まだ読んでないなら今年中に!いまノーガンズライフが激熱なワケ

まだ読んでないなら今年中に!いまノーガンズライフが激熱なワケ

まだ読んでないなら今年中に!いまノーガンズライフが激熱なワケ

まだ読んでないなら今年中に!いまノーガンズライフが激熱なワケ
  • アニメ見たけど正直微妙だった…
  • アニメで知ったけど、漫画も読んでみようかな

上記の疑問を解決します。

アニメ化までされた「ノーガンズライフ」ですが、漫画を読んだ事が無い人もいるかもしれません。

今回はハードボイルド漫画、ノーガンズライフの紹介をしていきます。

本作はこんな人にオススメ

本作はこんな人にオススメ

本作がどんな人にお勧めなのかというと、

  • 日常系に飽きた人
  • アウトロー漫画以外で面白い作品を探している人
  • シリアスな世界観と設定が好きな人
  • 適度にイラストがオシャレで読みやすい漫画が好きな人

上記のような人にお勧め出来ます。

ほのぼの系マンガに飽きたけど、「ウシジマくん」の様なアウトロー漫画は、なんかちょっと違う…と思っている人にもピッタリ。

”ブレイク・ブレイド”系の雰囲気の漫画が好きなのであれば、ハマるかもしれません。

アニメは評価が高くなかったが…

アニメは評価が高くなかったが…

2019年秋にはアニメ化もされたので見た方もいるかもしれません。

ネット上での評価を見ると、アニメ版はあまり評価が高くない様ですが、原因としては”動かない描写が多かった”からなのかもしれません。

しかし同時に「いいハードボイルドアニメだった」という声も挙がっているようなので、人の好みによる部分が大きいのかも。

昨今ではかなり動きがあるアニメが多いですが、それと比べれば何か物足りないと感じてしまったのかもしれません。

もしかしたら漫画を見ると評価が反転するかも?

アニメを見て微妙だと思った方も、漫画版を読むことで、その評価が反転するかもしれません。

特に、アニメ放送は状況を理解するまで時間がかかったり、尺の関係で飛ばされてしまったエピソードがあったりなど、原作を先に読んでいる方からすれば物足りない印象も。

そんな時は改めて漫画読むことで、アニメ版で定着してしまったイメージを覆すことが出来るかもしれません。

また、アニメ版でキャストのイメージが定着したからこそ、漫画のセリフにキャストの声をアテレコして楽しむことも出来そうです。

『ノーガンズライフ』のあらすじ

『ノーガンズライフ』のあらすじ

身体の一部を機械化し、機能拡張した人間「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が共存する社会。

とあるスラム街で、頭部に巨大なリボルバーを持つ男・乾十三(いぬい じゅうぞう)は、問題を起こした「拡張者」の処理を生業としている。

ある日、十三は誘拐犯として警備局に追われる全身拡張者の男性から子供の保護の依頼を受けるも、ベリューレン社からの追手に保護を依頼された子供を奪われてしまう。

しかし、ベリューレン社から真の依頼人である少年・荒吐鉄朗(あらはばき てつろう)を奪還したため、ベリューレン社と敵対することとなる

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95

全身拡張者の主人公、乾十三(いぬいじゅうぞう)のもとに誘拐犯の男が訪ねてくることから物語が始まります。

「処理屋」を営んでいる十三へ、誘拐犯の男がある依頼を頼んだ事から、スラム街のマフィアや、他の拡張者をも巻き込んだ抗争へ発展。

一見まともに見える人も、どこか狂気を帯びていて、誰が本当に信用できるのか分からないスリリングな展開が魅力です。

スチームパンクやSF、ミリタリーを融合したような世界観が興味をそそります。

あの小島監督も絶賛?

あの小島監督も絶賛?

メタルギアの生みの親である小島秀夫監督も、本作を絶賛しているとの事。

実際にノーガンズライフの魅力を小島監督がインタビュー形式で語った際、次のようにコメントしています。

とにかく絵がメチャクチャうまい。

僕は、世代もあって大友(克洋)さん、士郎(正宗)さん、板橋(しゅうほう)さんなんかが好きなんですけど、その系譜を継いでいるなと思います。

このぐらいの画力でレイアウトもうまい人って、なかなかいないんですよ。

あと、士郎さんや板橋さんは関西出身ですけど、そういう部分の影響も感じます。

https://natalie.mu/comic/pp/nogunslife01

確かに絵が上手いのは素人から見ても間違いないのですが、やはりプロの目から見ても飛びぬけて上手かったようです。

色々メタルギア作品にも影響を受けている部分もあるようで、作中に登場する”レフティー(左手のみの拡張者)”も、メタルギアの影響を受けていると感じることが出来ます。

漫画ノーガンズライフの見どころ

下記では漫画ノーガンズライフの見どころを紹介します。

アニメも漫画もまだ読んでいないという方は、この機会にぜひ読んでみてくださいね。

渋くてワイルドなおじさまが多い

渋くてワイルドなおじさまが多い

若そうなキャラクターも沢山出てきますが、渋くて格好良いおじさまが沢山出てくるのが本作の一つの魅力。

若くて格好いい・可愛いキャラクターも好きだけど、「渋いおじさまキャラの方が好き」という、”おじ専”の需要は確実に満たしてくれます。

その他、片足が吹き飛んで義足拡張した登場人物などには困らないので、ミリタリー好きにもおすすめです。

どこか狂気さを感じる登場人物

どこか狂気さを感じる登場人物

何処か狂気さを感じさせるような、いわゆる”どこかイッてる”登場人物も多く登場。

味方のように見えて、実は目撃者である主人公を始末しようと企んでいたり等、背景が不透明なキャラクターを黒幕と疑ってしまうほど、キャラが立っています。

街の治安を守る勢力も存在しますが、「始末する」というセリフも見られるため、決して温厚とは言えない様です。

「話し合いなんて拳と拳で十分」という人にドストライクです。

ジョジョっぽい色気を感じるイラスト

ジョジョっぽい色気を感じるイラスト

イラストに、少しジョジョの様な色気を感じるのも魅力です。

色気があふれ出るプロポーションを持つ女性や、少し細身のジャンキー少女など、登場する女性キャラクターは全て魅力的。

煙草を咥えると、それだけで絵になるような「セクシーで格好良い」女性が多いので、可愛いイラストから若干離れてみたいという方におすすめです。

あとがき

ノーガンズライフ あとがき

アニメから入った人で「正直微妙…」と感じた方も、漫画版を読んでみるとまた違った評価になるかもしれません。

酒+煙草+リボルバーという、まさにハードボイルドをそのまま持ってきたような作品ですが、どこか懐かしさも感じられるので、好きな人はドツボにハマるかも。

漫画の方はまだまだウルトラジャンプで連載しているので、この際に追ってみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

漫画 / ラノベカテゴリの最新記事