【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

意外と知らない?PS4からBluetoothで音声出力させる方法

  • 2019.10.27 最終更新日:2020.09.14
  • Lifehack
意外と知らない?PS4からBluetoothで音声出力させる方法

PS4からBluetoothで音声出力させる方法

意外と知らない?PS4からBluetoothで音声出力させる方法

知ってはいるものの、余りPS4でbluetooth接続を積極的に試している方は少ないのでは?

わざわざ機能として設備されているので、これを使えば少しはゲームライフが快適になるかも…

と感じたので、PS4からBluetoothで音声出力させる方法を調べてみました。

PS4はbluetooth接続に対応はしている

因みに先述しましたが、PS4にはbluetooth接続が標準で備わっています。

よく考えれば、PS4のワイヤレスコントローラーもBluetoothで接続されているので当たり前ですね。

本体側でbluetoothをサポートしているため、理論上はbluetooth対応機器であれば全て接続することが可能です。

ただし、音声出力には対応していない

意外と盲点なのですが、PS4ではBluetoothでの音声出力には対応していません。

例え外部の音声スピーカーをペアリングできたとしても、音声出力できないのでそのままでは使う事が出来ないのです。

これを解決するには、音声を発信する”トランスミッター”というものが必要になってきます。

また、PS4と接続できるものは「入力デバイス」に限られている事を頭に入れて置きましょう。

bluetoothオーディオに音声接続する場合はトランスミッターを使う

bluetoothオーディオに音声接続する場合はトランスミッターを使う

PS4からお手持ちのbluetooth対応オーディオに出力するためには”トランスミッター”が必要です。

現在、ある程度の需要があるのか、各メーカーから様々なトランスミッターが出ているようです。

例えば、ゲームをする人なら聞いたことがあるCREATIVEというメーカーからは、CREATIVE:BT-W2というトランスミッターが発売されています。

この『CREATIVE:BT-W2』はワイヤレスヘッドセットに対応しているため、Bluetoothイヤホンにマイクが付いているものであれば、そのままヘッドセットとして使用可能。

また遅延と音質の劣化が極端に少ない『aptX LL』に対応しているタイプのオーディオであれば、ほぼ無遅延で楽しむ事が出来ます。

イヤホンやヘッドホンなどを有線から無線に変更すると、コードの煩わしさから解放されて、いつもよりプレイが快適になるかもしれませんね。

BT-W2の使い方・設定方法

BT-W2の設定と接続の方法を簡単に記載してみました。

  • PS4本体のUSB端子にBT-W2を差し込む。
  • Bluetooth接続したい機器をペアリングモードにする。
  • BT-W2のボタンを長押ししてペアリングモードにする。
  • 数秒待つと、BT-W2とのペアリングモードが完了。

次回からPS4の電源を入れれば、自動でペアリングされるようになります。

またBluetooth機能が無いPCにBT-W2を繋いでも、簡単にBluetooth化できるので便利です。

USB端子が付いている機器とは汎用性が高いので、一台持っておくと良いです。

PS4対応のトランスミッター3選

ワイヤレスイヤホンと組み合わせたいトランスミッター

上記以外でも、様々なメーカーからトランスミッターが発売されています。

その中でもかなり評価が高い製品を三つピックアップしておいたので、上記以外の製品を探すなら、下記も候補として考えてみては如何でしょうか?

REIYIN WT-04

こちらもPS4対応のトランスミッターとしてはそれなりに評価が高い製品。

低遅延をウリにしていて、且つ取り回しも簡単なので、コスパを求める人に良く買われている様です。

ただし、REIYINという会社は僕も知らなかったので、ネームバリューで安心したい方は知っている会社の製品を買うと良いと思います。

1Mii オーディオ bluetooth usb

1Miiというメーカーが発売しているトランスミッターになります。
この会社も聞いたことはなかったのですが、レビューを見ると評価がかなり高いです。

動作確認が取れているレビューが多い事から、こちらを購入するのも良いかもしれませんね。

見た目はBT-W2とそっくりでスタイリッシュですよね。

GuliKit Route Air Pro

Switchも持っているという方にはこっちの「Route Air Pro」もおすすめ。

低遅延は勿論、二つのワイヤレスイヤホンを同時に接続でき、マイクが付いているのでこれ単体でボイスチャットも出来るという点が優れています。

普段、PS4とSwitchを両方遊んでいて、且つ外でも楽しみたい…というのであれば、こちらの製品が良いかもしれません。

USBバスパワー方式なので、充電が必要ないのもうれしいですね。

PS4の動作をもっと快適にするには?

動作をもっと快適にするには?

この記事を読んでいる方の殆どは、既にPS4やSwitchの様なゲーム機をお持ちの方が殆どだと思いますが、たまに動作が重くなったりホームで固まってしまったという経験をした人は多いのでは?

実はPS4はスリムでもProでもHDDを採用しているので、読み込みで動作が遅くなる事は結構あるみたいなんです。

それを解決するためにはSSDに換装する必要があるのですが、一度本体の蓋を掛けると保証が聴かなくなったりするので困りますよね。。

そんな時は本体に接続して使えるSSDが便利。

PS4スリムとProの違いを説明している記事の下部に、軽く説明している部分があるので、そちらも参考にしてみて下さいね。

あとがき

PS4と接続できるモノは意外とある

今回はPS4からBluetoothで音声出力させる方法を記載してみました。

トランスミッターを挟むことで、お手持ちのヘッドホン等をワイヤレスで接続することが出来る様になるのは便利ですよね。

知っている方もいたとは思いますが、身近に知らない方がいたのなら、是非この記事を教えてあげてくださいね!