『ライフル・イズ・ビューティフル』がアニメ化!原作の魅力とあらすじをチェック!

『ライフル・イズ・ビューティフル』がアニメ化!原作の魅力とあらすじをチェック!
ライフルイズビューティフル サムネ

射撃競技を題材にした、女子高生の青春を描く4コマ漫画『ライフル・イズ・ビューティフル』のアニメがいよいよ10月から放送がスタート!

『余り動かない競技』というイメージのある射撃競技。

その中でも本作は『ビームライフル』という、ちょっと心惹かれるフレーズが出てくる競技に焦点を当てて描かれています。

今回は、原作『ライフル・イズ・ビューティフル』の魅力と、ライフル射撃競技等についてまとめていきたいと思います!

スポンサードサーチ

祝!『ライフル・イズ・ビューティフル』がアニメ化!

ビームライフル射撃を題材にした『ライフル・イズ・ビューティフル』が2019年10月13日より放送予定です。

ライフルイズビューティフル 1巻

本作は「ライフル射撃」競技を題材としているため、「動かない競技」の代名詞ともいえるライフル射撃競技を、どのように表現するかに期待が高まります。

他の競技に比べるとかなりマイナーなスポーツにはなりますが、実際に取り組んでいる方の「あるあるネタ」が随所に組み込まれているそうなので、経験者もそうでない方も一読の価値ありですね!

アニメーション制作は「Studio 3Hz」

アニメ化にあたり、アニメーション制作は「Studio 3Hz」が、監督は高橋正典さんが担当されました。

Studio 3Hzは「プリンセス・プリンシパル」等が有名ですが、ゲームの作中ムービーなども手掛けている制作会社の様です。

プリンセスプリンシバル

「プリンセス・プリンシパル」に至っては、2019年からアニメ版続編にあたる「全六章」構成の劇場版の公開も控えているようです。

まだまだポテンシャルは未知数の制作会社ですが、「プリンセス・プリンシパル」を見た限りでは、『ライフル・イズ・ビューティフル』にも期待が出来そうです!

『ライフル・イズ・ビューティフル』のあらすじ

距離10m、直径1mm、弾数60発、競技時間45分。

硬いジャケットを身にまとい、見た目よりもずっと気力を振り絞る過酷な勝負の世界──ビームライフル競技。

……のはずが、誰もわかってくれないのが知名度の低いスポーツのつらいところ。でも私、世界を目指してます!

千鳥高校に偶然集った、小倉ひかり、渋沢泉水、姪浜エリカ、五十嵐雪緒の女子高生4人がおくる、ゆるーいけどひたむきな射撃部ライフ!!

スポンサードサーチ

千鳥高校に入学!でも射撃部は既に廃部…?

射撃部 廃部

あまり普及してないスポーツでもある『ビームライフル競技』。

小学生時代から『ビームライフル競技』に打ち込んできた主人公・小倉ひかりは、幼なじみの渋沢泉水の助けもあり、念願の千鳥高校に入学します。

ビームライフル競技でオリンピックに出ることを目標にしていたひかりでしたが、千鳥高校の射撃部は既に廃部していたと聞き、絶句します。

そんな中、同級生で同じくビームライフル競技をやっていた姪浜エリカと五十嵐雪緒を、半分強制的に巻き込んで部の立て直しを図ります。

千鳥高校射撃部、本格始動します!

射撃部 船出

射撃の腕は、幼少期からやっている割にそれほど上手くないひかり。
それでも天性の勝負強さを発揮し、周りも驚くほどの成長を遂げていきます。

しかし周りを見渡せばピンポイントで10点上位圏を打ち抜く凄腕のスナイパーばかり。

ひかりの目指すところは「東京オリンピックに出ること」
…――の前に、県予選を勝ち抜くことが出来るのか?

競技に入ると真剣なシーンが多くなるため、見ているこちらもハラハラに。

ゆるいだけでは終わらない、ちゃんと青春している射撃ライフにいつの間にかハマっていること間違いなしかもしれません。

『ビームライフル射撃』とは?

