【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

【NBA】弱いウォーリアーズがまさかの復活?ここから巻き返しなるか

【NBA】弱いウォーリアーズがまさかの復活?ここから巻き返しなるか

今年NBAが開幕して驚いたことと言えば、ウォーリアーズが弱くなったことです。

圧倒的に強かったウォーリアーズ時代がNBAで終わりを迎えようとしています。

レイカーズが今年大変革をして強くなったことも興味深いですが、それ以上にウォーリアーズの不調が気になる所です。

そんなウォーリアーズが少しずつ復活してきました。

今回はこの絶望的な状況から復活出来るのかなどを解説していきます。

弱くなったウォーリアーズ

ウォーリアーズは5年連続ファイナル進出するなど、リーグを支配していました。

ですがNBAが開幕して、ここまで勝てないウォーリアーズを誰が想像したでしょうか?

トンプソンが負傷して試合には出れない事や、KDが移籍したことも理由としてありますが、それでもカンファレンス最下位になるとは予想していませんでした。

ですがカリーもグリーンもいるという状況で新戦力のディアンジェロ・ラッセルがいます。

そして迎えた開幕戦ではクリッパーズ相手に122-141で大敗。完全にディフェンスが機能しませんでした。

そして、カリーがサンズ戦で左手を骨折し長期離脱確定します。

カリーがいても弱いウォーリアーズがカリーまでも戦線離脱という状況は絶望という言葉がピッタリです。

若手が支えるウォーリアーズ

現ロスターは9人が23歳以下ということもあり、どこのチームよりも若手が多く在籍しています。

今年は優勝を狙うというよりは、来年以降に向けて再建というテーマです。

ですが、カンファレンスに最下位なのはあまりにも酷すぎます。

そして、ウォーリアーズはグリーンやラッセルまでも負傷で試合に出れない状況にもなります。

こうなれば、大敗確定です。

ですが、結果は若手が頑張り接戦をするなど、チームとして少しずつ前進をしたようにも見えるそうゆう試合をしました。

クリスマスに奇跡が起きる

ラッセルとグリーンが復帰し、ビッグイベントクリスマスゲームで強豪ロケッツと対戦します。

今年のロケッツはハーデンとウェストブルックの強力デュオで優勝候補のチーム。特に今年のハーデンの得点力は過去最高とも言える内容で驚異的でした。

誰しもがカリー、トンプソンがいないウォーリアーズに勝ち目はないと思っていたでしょう。僕もそうです。

ですが、結果は116-104で勝利します。

カンファレンス最下位のウォーリアーズが強豪ロケッツに勝利するということは奇跡と言っても過言ではありませんでした。

チームディフェンスが発揮した試合

試合内容は接戦のとても良いゲームでした。

そして、この勝利を決定的にしたのはチームディフェンスです。

ウォーリアーズはハーデンに対してトラップディフェンスを仕掛け、ウェストブルックにボールを集めます。

そしてそれが見事成功し、ハーデンを封じることに成功。ウェストブルックは3ポイント9本中全てミスに終わるなど、チーム戦術でロケッツに勝利することに成功しました。

サンズ戦にも勝利し4連勝

ロケッツに勝利し、勢いがついたウォーリアーズはサンズ戦にも勝利し4連勝を記録します。

ラッセルが31得点記録するなど大活躍をします。

ですがそれ以上にチームディフェンスがここでも機能します。

12月19日以降のウォーリアーズはリーグトップのディフェンシブレーティングを記録しました。

開幕戦はディフェンスが機能しないまま大敗を喫していましたが、ここにきてチームディフェンスが機能し始めました。

そしてその結果少しずつではありますが、ウォーリアーズは復活の糸口を確実につかんでいます。

カリーとトンプソン復帰が鍵

現在ウォーリアーズの主力選手のカリーとトンプソンですが、彼らの復帰がウォーリアーズが復活する鍵を握ることは間違いありません。

カリーとトンプソンは「スプラッシュブラザーズ」と言われ、高確率で入れてくる3Pなどで驚異的なオフェンスを見せていました。

KDが入る以前からカンファレンス首位を取っていますが、それはこの「スプラッシュブラザーズ」の力のおかげです。

その二人が戻ってきた時に真のウォーリアーズが見れると僕は思っています。

そして、その瞬間ウォーリアーズはまた強豪になるとも考えています。彼らの復活したいではまだプレーオフ進出は希望が残っています。

もしプレーオフに進出し、優勝までしたら伝説になることは言うまでもありません。

今後のウォーリアーズがどこまで巻き返しをするのか是非期待しましょう。

スポーツカテゴリの最新記事