Sデレ少女に愛される漫画『イジらないで、長瀞さん』のアニメ化は実現しそう!?

Sデレ少女に愛される漫画『イジらないで、長瀞さん』のアニメ化は実現しそう!?
長瀞さん 1巻

Sデレギャルからイジられる、”八王子センパイ”の日常を描いたナナシ氏の連載漫画『イジらないで、長瀞さん』。

一部の特殊な属性を持つ読者の間で話題沸騰中ですが、久しぶりにゾクゾクした本作の魅力と、アニメ化に関しての予想を交えて『イジらないで、長瀞さん』を紹介していきます!

長瀞さんと八王子センパイは無事に結ばれるのか…!?

スポンサードサーチ

『イジらないで長瀞さん』とは?

『イジらないで長瀞さん』はナナシによる連載漫画で、一部の読者から熱烈な支持を集めている漫画作品です。

現在は講談社の「マガジンポケット」内で連載中で、一部試し読みする事も出来るようです。

長瀞さん 好きだからイジめる

元々作者のナナシ氏は同人作家でしたが、一般誌用の作品を描き始めた途端に人気が爆発。

早々に35万部以上を売り上げてしまったというから、その人気の高さが伺えます。

本作は主人公の「八王子センパイ」が、後輩である「長瀞さん」にひたすら弄られる形式で物語が進んでいきます。

完全に好みの問題ですが、憎たらしいけど愛らしい「長瀞さん」に悶える人は後を絶たない様です。

『イジらないで長瀞さん』のあらすじ

「後輩の女子に泣かされた……!!」

ある日の放課後、たまに立ち寄る図書室で、スーパー’ドS’な後輩に目をつけられた!
先輩を、イジって、ナジって、、はしゃぐ彼女の名前は──『長瀞さん』!

憎たらしいけど愛おしい。
苦しいのに傍にいたい。
あなたの中の何かが目覚める、’Sデレ少女’の物語。

長瀞さん 苦手なタイプの女子

本作の主人公である「八王子センパイ」が、たまに利用していた図書室で長瀞を含む後輩女子に絡まれたことから物語がスタート。

何かにつけて八王子センパイを弄ってくる長瀞さんですが、実は八王子センパイの事が大好きで仕方ないのです(笑)

男子であれば大好きな子をイジりたくなる気持ちを抱いたことがある方もいるはずですが、それの女の子版という事ですね。

やりすぎてしまって少し反省している長瀞さんも愛らしくて可愛いため、『イジられたい願望』がある方は本作を見ると何かに目覚めるかも…?

『イジらないで長瀞さん』の魅力は?

一部で話題沸騰の『イジらないで長瀞さん』ですが、その魅力はどこにあるのか?

個人的にハマったという事もあり、その魅力を考えてみました!

スポンサードサーチ

その1:主人公が陰キャ

長瀞さん 後輩に泣かされた

正直、最初は辛かったのですが、慣れるとこの八王子センパイがめちゃくちゃいい味を出す材料に…(笑)

漫画が好きで友達は少なく、ひょろひょろの上にキョロ充という事もあり、今まで学校生活で良い思いをした事が無い八王子センパイ。

そんな彼が唯一心休まるのが部活動の「美術部」部室でデッサンをしているとき。

そこに長瀞さんを始め、フレンズが入り浸ることになっていくことに…。

長瀞さん やりすぎい!

普通だったら最悪の展開ですが、八王子センパイもうんざりしながらどこか楽しんでいる描写も見えてきます。

少しづつ変わっていく八王子センパイを見るのも、この作品の楽しみだったりしますね!

後輩女子から泣かせられる主人公

とはいっても、後輩女子の「長瀞さん」との出会いや印象は最悪。

一話目から泣かされてしまったり、執拗にイジメてくる長瀞さんにきつく当たったりしますが、根が優しい為、逆に長瀞さんのS欲をくすぐるばかり。

長瀞さん 泣かされる 二回目

後輩女子から泣かされた上に涙まで拭いてもらったのにも関わらず、徐々に「長瀞さん」に好意を寄せていく様は、久しぶりに見ていてドキドキしました(笑)

独占欲と支配欲が程よくマッチした異色作、それが『イジらないで長瀞さん』です。

その2:「大好きだからいじめちゃう」が男女逆

長瀞さんとセンパイ

相手の事を思っていなければ「ただのイジメ」ですが、大好きだからイジメちゃう!というのは、男女の関係であれば昔から定番。

しかし、男性が女性をいじる事はあっても、その逆は珍しいのではないでしょうか?

男性的には、女性からイジられるのは屈辱的なことだと思う方もいるかもしれませんが、この漫画に関しては逆にそれが最高にそそるのです。

「Sデレ属性」が火を噴きまくる!

因みに当の八王子センパイも作中では「長瀞さんにいじられるのはOK」の様な発言もしていますし、お互い何となく空気感で「好き」な気持ちになっているので、見ているこっちがヤキモキしてきます。

長瀞さん 八王子センパイ

「Sデレ」という、大体の方は余り耳にしない属性ですが、要は「女の子が相手をイジって楽しむ」という事。

主に同人誌などで題材として使われることが多いですが、一部の方からすれば至高の属性となります(笑)

本作も、ある程度ライトな表現ながら上手く「Sデレ」という題材を使って、長瀞さんの魅力を引き出している良い例ですね!

スポンサードサーチ

その3:キャラが程よく可愛い

漫画として最も重要な部分ですが、出てくるキャラクター全てが皆程よく可愛い事も魅力の一つ。

どれだけ良い題材を扱っていたとしても、作者のレベルがそれに合っていなければ十分に魅力を引き出すことが出来ません。

長瀞さんを始め、”フレンズ”の「ヨッシー」や「ガモちゃん」など、Sっ気を感じさせつつも魅力のあるキャラクターばかり!

