【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

去年のクリスマスイブにオレがヤッた事を赤裸々に語る【運命を信じて】

  • 2019.12.16 最終更新日:2019.12.16
  • 未分類
去年のクリスマスイブにオレがヤッた事を赤裸々に語る【運命を信じて】

どうも雨宮です。

もうすぐクリスマス。

今年も自分なりに過ごし方を決めていますが、毎年同じような感じで過ごしているぞ。

ということで、オレが毎年どうクリスマスが赤裸々に語る。

とりあえず、イブは有給を取得する

土日のイブならまだいいが、平日だとオレは有給を使う。

そりゃあ、聖夜のビッグイベントなんだから、当然だな。

聖夜に仕事はオレにとってナンセンスだ。

でも、特に予定がない

有給を申請したが良いけど、別に予定がない。

でも、毎年「今年のクリスマスは可愛い女の子と!」みたいな感じに願っている。

もし仕事をしていたら、女の子とのチャンスがなくなる。完全0ということだ。

0からはなにも生まれない。オレはそんな事もわからない愚かな人間ではない。

だから、予定がなくても予定が入る前提で有給を使うのさ。

それが男だろう?

女の子とクリスマスを過ごす為に

ステップ1 とりあえず、ラインに登録している全員の女の子にラインしてみる

※画像はイメージです

大体スルーもしくは、「あっ、ごめん予定が……」と言われる。

予定とか言って、それ完全にヤる宣言だからなといつも思う。

まぁ、そんなもんだよな。

ステップ2 とりあえずキャバ嬢でもいいから連絡してみる

※画像はイメージです

大体「サンタコスで待ってるね♪」と返ってくる。

要は店に来いというものだ。

まぁ、そんなもんだよな。

ステップ3 出会い系に頼る

※画像はイメージです

画像を見て、「よし!この子と聖なる夜を過ごしたい!」と思って下心全開で5人くらいにメールしてみる。

最初は「私もさみしいです!!」とか言ってきてテンションが上がるが、しばらくすると100%「じゃあ、ホ別2ゴあり」とか呪文を唱えてくる。

もうそれでもいいかなと思いつつ、 そうゆうのはお断りをする。

オレは大人だからな。

ステップ4 イブに出会える事に全てをかける

※画像はイメージです

イブに運命の出会いとかしちゃったりして、聖夜を楽しめばいいじゃんと考える。

なので、とりあえずイブの日にディスティニーが起こることを期待する。

好きな女の子(富田美憂)のツイッターをチェックする

好きな女性のツイッターをチェック(監視)するよな。

これはなんのためにしているかというと、聖なる夜に聖なる儀式を行っていないかを監視するためだ。

もし、イブに長く呟いていなかったら注意が必要だ。

儀式を行っているのかもしれない。

好きな女の子(富田美憂)画像を集める

なんかそのままの勢いで好きな女の子の画像集めちゃうよね。

そして、待ち受けにするよね。

ケンタッキーとケーキとワインでディナーする(一人で)

※画像はイメージです

出来る男はキチンと「予約」をするもんだ。

もちろん、クリスマスイブに有給も取ってるんし、ケンタとケーキはオレはちゃんと予約をする。ケーキは表参道、ワインは少し高めの5000円くらいでチョイスをする。オレは大人だからな。

でも一緒に食べる人いないから一人で食べる。

ちょっと量が多いので2日に分けてオレは食べる派だけど、みんなはどうかな?

無駄にドンキでサンタコスを買う

※画像はイメージです

別に予定はないが、聖なる夜を完璧に過ごす為に、サンタコスを購入しておく。

ミニスカタイプだ。

だが、別に着させる相手がいないんだがな。

出会いを求めて、映画館に訪れる(一人で)

※画像はイメージです

クリスマスの定番と言ったら、やっぱ「映画館」だ。

オレは全く映画に興味がないので、クリスマスの日しか行かないが、この日はちゃんと映画館に行くぞ。

もちろん、一人だけどな。

運命の出会いがあることを祈って行くんだ。

結局前後左右のカップルに挟まれながら、ポップコーンを食べることになるのだけどな。

ポップコーンはキャラメル味

わざわざ見出しにした位重要だからいうけど、オレはポップコーンはキャラメル味派だからな。

それだけ。

BARに行く

※画像はイメージです

これは出会いの鉄板「バー」だ。

イブに一人でくる女性は大体持ち帰りOKだから、最高の場所だ。

だからオレは毎年バーに行くね。

一人女性客が来ない

※画像はイメージです

オレの行くバーが悪いのかそもそも女性客が来ない。

カウンターにおっさんが6人くらいで占領するハメになる。そしてこのカウンターのおっさん共の考えることはみんな「女の子をお持ち帰りしたい」と思っている。

だが冷静になってくれ。カウンターを全ておっさんで占領したら、もう女の子が入る場所がないのだ。

そう、この状況はたださみしいおっさんが酒飲んでるだけの場所となるんだ。

最終的におっさん達で大盛り上がりする

なぜかバーにいるおっさんと仲良くなって大盛りあがりします。

ものスゴい楽しい時間だが、オレはふと思う。

「アレ?イブにバーに来たんだっけ?」と。

最終章 風に吹かれて

風に吹かれるまま、風に入ります。

まぁ、この文章で察してくれよ。

そうゆうことだ。

今年の予定?

こんな感じで去年のクリスマスはエンジョイしたぞ。

今年の予定?

オレはまだないぞ。

だが、今年こそは女の子と聖夜の夜を過ごす予定だけどな!!

予定だけどな。

未分類カテゴリの最新記事