【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

リモートで月10万稼げる様になると都会に住むメリットが薄く感じる

リモートで月10万稼げる様になると都会に住むメリットが薄く感じる

リモートで月10万稼げる様になると都会に住むメリットが薄く感じる

リモートで月10万稼げる様になると都会に住むメリットが薄く感じる

今回はUターン、あるいはIターンを考えている人向けの記事です。

田舎と都会、どちらも10年以上住んだ中で思ってきた事ですが、

リモートで月10万近く稼げるようになれば都会で暮らすメリットは薄いのかなと感じています。

その理由を個人的な意見と経験を交えて記載してみました。

リモートとは?

因みにリモートとは「リモートワーク」の事で、要は自宅に居ながら仕事をしていいよという働き方です。

最近は、楽天やYahooJapanなどでもこういった働き方を取り入れているようで、実際に僕が働いていた時もリモートで仕事をしている方は結構いました。

元は育児と並行して仕事がしたい方向けの働き方でしたが、現在は色々なコストダウンの意味も含め、割と採用する企業は増えてきていると言われています。

一歩も外に出ないで稼ぐことは可能

一歩も外に出ないで稼ぐことは可能

リモートワークの中でも「フルリモート」と言われている働き方を選べば、自宅から一歩も出ずに稼ぐことが可能です。

ライティングやプログラマー等、様々な業種がありますが、基本的にはPCを使った仕事が多いので、ある程度PCが使えたり、自分で問題解決できるスキルが備わっている人向けの働き方にはなります。

とは言え、一歩も自宅から出ないでお金を稼ぐことが出来るのは魅力的ですね。

実はそれほどスキルは要らなかったりする

在宅企業マンとして働く場合は高いスキルが必須ですが、企業に属していない”フリーランス”的な働き方を望むなら、それほど高いスキルは必要ないと思います。

特にライティングなどは「やりながら覚える」という側面も併せ持っているため、最初から出来なくても、徐々にスキルを身に付けていけばいいです。

都会は貰える手取りは大きいけど物価も高い

都会は貰える手取りは大きいけど物価も高い

因みに都会で働いて住んでいると、貰える手取りは多いけど、物価も高いので出費も多くなりがちです。

僕も都内企業に勤めていた時は毎月35万前後は貰っていましたが、交友関係や家賃に大半が持って行かれるため、毎月手元には数万円しか残りませんでした。

節約もそれほど気にはしていませんでしたが、常に「もっと毎月自由に使えるお金増えないかなぁ」と常に思っていました。

都会のメリットと地方のメリット、どちらを選ぶ?

都会には都会のメリット、地方には地方のメリットがありますが、どちらを選ぶかはその人次第かなとは思います。

都会のメリットとしては

  • 給料が高い
  • 仕事が沢山ある
  • 人脈を作りやすい
  • モノが手に入りやすい
  • 人にあまり干渉してこないので自分の時間が持てる

等が挙げられます。

一方、地方に住むメリットとしては

  • 物価が安い
  • 比較的治安が良い
  • 食べものが美味しい
  • 都会に比べて縛りが少ない(或いは緩い)
  • 近所同士の交流や助け合いがある

というメリットがあります。

正解はありませんが、生活スタイルや価値観を振り返り「自分がどちらに向いているのか?」という部分を考えてみるといいかもしれません。

実家があるなら戻るのも一つの手

都会は地方出身者が多く集まっているので、地元に自宅があるという方も多いはず。

それならば実家に戻るという選択肢も生まれそうです。

勿論、家族との関係性が良好ならば…という話はなりますが、実家に住むなら都会で一人暮らしするよりは生活費が抑えられます。

加えて食べるものに余り心配が要らなくなるというメリットもあるため、独身であれば戻という選択肢もアリなのでは。

リモートしながら地方に住むと、収入と支出の比率が変わる

リモートしながら地方に住むと、収入と支出の比率が変わる

都会に住んでいた時は「どうにかして都会の給料水準の給料を稼いで安いところに住めないか」と考えていたのですが

現在、実際にリモートワークしながら地方に住んでいると、「収入と支出の比率が変わる」ということに気が付きました。

地方に住んでいると物価が安い事が多いため、ある程度都会で一人暮らし出来る金額を稼げるようになると、ハッキリとわかるくらい自由に使えるお金が増えました。

都会は何かと支出が多い

会社から交通費が満額支給されない場合は、出社するのにも交通費が掛りますし、それ以外にもコンビニなどが多数あるため、気が付かないうちに無駄な出費を払っていることも多かったです。

一方、地方にリモートワークをしながら住む様になると、無駄な出費はしませんし、固定費も都会暮らしの時より1/3程度になるので、収入は下がりましたが、自由に使えるお金は増えました。