ビームライフル競技は、小銃型の「射撃競技用光線銃」を用いた競技の事を言います。

エアライフルに準拠した仕様となっているため、重量や大きさはほぼ同規格とのことです。

元々は銃規制が厳しい日本で「日本ライフル射撃協会」が開発を進め、射撃の入門用として普及させるに至りました。

ビームライフル 画像

実弾を使用したものではないので、「免許が不要」という事もあり、近年は新しい形のスポーツとして認知されつつあるようです。

と言っても、まだまだ一般的には認知度は低く、クレーン射撃などに比べるとマイナーなジャンルでもあるため、「ビームライフル競技をやっている」というと二度聞きされることもあるんだとか。

実弾を使わない安全な競技とはありますが、「銃器の安全な取り扱いは、エア・ライフル等となんら変わらない」との事。

当然、ふざけても銃口を相手に向けたりすることは絶対に控えたいところです。

スポンサードサーチ

因みにオリンピック競技にも組み込まれている

近代五輪

意外なことに、ビームライフル競技は「近代五輪」というオリンピック競技の中に組み込まれてもいるようです。

近代五輪とは、1人の選手が1日の間に「フェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃、ラン)」という全く異なる競技に挑戦する種目とのこと。

この中のレーザー射撃という部分で、レーザーピストルを使用するらしいのですが、トライアスロン競技と似たようなものなので、高い集中力を切らさないことが重要なんだとか。

「一ミリずれると10メートル先では数センチの差になる」らしいのですが、水泳やフェンシングなど体力を使う競技の後にこれは辛そうですね…(笑)

原作『ライフル・イズ・ビューティフル』の魅力は?

着物センパイ

原作『ライフル・イズ・ビューティフル』を読んでみたのですが、結論から言うと素直に面白いです。

「日常系×専門系」という組み合わせの漫画はまだまだ多くないながら、今後はこの手のジャンルが増えてきそうです。

そんな原作『ライフル・イズ・ビューティフル』の魅力を考えてみることにしました。

その1:マイナー競技ゆえの『あるあるネタ』が豊富

マイナー競技ゆえ、『ビームライフル』と同級生に伝えると『それってモ●ルスーツ的な?』と勘違いされてしまうシーンもありました。

マイナー競技

ライフル射撃競技自体は、オリンピック競技として年々知名度が高まっているとのことですが、ビームライフルと聞くと「何をやっているんだろう…」となるのは分かる気がします。

筆者も、本作を読むまで全く知らなかったので、知名度はお世辞にもあまり高くないのが現状の様子。。

そういった「あるあるネタ」をシュールに挟んでくる為、経験者ならどこか納得できる部分もあるのではないでしょうか?

ある種自虐ネタに走りつつも、そういったシーンばかりではなく、適度に求めていた日常系描写も入ってくる為、読んでいて飽きが来ない所も魅力の一つですね。

大体知り合いに遭遇するらしい

競技者人口が少ないとのことで、全国大会や予選大会などに参加しても大体知り合いがいるのだとか。

実際、作中ではそのことを比喩するような描写が多く、例え全国大会などに出たりしても、知り合いの一人や二人に遭遇しないことの方が珍しいとのこと。

知り合い

県内でライフル競技を取り入れている学校は多くないらしく、作中では「県内併せて4校」しか出場校が無いという描写も見られました。

ただ年々競技人口は増えているらしく、今回のアニメ化をきっかけに、ビームライフル競技の知名度が上がって、更に競技者人口が増えると良いですね!

スポンサードサーチ

その2:「日常系×専門分野」という組み合わせが新鮮

基本的にはゆるーい日常ライフが描かれていますが、競技の事に関しては専門性が強い内容だと感じます。

似ている漫画に『NEW GAME!!』を挙げると分かりやすいと思いますが、 『NEW GAME!!』 もゲームを作るクリエイター側の漫画なので、専門的な描写が随所に見られます。

NEW GAME!

本作は射撃という、関心のある方以外はほぼ耳にしないテーマに焦点を当てて描かれていますが、日常系描写を加えることで取っつきやすい作品に仕上がっていると感じます。

一見ミスマッチの様にも思える組み合わせですが、「ギャップ萌え」という言葉が昔からある様に、本作はそのギャップを上手くテーマに添えて描かれた作品なのかもしれませんね。

随所に入る説明があるので理解しやすい!

射撃描写の際に頻繁ではないですが、競技への注釈が入る事も。

注釈シーン

正直、専門性が高い分野の競技なのでこういう説明は本当に助かります(笑)

「ビームライフルはどういう仕組みになっているのか」や、「的の大きさ・点数の詳細」「標準の合わせ方」等、その説明は多岐にわたります。

まるっきり知識が無い初心者が読んでも十分に楽しめるので、この辺りの配慮はうれしい限りですね!