長瀞さん フレンズ

画力も高く、元同人作家という事もあり、キャラクターにはどこか色っぽさが。

キャラのイラストだけで見ても十分魅力的なマンガなのではないでしょうか?

実際、長瀞さんを含めたフレンズは男子生徒からモテモテという設定。

そのモテモテな長瀞さんがイジるのは八王子センパイだけ…という特別感が、更にゾクゾクさせてくれますね!

ヒロイン側登場人物が限りなく陽キャ

長瀞さんには同級生の”フレンズ”が沢山いるのですが、そのフレンズもまたSな方々ばかり。

案の定、八王子センパイもフレンズの玩具にされてしまいますが、八王子センパイが自分以外の女の子から弄られるのを阻止しようと長瀞さんが頑張ります。

長瀞さん Sデレ

結果、八王子センパイと長瀞さんの仲が大きく進展するシーンは大体フレンズ絡みの回に。

ガモちゃんも、最初の内は先輩を「男として失格」などと辛い言葉を浴びせますが、長瀞さんと八王子センパイの関係性を即座に見抜き、的確にいじりつつも、最新刊ではきちんと男として認めたような一言も。

なんだかんだで仲間意識が強まっていく八王子センパイとフレンズ達の距離感がちょうど良く感じられますね!

作者のナナシは元同人誌作家として活躍

作者のナナシは元同人誌作家として活躍していました。

同人時代はグロ描写もありましたが、2011年に突如pixiv上投稿されたオリジナルキャラクター「長瀞さん」が爆発的な人気に。

それ以降は同人活動も並行して行っていたようですが、pixiv上の「長瀞さん」にやられてしまった方も多く、連載化を待ち望まれているようでした。

満を持して2017年から連載が始まった「長瀞さん」ですが、pixiv上に投稿された作品ほど暴力的な表現は少ないため、安心して見ていられます。

「774」と検索するとナナシ氏の過去の作品を見ることが出来ますが、普通に同人誌の為、閲覧する際は周りに十分注意しましょう(笑)

中はSを通り越したグロ同人誌を手掛けていた時期もあったので、その時期に「長瀞さん」の原案を思いついたのでしょうか?

キャラの絵が色っぽいのはその影響?

いじらないで長瀞さん

同人で活動していた経歴もあり、ナナシ氏の描くキャラクターは色っぽいものが多く感じられます。

画力の高さもさることながら、健康的な肢体や女性的な部位の特徴的な描き方など、参考になるところも多いです。

作中に褐色肌の女性が多く登場しますが、これはナナシ氏の趣味なのでしょうか?

ともかく、なんとなく色っぽいキャラを描くことに定評がある同氏の、これからの活動に注目です。

アニメ化の可能性は?

さて、『イジらないで長瀞さん』のアニメ化の可能性ですが、このまま順調に連載を続けていけばアニメ化の可能性はかなり高いかと思います。

長瀞さん 表情

講談社のマガジンポケットで連載されてから、僅か3カ月で10万部を突破し、総閲覧数1000万を早々に達成した本作。

出だしとしてはかなり順調な方ですし、話題性も十分。

今からアニメ化に向けて交渉しに入っている会社があってもおかしくない筈。

今のところ、打ち切られるような要素もないので、アニメ化は時間の問題の様に思えてきますね!

スポンサードサーチ

ストックが心もとないが…

アニメ化の可能性が高いという事が予測できますが、原作のストックは少しだけ心もとない様な気がします。

2017年の連載から現在までに、単行本で5巻まで発売されています。

今のところ年2巻のペースで連載・発売されていますが、アニメ化するには少々原作ストックが心もとない印象は否めません。

長瀞さん 5巻

最新刊である単行本5巻が発売されたのは、2019年06月07日の事。

今までの発刊ペースでいけば、最新刊である6巻は2019年11月の頭頃になりそうです。

同じマガジンポケット内でも連載されている「五等分の花嫁」と比べると、どうしても発刊ペースが気になるところ…。

加えて作者の春場ねぎさんの「三カ月に一巻」スピードは驚異的なので、比較対象として挙げるのは申し訳ない気持ちも沸いてきます。

暫くは気長にストックが溜まるのを待った方が良さそうですね!

このままのペースなら2年以内にアニメ化すると思われ!

このままのペースでいけば「2年以内にアニメ化する」可能性が高いと思われます。

一年に2巻ずつの発刊であれば、単純計算で二年後には4巻増えている訳ですし、原作が10巻前後のストックがあれば、ショートアニメ枠でなくても通常枠として放送することが可能。

良い雰囲気

「手品先輩」の様に、ショートアニメであっても魅力的なアニメが充実してきましたし、作風的にはショートアニメのがハマるかもしれないと思いますが、個人的には通常枠で見てみたいものです。

作者のナナシ氏には、体調に気を付けてこれからも連載を続けてほしいと思います!

あとがき

今回は、一部で話題沸騰中のマンガ『イジらないで長瀞さん』について記載してみました。

筆者も今年に入ってから読み始めた漫画なのですが、一話を試し読みしてから、最新刊まで買い揃えるまでが秒速でした。

こんなに可愛い後輩からイジられる八王子センパイが少しだけ羨ましく思えてきます。。

まだまだこれからな作品なので、続編を心待ちにしつつ、アニメ化に関しての嬉しい報告を待つとしましょう!

スポンサーリンク

漫画 / ラノベカテゴリの最新記事