オススメの最新イヤホン・ヘッドホン特集!!

オススメの最新イヤホン・ヘッドホン特集!!

音楽を聴くときイヤホンやヘッドホンを使う事が多いと思いますが、皆さんはなにを使っていますか?

iPhoneの付属品のイヤホンもいいのですが、個人的には自分のこだわりのイヤホンなど探し使う事をオススメします。

実はイヤホン・ヘッドホンは種類やメーカーによってかなり音色が違っていて、物が違えば全然曲のイメージも変わります。自分にピッタリな物を見つければ今までより音楽を楽しめること間違いなしなので、ぜひ自分に合ったイヤホン・ヘッドホンを探してみましょう。

今回は有名メーカーのイヤホン・ヘッドホンをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

ソニー

WF-1000XM3

現在ソニー製イヤホンの一番人気商品です。完全ワイヤレスなので、とってもスマートな見た目になっています。少々お高いです。

CDやMP3などの圧縮音源の高音域を補完し、ハイレゾ相当の高音質を楽しめるDSEE HXを完全ワイヤレスで初搭載したのがこのイヤホンの特徴です。そして、その他にも様々なハイテク機能が満載です。

まず、ノイズキャンセリング機能が入っています。この機能はソニー製ではかなり前から導入しているので割と有名な機能です。外部からの騒音をカットするという機能ですが、この機能をまだ体感したことがない方は結構ビックリすると思います。それほどカットされます。

ただ、ノイズキャンセリング機能は注意が必要です。それは電車で使用すると全くアナウンスが聞こえないので、気付いたら乗り過ごしてた!!みたいな事が多いです笑

イヤホンにタッチセンサーがあり様々な操作が可能です。詳しくは商品ページで確認してください。個人的には誤作動するので、あまり好きになれない機能です笑

WF-1000XM3だけの話ではないのですが、ワイヤレス系は人が多い場所などは通信が悪くなったりするので注意が必要です。最近では多くの人がBluetooth機能を使用しているので、通信が悪くなり接続に問題が起きたりします。もちろんスマホに問題がある場合もあります。そうゆう問題が嫌な方は有線を選びましょう。ゲーム等でラグも少々あったりするので、ラグが気になる人も有線がオススメです。

スポンサードサーチ

WI-C310

こちらもワイヤレスイヤホンです。先ほどの「WF-1000XM3」よりはお値段もお買い得になっています。

完全に個人的な意見ですが、僕は外出用と家用で使い分けています。外出用は基本的に安いやつを使います。雨やゴミや落下とかで、どうしても長持ちしないからです。そして、家では音楽をやることもあり高いやつを愛用しています。なので、外出用のイヤホンとしてこのWI-C310はオススメの価格です。

最大15時間連続再生できるということで、バッテリーの持ちも非常にいいです。首元のボタン操作で、音量なども調整できます。

個人的に嬉しい機能にハンズフリー電話も出来る!!

毎日電話している僕にとってはこの機能はかなりありがたいですね!!

価格もお買い得な金額だと思うので正直これはアリだと思います。

WI-XB400

WI-C310より少し高くなったワイヤレスイヤホンです。

大体は同じ性能ですが、違いとしては「EXTRA BASS」サウンドです。名前の通りXB400は重低音を強化したモデルだそうです。

ソニーと言えば「クリア、高音」のイメージですが、このモデルは低音にスポットを当てています。

C310よりは高いですが、重低音が欲しい方はこちらのモデルがオススメです。

スポンサードサーチ

WH-1000XM3

ワイヤレスヘッドホンでかなり人気のある商品です。型番で分かるとおりWF-1000XM3のヘッドホン版です。性能などは大体一緒でこちらもノイズキャンリング等が付いております。流石に音質はヘッドホンの方がいいので、音質重視ならこちらがオススメです。

地味にカッコいいなと思うポイントは、ヘッドホンの側面のイヤーカップがタッチパネル式になっていて、簡単に操作ができると言うこと。

ヘッドホンなのに音量などの操作が可能なのはいいと思う!!