その3:キャラクターが魅力的!

身内にハーフ美少女がいたり、全国トップレベルの射撃センスを持ったキャラクターがいたり等、同作は魅力的なキャラクターで溢れています。

部長 乙女

ゆるい百合パートも存在しているため、そういうネタが好きな人にもきっとハマる筈…!

「ライフルイズビューティフル」はキャラ萌えしやすく、ツボを押さえたキャラが沢山出てくるところも魅力の一つ。

クール&ビューティーなのに運動音痴だったり、競技にはストイックなのに少女趣味前回だったり等、こちらも見た目と中身のギャップにハマる可能性大です!

アニメ化にあたり、声優さんがどんな演技をしてくれるかにも注目したいところですね。

適度にスポ根

適度にスポ根

普段はゆるい日常を過ごしている千鳥高校の射撃部メンバーですが、ひとたび試合になれば表情は一変。

ライフル射撃という競技に、素直に真剣に取り組んでいる姿が見られます。

試合中の表情は真剣そのもので、スポーツ漫画によくみられる『仲間のためにやれることをやる』精神が全開に。

見ている側もハラハラするシーンが多いのですが、適度にシュールなギャグが入ってくるので、上手い具合にガス抜きさせて貰えます

アニメ化はどこまでやるのか?

ライバルたち

気になるアニメ化ですが、どこまでやるのかが気になるところ。

現在、単行本ベースでは4巻まで発売中で、内容は全国大会の個人戦終了までを描いています。

アニメ化にあたり、どこまでやるのかを考察してみることにしました。

スポンサードサーチ

アニメ化は全国大会終了まで?

原作4巻では、全員一年生ながら全国大会に出場するという快挙を成し遂げた千鳥高校射撃部。

現在は全国大会が終了し、夏休み前~夏休みまでが描かれているようです。

気になるアニメ化ですが、恐らくは『全国大会終了』までの内容で描かれると思われます。

穂積部長

全国大会に出場するための県予選大会も見どころ十分ですが、そこまで描いたのであれば全国大会まで通しで放送して欲しいところ。

気になる全国大会の結果ですが、団体戦では準優勝、個人戦はボロボロといった結果に。

二期目もあるのであれば、新キャラクターも出ることですし、先を見越して全国大会終了までを取り上げた方が丁度良さそうですね!

ショートアニメ枠?それとも通常枠?

『ライフル・イズ・ビューティフル』で検索すると以下の様な情報が上がってきます。

TOKYO MX:10月13日(日)より毎週日曜23:00~
サンテレビ:10月13日(日)より毎週日曜25:30~
KBS京都:10月13日(日)より毎週日曜23:30~
BS11:10月より深夜帯にて
※放送日時は変更になる可能性がございます。

ショートアニメ枠だとすれば、開始時刻が5分単位で刻まれることになるので、この放送予定時間を見る限りでは通常枠での放送とのことです。

原作も確かにショートアニメ枠の様な印象は受けつつも、かなり内容が詰まっているため、通常枠での放送の方が制作側としても都合が良かったのでしょうか。

何にしても、どの様なアニメに仕上がっているのか、放送前から楽しみですね!

アニメ派生アイドルユニット『ライフリング4』も活躍中!

アニメ放送決定にあたり、アイドルユニット『ライフリング4』のライブも開催され、アニメ放送に向けて標準をバッチリ合わせてきた形になりました。

ライフリング4

日本ライフル射撃協会の『公認の宣伝大使』にも認定されているため、今後ますますライブ等で活動する可能性は高いですね。

なお、本アニメのOP・ED曲も『ライフリング4』が担当している為、CDなども要チェックです!

あとがき

今回は『ライフル・イズ・ビューティフル』のアニメ版と魅力について記載してみました。

競技人口が少なく知名度もあまり高くないマイナー競技に打ち込む千鳥高校射撃部のメンバー達。

原作では全国大会で驚異の成績を収めることになりますが、アニメ版がどこまでやるのか&アニメオリジナル要素の部分も楽しみです。

放送まであと少しなので、原作を読める方は予習しておくと更にアニメ放送を楽しめるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

放送予定カテゴリの最新記事