アニメ慎重勇者2話の内容と感想!病気なだけで良い人ではないww

アニメ慎重勇者2話の内容と感想!病気なだけで良い人ではないww
慎重勇者2話 サムネイル

スポンサードサーチ

前後の記事はこちらから

【 慎重勇者1話のあらすじと内容 】

慎重勇者2話のあらすじ

慎重勇者2話の内容についてまとめていきます。
ほぼネタバレなので、まだ見ていない方は注意してください。

退却を優先

ケオス・マキナから逃げるところから2話が始まります。

今のところ戦力差は歴然、とりあえず逃げることを優先する様です。

逃げを優先する勇者たち
逃げを優先する勇者たち2
逃げを優先する勇者たち3
リスタルテ間一髪
取り逃がしたケオス・マキナ
町民の処刑開始

リスタルテに神界の門を開くように良いますが、ケオス・マキナの攻撃が当たりそうに。

咄嗟の判断で持っていたカバンを投げ出し、躓いたリスタルテがセイヤにもたれ掛る形でゲートに逃げこむセイヤ達。

スポンサードサーチ

再び神界、そして筋トレ…

神界に戻ってきたセイヤはゲアブランデとの時間差を利用し、その間に筋トレを再開することに。

しかしゲアブランデではケオス・マキナが街を襲撃し、セイヤが現れるまで10分に一人ずつ処刑していくと宣言します。

新界の水晶を通して様子をみていたリスタルテは一刻も早くゲアブランデに戻る事を提案します。

意気地なし、最低最悪の勇者?

セイヤはリスタルテの忠告を退け、準備が整っていないことを理由に筋トレを続けることにしました。

その様子を見たリスタルテはセイヤに「怖いのは分かるけど…」と言葉を掛けます。

セイヤが動かなければ町の人たちはケオス・マキナに処刑されてしまうからです。

しかしそれでもセイヤはまだ筋トレを続けると、リスタルテの進言を聞きません。

そこに、町で押し花をくれたニーナとニーナの父親の処刑も決まってしまいました。

押し花のことを呪いのアイテムだと言い放つセイヤに、リスタルテは幻滅。

「あんたは最低で最悪の勇者よ!」と言い、部屋を飛び出そうとしたリスタルテに対して、セイヤは口を開きます。

スポンサードサーチ

「俺が死ねば町が滅び、やがてあの世界そのものが滅ぶ」

実は既にトレーニングは終了しており、死なないために入念に準備を重ねていたという事らしいです。

短期間でケオス・マキナをしのぐほどの能力を手に入れたセイヤは、再びゲアブランデに帰還します。

一方その頃町では痺れを切らしたケオス・マキナが処刑時間を5分に短縮し、ニーナの父親を処刑しようとしていました。

剣が振り下ろされようとしたその時、衝撃波がケオス・マキナを襲います。

無事間に合ったセイヤ達は、ニーナとニーナの父親に遠くに逃げるように指示します。

ヒーローは遅れて登場する…という王道のパターンの様ですね。

一刻振りのケオス・マキナ

再びセイヤと対峙したケオス・マキナでしたが、一刻前の能力値を越えているセイヤに疑問を抱きます。

リスタルテは降参することを促しますが、実はケオス・マキナも慎重派だったようです。

ケオス・マキナも奥の手と称し、ちょっとだけ本気を出すことにしたようで、早くもセイヤの能力を上回ります。

一気に形勢が逆転したセイヤとケオス・マキナ。

一体どうなってしまうのか?

スポンサードサーチ

真の姿vs真の能力

しかしそのケオス・マキナの動きに対しても対処できているセイヤ。

面倒くさくなったケオス・マキナが、更に奥の手として『デモニック・カースド』を発動。

自身の腹部を剣で貫き、その中からケオス・マキナの真の姿が現れます。

ケオス・マキナの真の正体であるグレイター・デーモンは難度Dクラス世界の魔王を越えているステータスでした。

圧倒的な能力値の差の前に、セイヤ達は成す術もなく退場してしまうのでしょうか?

