モンハン:アイスボーンのアップデートが11月7日 AM9時~配信

  • 2019.10.24 最終更新日:2019.10.24
  • ゲーム
モンハン:アイスボーンのアップデートが11月7日 AM9時~配信

スポンサードサーチ

【アップデート Ver11.50】が11月7日 AM9時~配信決定

カプコンは、PS4で絶賛稼動中の『モンスターハンターワールド:アイスボーン』について、11月7日のAM9時より【タイトルアップデート Ver11.50】を配信すると発表。

今回のアップデートにより、報告が上がっていたプレイヤー周りの不具合の改善や、ゲームの動作環境の改善が期待できるとのことです。

アップデート内容はこちら

『モンスターハンター:アイスボーン公式サイト』上で発表された内容を下記にまとめました。

アイスボーン イメージ

◆ガンランスの竜杭弾を装填していない状態で、踏み込み突き上げで壁を駆け上がってもジャンプリロード叩きつけに変化しない不具合を、修正します。

◆転身の装衣を着た状態でチャージアックスの斧モード、高出力属性解放斬りの動作終盤に、転身の装衣による回避が発生し攻撃動作派生をすると不自然な武器表示になる不具合を、修正します。

◆モンスターに乗っている状態でクロー張り付きへ移行した際に、クロー攻撃が機能していない状況がありましたので、機能するように修正します。

◆イヴェルカーナの視線(首振り)がプレイヤーに向かない不具合を修正します。

◆クラッチ中にプレイヤーが地面に埋まると、クラッチクローの機関竜弾の攻撃判定が消失する不具合を、消失しないように修正します。

◆クラッチクローによりモンスターに張り付く際の、張り付く場所の優先を調整し、クラッチクローを当てた場所に張り付きやすくなるように修正します。

◆イヴェルカーナの氷霧で、プレイヤーのスライディングがホスト側でしか発動していない不具合を、ゲスト側でも発動するように修正します。

◆狩猟笛において、響音攻撃から直接ストックされた旋律を演奏できない不具合を、演奏できるように修正します。

◆ハンマーにおいて、クラッチクローによりモンスターに張り付いた直後に、未操作にも関わらずスリンガーが全弾発射されることがある不具合を修正します。

http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/world-iceborne/topics/notice/191024.html

小さなバグや不具合の調整などが、今回のアップデートの内容みたいです。

プレイヤーから寄せられていた不具合を、今回のアップデートで修正したと発表がありました。

いくつかの不具合は、youtubeのプレイ動画などのコメント等にも挙がっていたような気がしますね。

ゲームプレイの改善がメイン

主に今回のアップデートでは『プレイ周りに関する調整』がメインの様です。

新モンスターの追加は先日のタイトルアップデートで行われたばかり。

大いに盛り上がる結果となっていますが、今回のゲームプレイ周りの改善により、

11月24日に予定されている「狩王決定戦 東日本大会」は、本アップデートが適応された状態での開催となります。

スポンサードサーチ

前回アップデートでは『ラージャン』が追加

アイスボーン・ラージャン

前回10月10日に配信されたのアップデートである【Ver11.00 / Ver11.01】では、

シリーズお馴染みのモンスターである『ラージャン』の追加や、マップ『導きの地』の調整が行われました。

特にラージャンの追加は、歴代シリーズファンも驚愕の内容だったのでは。

現在シリーズ稼ぎ頭であるタイトルに追加されることは前々から期待されていましたが、ここに来てようやく…と言ったところ。

最新のタイトルアップデートに新モンスターの追加はありませんが、ゲームバランスが改善されたりするのは地味に嬉しいですね!

あとがき

前回のタイトルアップデートに驚かされたので、どちらかと言えば今回は地味な印象を受けます。

しかしプレイ周りの改善は無くてはならないものなので、頻繁に改善してくれるのはありがたいですね!

タイトルアップデートは定期的に行われているので、次回のアップデートにも期待です。

スポンサーリンク

ゲームカテゴリの最新記事