【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

羽毛布団はコインランドリーで洗濯しても良いのか?という疑問

  • 2019.12.18 最終更新日:2020.05.08
  • Lifehack
羽毛布団はコインランドリーで洗濯しても良いのか?という疑問

羽毛布団はコインランドリーで洗濯しても良いのか?

羽毛布団はコインランドリーで洗濯できるという事実をご存知だろうか

羽毛布団はコインランドリーで洗濯できるということを知っていましたか?

youtubeで調べていたら、実際にコインランドリーで羽毛布団を洗濯していたプロの方が居たのでご紹介します。

筆者も羽毛布団を購入してから早3年、天日干しは定期的にしていましたが、そろそろ臭いが気になってくる頃。

「羽毛布団をコインランドリーで洗いたい」と思っている方は、下記で紹介する動画を参考にしつつ、挑戦してみては如何でしょうか?

コインランドリーで洗えば安上がり

意外と「自分で羽毛布団を洗ってはいけない」と思っている人も多いのでは。

もし本当にコインランドリーで洗えるなら、業者に頼まなくていい分、相当安上がりになると思いませんか?

価格も”洗濯から乾燥までで、約2000円以内”で済んでしまう様です。

但し、コインランドリーに持ち込んで洗濯する場合は「自己責任」となってくるのでご注意を。

何年も使っている羽毛布団なら、思い切って持ち込んでみてもいいかもしれませんね。

プロの洗濯屋?の人が動画投稿してくれていた

プロの洗濯屋?の人が動画投稿してくれていた

因みにyoutubeでは、クリーニング業界の方と思われる方が指南してくれています。

素人から教えて貰うより、プロから指南して貰った方が安心できますよね。

肝心の羽毛布団の洗濯指南動画はこちらです。

流石にプロなだけあって、シンプルで簡潔にわかりやすく説明してくれています。

普段から羽毛布団のクリーニングも手掛けているような印象で、だいぶ手馴れているのがさらに安心できます。

有れば仕上がりが変わるアイテム

因みに動画の途中で「テニスボール」を二つほど入れていましたが、入れると仕上がりが変わってくるようです。

具体的にどういうことかというと、テニスボールが乾燥機の中で跳ねることにより羽毛布団を叩き、乾燥を促してくれる様です。

何個入れても大丈夫なようですが、入れすぎるとそれはそれで大変な気がするので、最大4つ程度にしておいた方が良さそうですw

注意したいのは、テニスボールを入れて一緒に乾燥させられるのは「綿・ポリエステル」のどちらかのみ。

シルクやレーヨンの素材の中に入れると発火する危険があるため、乾燥前にラベルを調べるようにしましょう。

出来ることなら毎シーズンやりたい

出来ることなら毎シーズンやりたい

これだけ簡単なら、臭いが気になってきたら…といわず、季節の変わり目には行いたいところです。

特に羽毛布団に限っては中々洗濯しないという方も意外と割合が多いらしいので、天日干しのみだった方は即持ち込んでみるのも良いですね。

郊外であれば比較的すいているコインランドリーに持ち込むことが出来ますが、都会ではどこも混んでいるため、休みの前日を利用して深夜に持ち込むのもアリかもしれません。

汗やホコリで結構汚れている

よく考えてみれば普通ですが、羽毛布団だって肌に直接触れることが多いので、汗やホコリなどで汚れています。

数年洗濯していない羽毛布団の中は、ダニや死骸や糞がわんさかあるかもしれません。。

アレルギーの原因となってしまわない為にも、定期的に洗濯をしたいものです。

因みに布団クリーナーのレイコップ等を組み合わせてみるのもいいと思われます。

打ち直しが必要な場合は業者へ

打ち直しが必要な場合は業者へ

ただどうしても羽毛布団を長年使っていると、生地面だけではない問題が出てくることも。

要は羽毛がフワフワしない状態になってくると保湿や保温能力が下がってしまうので、高級羽毛布団を長く使用したい場合は業者に打ち直しをお願いしましょう。

打ち直しとは、一度羽毛布団を解体して中の羽毛を取り出し、特殊な機械に入れて羽毛の本来の機能を回復させ、再度新しく仕立てた記事の中に詰めていく作業です。

基本的には、購入時の価格が高くてダウンの質がよく、購入してから10年を目処に一度は打ち直しをした方が良いとのこと。

買い直した方が安い場合もあるらしいので、検討する前には良く調べるようにしましょう。

あとがき

羽毛布団はコインランドリーで洗濯できるという事実をご存知だろうか あとがき

今回はコインランドリーで羽毛布団を洗濯する方法を紹介してみました。

「羽毛布団は洗濯してはいけない」と思っている方は意外と多いようでしたが、むしろ洗濯したほうが良いとのことでした。

長年洗ってない羽毛布団は、汗や染み・ダニや死骸などで汚れているので、臭いが気になったなら

すぐにでもコインランドリーに持ちこみ、気持ちよく新年を迎える準備をしたいですね!

Lifehackカテゴリの最新記事