まさに「収入と支出の割合が変わった」ということを実感したため、現状ではあまり都会に戻るメリットを感じていないのが現在の僕です。

リモートワークで稼ぐのはそれほど難しくない

リモートワークで稼ぐのはそれほど難しくない

僕の場合を例に出すと、20代後半から副業でライティングのノウハウを学びつつ、現在はライティングとブログ運営で生計を立ながら、地元にUターンして生活しています。

”リモートワークで稼ぐ”というのは、ハードルが高そうには思えますが、実はそれほど難しい事ではありません。

全くPCを使用した業務を経験してきていないのであれば、多少はハードルは高いですが、文章を作成するライティング等の仕事を探すのは比較的簡単です。

タイピングを練習すれば、未経験者でも月5万円は割とすぐに稼ぐことが出来ます。

ノウハウを学びながらお金がもらえるということで、単価は安いですが、将来的にweb関係で仕事をするなら、今から学ぶことに越したことはない気がします。

まだまだAIに全てを任せるのは不可能

文章を書く仕事は、AIに取って代われると言われることが多いですが、「今すぐ取って代われることは無い」と思います。

理由としては、Googleが無料で提供している「Google Cloud プラットフォーム」というサービスを使って「AIに文章を書いてもらう」プログラムを組んだところ、

”まだ自然な文章を構築することは不可能”ということが分かったからです。

いずれは取って代わられる仕事なのかもしれませんが、その時までに”扱う側”に回っていれば良い訳なので、リモートワークに代表される、ライティングの初期ノウハウを習得しておくことに越したことはないと思っています。

月10万稼げれば何とかなる

月10万稼げれば何とかなる

地方に住んでいて思ったのですが、とりあえず人生をやり直したり、暫く地方に引っ込んで準備するのであれば、”月10万”稼げれば十分なんとかなると思っています。

月10万もあれば、実家に生活費を半分入れたとしても手元に5万円は残ります。
この5万円を毎月自己投資に充てたり、次の新生活のために積み立てていったり、ブログで生計を立てるなどに当てても良い訳です。

中にはもっと必要なケースも出てくると思いますが、とりあえず自身で何か次の目標に向けて準備するのであれば、「月10万円」という数字を目標にすればいいと思います。

最大のメリットは「自分のペース」で仕事が出来る

リモートで働く最大のメリットは「自分のペースで仕事が出来る」ということ。

僕の実家は祖父・祖母がデイサービスに通っており、両親が共働きで兄弟も会社に勤めています。

自宅に誰も居ない時間が多くなるのですが、家事と人の対応さえすれば自分のペースで仕事が出来るため、余裕があるときは一週間分の仕事を終わらせることも可能です。

働くペースを自分で決められるので、「毎日決められた時間に出社する」という拘束時間がも無いので、会社員時代よりストレスもありません。

「 心身ともに直近10年で一番いい」言いきれるほど、現在充実していると感じています。

最大のデメリットは職歴に書けない事

最大のデメリットは職歴に書けない事

逆に、最大のデメリットは「職歴に掛けないこと」でしょうか。

ライティングスキルやブログ運営の経験を必要としている企業になら強みになりますが、そういう企業に就職するわけで無いなら「この期間何をやっていたの?」と理解されない事の方が多いかもしれません。

ましてや地方だと、まだ「web関係の仕事とは無縁」という風潮があるため、今までやってきたことが評価されにくいかもしれません。

地方でも「自社ホームページを上位表示させたい」という企業も出てきましたが、やはりまだ個人で仕事を取ってくるのは厳しいかもしれません。

実績を作らないとサラリーマンに戻るのは難しい

実績を作らなければ、ノウハウを活かして社会人に戻ることは厳しいです。

その場合は、何としても実績を作るという作業が必要になってきます。

”人柄採用”する企業もありますが、大前提、会社にとってプラスになる人材を囲う事が企業側のメリットなので、そこにマッチする実績を作る必要が出てきます。

ただリモートという仕事の特性上、地方に住みながら都会の企業とも契約できる為、地元にUターン就職を狙う訳でなければそのまま都会企業との契約をキープし続けるのもアリ。

そのツテで色んな仕事が回ってくるようになることもあるかもしれません。

自分の人生は自分で決めよう

自分の人生は自分で決めよう

リモートワークで完全に生計を立てることは容易ではありませんが、「腹を括る」と大成長できるチャンスが増えてきます。

僕の場合だと、ブログを運営していると知識外のイレギュラーが良く起こります。

そのままではいけないので、”どんな手段を使っても解決しよう”と手を尽くすことになり、結果としてそれが人を大きく成長させることに繋がります。

中にはどうしようもない事も多々おきるのですが、それを楽しめるようになると一気に世界が拓けてくる感覚を味わえます。

「自分のケツは自分で拭く」と腹を括っている人なら、リモートに挑戦してみると新しいステージに到達できるかもしれませんよ。