AVIOT

TE-D01d

続いてはAVIOT製品を紹介します。そもそもAVIOTって知ってましたか?   近年人気が出てきており、日本のメーカーです。このイヤホンは最近割と人気がある商品です。

TE-D01dはソニー製に比べるとそこまでハイテク装備を持っていませんが、単純に高音質でワイヤレスイヤホン特有のBluetoothの接続切れも少なくいいモデルだと思います。連続再生時間は9時間です。

金額も一万を割り本格的なワイヤレスイヤホンを買うことが出来るんで、初めての人などにオススメです。

スポンサードサーチ

TE-BD21f

TE-D01dの上位モデル的なイヤホンです。

AVIOTの持てる力を使って高音質を追求したモデルだそうで、音は圧倒的にクリアです。ですが、低音は弱い印象を受けます。

そして、その結果D01dより連続再生時間は少し減りました。それほどまでに音質にこだわったモデルです。

余談ですが、音質がクリアということは大体高音と中音域が強いイメージですよね。逆に低音重視と言えば、少し音がこもるイメージがあります。抜けが良すぎても低音が犠牲になるのでバランスが大事だし、人の好みでどっちがいいかは変わりますよね。ギターのアンプの設定みたいなもんですね笑

Bose

SoundSport Free wireless headphones

Bose初のワイヤレスイヤホンです。そして、流石のBoseクオリティです。お値段が結構します笑

どうでもいいですが、BoseとBOSSってややこしいよね。たまに読み間違えます。

Beseのワイヤレスイヤホンですが、SONYよりは低音が強く出ているそうです。連続再生時間は少し短い5時間です。ですが、付属のケースに入れると充電ができます。そして、嬉しい機能に汗や雨に強い防水加工ということです。これはうれしいですね。

ユニークな機能としてはイヤホンを無くしたら、専用アプリで探せるらしいです。これは面白い機能です笑

よくSONYが低音弱いとか言われていますが、弱いというよりも他が強いだけだと思います。レコーディングやミックス、マスタリングで使用するモニターフォンはSONY製が一般的なので、SONYがベースになっていることが多いと思います。海外ではオーディオテクニカが多かったりします。

ですので個人的なオススメはSONY製と他社を比較すると面白いと思います。特にBoseは低音が強いモデルが多いので面白いと思いますよ!!

スポンサードサーチ

NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

もの凄い気合いが入ったのか高いです笑商品名で分かる通りノイズキャンセリング機能が付いているワイヤレスヘッドホンです。

タッチセンサー付きのイヤーカップで操作も可能で、音質はもうかなりの高音質です。これでもの足りない人は相当だと思います。

一番のウリにしているノイズキャンセル機能ですが、かなり優秀です。周りの音が聞こえなさすぎて逆に危ないと思うレベルです笑

値段的にかなりお高めの商品なので初ヘッドホンだとハードルが高いと思います。

正直言うとこの金額は出せないかな笑

BOSE FRAMES ALTO

な、なんだと。オ、オーディオサングラスってなんやねん!!

か、画期的過ぎる!!

しかもあのBoseで発売です笑

オレはよくわからないから、詳しくはamazonのページを見て下さい笑

とんでもない時代になったもんです!!

オーディオテクニカ

ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ製のワイヤレスイヤホンです。

低音にこだわったモデルです。ですが先ほども説明した通り、低音が強いと高音が犠牲になって音がこもり気味になりやすいので注意が必要です。良いと思うか悪いと思うかは人の好みに分かれる所だと思います。

フル充電で15時間再生で比較的長いですね。

お値段も丁度良いと思うし、音のバランスが好きならアリだと思います。

もし可能ならば試聴して購入をするのがオススメです。

ATH-C200BT

こちらもワイヤレスイヤホンですが、オーディオテクニカ製でこの価格で買えるのが素晴らしい!!

間違いなくワイヤレスイヤホンコスパ最強モデルですが、実はこのモデルはセミオープン型なんです!!

そう!カナル式が苦手な人にもってこいのモデルなので、苦手は方はぜひ試してみて下さい。

個人的にかなりオススメの商品です。

SHURE

SE215SPE

ちょっとマイナーなかも知れない「SHURE」です。高級のイメージがあると思いますが、割とリーズナブルな商品も多いです。イヤホンというかイヤモニで有名なメーカーです。

このモデル個人的にお気に入りです。まず、クリアブルーがスゴくカッコいいと思うし、オレが大好きな有線であること!!

個人的に、無線より有線派なのですごく気に入っています!!

そして、イヤモニ仕様のデザインもいいですよね。普通のイヤホンと違って独特な付けかたをしますので、嫌な人は多いかもしれません。ですがおしゃれでカッコいいと思うよ!!

まとめ

今回は最新のイヤホンとヘッドホンを紹介しました。最近のモデルだとワイヤレスが多いですね。今流行だと思うし大変便利なのでいいと思います!

満員電車などや人混みが多いと混線して、接続が上手くいかなかったりしますが普通に聞く場合はそんなことは少ないと思います。多少はありますが、それも仕様と思いましょう笑

レビューなどでも接続問題で低評価が目立ったりしていますが、そんな人達に一言言わせてくれ。

だったら有線を使おうぜ!!!!!!

スポンサーリンク

周辺機器カテゴリの最新記事