しかし片手で軽々とグレイター・デーモンの攻撃を受け止めてしまうセイヤに、リスタルテは「フェイク」の可能性を疑います。

推測は当たっていたようで、実は最初のトレーニングの段階でフェイクのスキルを習得し、

その時すでにケオス・マキナを上回る能力値だという事を隠していたようです。

グレイターデーモンは強い上に慎重でしたが、今回は相手が悪かったようです。

上級スキルどころか能力値まで念を入れて隠していたセイヤの前に、一撃でやられてしまいました(笑)

再・念には念を

ケオス・マキナを倒したことでセイヤ達は街の英雄に。

町長からおもてなしの祭りを提案されますが、まだやる事があるとしてグレイターデーモンの消し炭を集め出します。

そして集まったケオス・マキナの消し炭に対してヘルズファイアと、奥義であるマキシマム・インフェルノを連発します。

街を一つ丸々消し炭にしたことで、町長から出ていってくれと言われてしまいます。

スポンサードサーチ

「Q.病気だけど良い人?」→「A.病気なだけで良い人じゃない」

街を出たところで、追ってきたニーナとニーナの父親から報酬を渡されます。

半分強盗の様な形になってしまいましたが、ニーナとその父親は心の底から感謝しているようです。

ニーナから「病気だけど良い人だよ!」と言われますが、リスタルテは「病気なだけで良い人ではないわ」とニーナを諭します(笑)

ただ、懐に忍ばせていた”ニーナから貰った押し”をまだ持っている事に対して、リスタルテは「案外いいところもある」と思うのでした。

こうして次の街に行くことになったセイヤ達ですが、さらなる能力値の向上を目指して一旦神界に戻る所で2話は終了、3話に続きます

「慎重勇者」2話海外の反応

慎重勇者2話の海外の反応をまとめてみました。

redditの反応.1

めぐみんにライバルが現れたな!
聖哉・ザ・マッドラッドがマキシマムインフェルノを連発。街に多大なダメージを与える。

redditの反応.2

リスタは確かにナイーブ(甘ちゃん)だけど、少なくとも責任感がある。(バーで酔っ払うかくし芸の神と比べて)
聖哉のめちゃくちゃ慎重な性格も予想外のシナリオを作る助けになってるね。
人を信用しないし恩着せがましい。救うべき人々に良く思われたいとも思っていないようだ。


>>redditの反応.2

聖哉の態度は召喚される勇者のお約束のパロディだ。
人を信用しやすく、控えめで、みんなに友好的。
同じことがリスタにも言える。
賢く、落ち着いていて、慎重に計画を立てるお約束な女神の正反対だね。

redditの反応.3

アニメミームは新たなマスコットを得た。
アクア教がリスタルテ教に入れ替わる。
アクアとリスタルテが異世界カルテットで会うところが死ぬほど見たい。

redditの反応.4

ちょっとばかりダークな始まりだったけど、やっぱり愉快なリスタルテが最高の嫁。
あの灰を外に持って行ってから焼却すれば店も無事だったのにと思ったけど、
そうすると復活の時間を与えてしまうことになるのか。

redditの反応.5

すぐに飽きてしまうんじゃないかと心配してたけど、今回も前回同様面白かった。
一方で戦闘自体はかなりシリアスだったな。

慎重勇者2話の感想

1話と比べるとシリアスな内容だったと思います。

特に村人の処刑という展開や、戦闘シーン等はシリアスな内容そのもの。

一方でシリアス寄りに行き過ぎない様に、後半できっちりコメディーに寄せてバランスを取っている所も良い点だったのではないでしょうか?

あとがき

今回も慎重勇者の2話についてあらすじと感想を記載してみました。

スッキリとした締め方だったので、早くも3話以降が楽しみになってきました!

次回もなる早で更新していきます。

スポンサーリンク

まとめカテゴリの最新記事