結局何が出来るの?スマートウォッチが本当に必要か考えてみた

  • 2019.12.04 最終更新日:2019.12.04
  • まとめ
結局何が出来るの?スマートウォッチが本当に必要か考えてみた

結局何が出来るの?スマートウォッチが本当に必要か考えてみた

結局何が出来るの?スマートウォッチが本当に必要かどうかを考える

日本でスマートウォッチというと、AppleWatchを思い浮かぶ方が多いかもしれません。

世界的に見ても日本はApple製品の普及率が高いため、海外諸国と逆転現象が起きていると言われています。

じわじわとスマートウォッチを身に付けている方が増えていますが、

結局何が出来るのか?を明らかにしたうえで、本当に必要かどうかを考えてみることにしました。

生活が便利になるなら買おうと思っている

因みに僕は、便利なものであれば比較的早い段階で取り入れるアーリー・アダプターの層だと感じています。

早い段階で試してみたくなるのもそうですが、本当に便利なものなら周りに勧めた方がいいと思っているからです。

ということで、斜に構えず余計な固定観念は捨て、本当に生活が便利になるなら購入しようと考えています。

結論:有れば便利だと思った

結論:「有れば便利」位には思えてきた

で、結論から先に入ると「有れば便利だけど今すぐ必要か?というと、そうは感じなかった」というのが本音です。

筆者の生活環境から考えると、まだまだ田舎にはスマートウォッチを活かせる環境は少ないかな、と感じたのも要因の一つです。

ただ、住んでいる地域がある程度都会だったり、何かとあればスマホで片づける人だとするなら、”スマートウォッチは便利なアイテム”になるかもしれません。

生活スタイルに合わせて購入を考えよう

購入する際は、自身の生活スタイルに合わせて購入を検討しましょう。

残念ながら筆者の生活スタイル的に、すぐに必要だとは思えなかったのですが、いくつか便利な機能もありました。

特に、増税後にキャッシュレス決算を頻繁使う方がいれば、財布を持たずして決算が出来るという便利な機能も。

下記では、”人によっては生活が便利になる”かもしれない、スマートウォッチの機能を紹介してみます。

スマートウォッチで出来ること

スマートウォッチで出来ること

まずは、スマートウォッチで出来ることを箇条書きでまとめてみました。

大体こんなところかと思うので、参考にしてみてください。

  • スマホの通知を確認できる
  • LINEを確認・返信が出来る
  • 通話する・電話の受電送電が出来る
  • Bluetoothイヤホンを接続できる
  • NFC決済(スマホ決算)が出来る
  • 文字盤をカスタマイズ出来る
  • バンド交換が出来る
  • スマホの操作を代わりに出来る
  • 地図・ナビアプリを使用できる
  • スケジュール確認や通知、タスク管理などが出来る
  • トレーニングに活用できる
  • 健康管理が出来る
  • 音声アシスタントを利用して検索できる

簡単に思いつくものでも、これだけの事が出来るようです。

全てのスマートウォッチがこの動作に対応しているかどうかは不明ですが、重要機能は大体共通していると思われます。

メディアで紹介されていたように、通話をしたり通知を確認できたりする事に関しては、全てのスマートウォッチ共通の様です。

LINEの返信や通話が出来る点は便利

個人的に便利だと思ったのはLINEの返信や通話などの機能。

仕事上、PCを使う事が多いため、PC版のLINEを立ち上げて使用する事が多いのですが、これさえあればPC側でアプリを起動する必要がありません。

スマホと連動しておけば、通知の確認や返信、通話などがスマートウォッチ上で対応出来るようです。

少し前のPCを使っていて、常にメモリやCPU稼働率などを気にするような人は、スマートウォッチを導入すれば解決です。

またBluetoothイヤホンなどを接続することもできるため、スマートウォッチに接続しておけば、フリーハンドで会話することが出来るのも便利。

個人的にはタスク管理が助かる

個人的にはタスク管理が助かる

また個人的にはタスク管理アプリを入れられるのが便利だと感じました。

タスク管理アプリを入れると、決まった時間にリマインドしてくれる他、タスクの確認や完了などがスマートウォッチ上で操作できるようです。

因みに文字盤が小さいので、基本はLINEの返信なども音声入力で済ませるんだとか。

ただ、音声入力になれていない人は、最初は戸惑ってしまうかもしれませんね。

購入する予定がある人は、スマホ操作を音声入力に慣れさせるなどの工夫が必要かもしれません。

ナビアプリはそこまで…って感じ

正直、移動するときは車を使用するので、筆者の生活スタイルで一番お世話になることが少ないと思ったのがナビ機能。

最初からプリセットされているものから、自分でインストールするものまで色々ありますが、田舎は車のカーナビで十分間に合っているので、今のところ不要。

ただ、都会に住んでいて駅から目的地まで案内してくれるのは便利そうです。

スマホと違って手もとを見ずに済むため、不注意での事故は減りそうな気がしています。

しかし繰り返しになりますが、車文化の地域であればそこまで必要ない機能かも。

肌に身に付ける分、スマホより使い勝手が良いかも?

肌に身に付ける分、スマホより使い勝手が良いかも?

スマホと違って肌に身に付ける分、より細かい所に手が届く様になる機器なのでは…と感じました。

勿論、使いこなさなければお洒落なGショックと大差ありませんが、使いこなせるようになれば活用の幅はかなり広がるかも。

中には文字盤がJavaScriptで動作している機種もあるようなので、言語を習得すれば自分の使いやすいようにカスタマイズすることも可能になるんだとか。

スマホ画面を長時間見ることにつかれている方は、スマートウォッチを導入すれば解放されるかもしれませんね。

ただ、基本はスマホありきのサブ端末

しかし、基本的にはスマホありきのスマートウォッチの為、スマホが無ければ本領発揮することは出来ないのかも。

スマホと連動させることを前提として組まれているアプリも多いため、まだ”スマホありきのサブ端末”という位置付けでしょうか。

あと数年すれば状況も変わってくるかもしれないので、今後スマートウォッチがどの様に進化を遂げていくかは興味深いところです。

あとがき

スマートウォッチが本当に必要かどうかを考える あとがき

今回はスマートウォッチが本当に必要かどうかをまとめてみました。

筆者のライフスタイル的に、現在はそこまで必要ではないと感じたものの、将来的には購入してもいいと考えています。

自身のライフスタイルに合わせて、購入するかどうかを判断しつつ、これからどう変わっていくかを注視してみてもよさそうですね。

スポンサーリンク

まとめカテゴリの最新記事