランス人の方に好んで読まれる漫画作品にはある共通のテーマがあり、まとめると『エルフ・魔法・ダークヒーロー・最凶の敵』など、ファンタジー要素が含まれる作品が受けるとのこと。

ブラッククローバー

逆にフランス国内で理解されない、または不発で終わっている作品は「銀魂」「あずまんが大王」など、時事ネタを多く扱っている作品や、明るいギャグなどが多い作品。

加えて、「日常系」や「萌え要素を前面に押し出した作品」等は、あまり理解されないらしいです。

スポンサードサーチ

似ているようで違う!フランスと日本の漫画への感性の違い

悪い魔法使い2

フランス人は明るいギャグよりは、”皮肉&ブラックジョーク”を好む傾向があるとし、また”萌えという概念に共感できない”事が多いらしいので、そうなると日本で流行った「Aちゃんねる」や「らき☆すた」等は理解されないということになります。

全体的に哀愁漂うバトル漫画が好きな印象は受けますが、実は「孤独のグルメ」等を手掛けている谷口ジローの作品は全て殿堂入りするほどの人気らしく、フランスではスターの仲間入りをしているんだとか(笑)

孤独のグルメ

『孤独のグルメ』は、哀愁や情緒豊かな表現が特徴のグルメ漫画ですが、繊細な表現はフランス人にも共感されるらしく、食に拘りを持っているフランス人の読者を動かしたのかもしれません。

また、フランスの伝統的な漫画「バンド・デシネ」に作風が似ているとあって、人気に火が付いたというような記載も目にしました。

意外な作品も受けるらしいので、日本では不発に終わった漫画が、実はフランス国内では凄い人気になっていた!…という事態も今後起こりえそうです。

作者のトニー・ヴァレントは日本アニメ放送を夢見ていた

ドラグノフ

そんなこともあり、ラディアン作者のトニー・ヴァレント氏は、いつの日か日本でアニメ放送される日が来るといいな…ということを思っていたそうです。

可能性的には0ではないにしろ、フランスの漫画が日本で放送されるのは中々ハードルが高く、半ば諦めかけていたようですが、

ひょんなことから日本での放送がとんとん拍子に決まってしまったことから、インタビューの際に「何が起こったのか分からない、いまだに信じられないよ!」と興奮していたようです(笑)

スポンサードサーチ

作品として優れていることがアニメ化の理由

これについてNHKの制作統括の米村さんから次の様な言葉で称賛されています。

NHKの制作統括の米村裕子は「日本のマンガと同じような感覚で選んだ」と、優れた作品であることがアニメ化決定の理由と説明する。

トニー・ヴァレント氏

ラディアンに関しては、差別や人種問題といった部分を多く描写されてはいますが、トニー・ヴァレント氏は最初から意図して狙ったものではないといいます。

実際にそういう作風に気が付いたのは「2巻目以降を描いている途中」だったらしく、自身の生い立ちも含めて自然とそういうテーマが組み込まれていることに気が付いたそうです。

これだけの作品を意図せず作り上げてしまうトニー・ヴァレント氏の才能に驚かされますし、フランスが抱えている問題を漫画を通して知ることが出来る貴重な作品とも言えそうです。

正直なところ、かなり期待できそう!二期は原作のどこまで?

ここまでかなり詰めてまとめてみましたが、アニメ二期もかなり期待できそうです!

現在、原作は11巻まで発売されていますが、日本語に翻訳されているのは10巻まで。

メリ 看病

早い段階で二期制作が決定していたものの、制作期間の事も考えると、アニメ二期は日本版の10巻までの内容となりそうです!

アニメ一期では1巻から5巻までの内容となっていましたが、アニメ版は後半、アニメオリジナルの展開を含んでいることから、原作とは多少違った展開も予想されます。

仲間

特にアニメ版21話は原作とほぼほぼ違う内容になっているので、アニメ二期も序盤はアニメオリジナルの展開も多く含まれそうです。

原作やアニメを見ていない方が多いかもしれないので、ネタバレ要素になるような内容は控えますが、少なくとも長期で連載される予定の作品でもあるので、2期の反響によっては3期も十分あり得そうです。

1期の復習は「dアニメストア」でしよう!!

現在「dアニメストア」で「ラディアン」1期が配信されているので、復習するならオススメです。どうぜん筆者も愛用していますよ-!!

以前記事にもしたので参考にどうぞ!!

あとがき

今回はフランスに原作を持つ『ラディアン』について記載してみました!

フランスでは数年前から日本ブームが到来しており、アニメや漫画と言った日本特有の文化も徐々に受け入られている様です。

恐らくクランチロール社が開催しているイベントやフェスタの影響もあるとは思いますが、こういった文化的な交流がまた一つ増えたのは個人的にうれしいです。

何はともあれ、2019年秋アニメ『ラディアン』を視聴候補に入れてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

放送予定カテゴリの最新記事