相場よりも格安で引越しする為に心掛けるべき5つのポイント

相場よりも格安で引越しする為に心掛けるべき5つのポイント

相場よりも格安で引越しする為に心掛けるべき5つのポイント

相場よりも格安で引越しする為に心掛けるべき5つのポイント
  • 引越し料金の相場を知りたい
  • 単身の引越しだけど、安くならないかな
  • 安く引越ししたいけど、どうしたらいいの?

上記の疑問を解決します。

あることに気をつけると、相場より安く引っ越しが出来るという事を聞いたことはありますか?

料金が少しでも安くなるなら、それに越したことはありません。

今回は引っ越し料金の相場と、格安で引っ越すためのポイントをまとめてみました。

引越し相場はシーズン相場

引越し相場はシーズン相場

結論から言えば、「引っ越し料金に相場は存在しない」というのが実情です。

通常期か繁忙期かで料金が異なり、更に業者単位で設定金額が異なっているのが主な理由です。

とはいっても、そのシーズン毎にある程度の相場は割り出せるので安心して下さい。

荷物量×移動距離×業者=引っ越し料金

引っ越し料金は「荷物量×移動距離×業者」の三つで計算されます。

「荷物量が多く移動距離も長い」なら、比較的高い引っ越し料金になり、逆なら料金が安くなります。

通常期と繁忙期の大体の相場は、具体的には下記の引用ページが参考になりました。

単身(一人暮らし)の引越しにかかる実際の料金相場を見てみましょう。

料金相場を知ることで、引越し業者に見積もりを取る際に、目安をあらかじめ理解した上で交渉ができます。

https://www.homes.co.jp/hikkoshi/price/single/

あとは、各業者が「どれぐらい利益を出したいのか」によって、相場料金に上乗せされたりする様です。

プランも各社で違い、シーズン毎に業者の設定金額も変わるので、若干ややこしいですね。。

引越し料金は飛行機と似ている

忙しい季節や、利用客が多い曜日によっても料金が変化するので、この辺りは観光業界に似ていると思います。

常に料金は改正し変動しているらしいので、毎年同じ相場になるかどうかも不明との事。

引越し業者を選ぶ際は、その都度ベストな引越し業者を選ぶ必要が出てきます。

と言っても、引越しはそう頻繁に行うものではない為、相場を常に把握している人の方が少数派です。

繁忙期は飛躍的に料金が跳ね上がる

繁忙期は飛躍的に料金が跳ね上がる

引越し業界の繁忙期は『2月~4月』となっているらしく、この期間は引っ越し料金が通常期の約二倍にまで上がったりすることも。

上記の点を踏まえると、なるべく繁忙期の引越しは避けたいところですが、

「入学・卒業・就職・異動」等のイベントが集中しているため、この時期に引越しする人が相変わらず多いようです。

また近年問題になっているのは、引越し業界の”慢性的な人手不足”。

高額な料金を了承して申し込んでも、希望日に引越し出来るかどうかは、その時にならないと分かりません。。

2019年のニュースですが、今年も深刻な問題となる可能性もあります。

物件選びと同時に事を進めたい

その為、物件選びと同時に引越しの準備も進め、なるべく早めに引越し業者を確保する必要が出てきます。

早い人だと、通常期の最終月となる2月中に物件を選び、引越し業者も確定させるとの事。

同県内の引越しや隣県の様な短距離なら身内でやるのも良いですが、レンタカーや相手方の予定を押さえる手間も発生します。

引っ越し料金は業者によって違いますが、運ぶ荷物に大体見当が付いていれば、一括で無料見積もり出来るサイトもあるので、利用してみましょう。

引越し料金を抑える為の方法まとめ

引越し料金を抑える為の方法まとめ

引っ越し業界の事情はなんとなく分かったと思いますが、ここでは引越し料金を抑える為のポイントをまとめてみました。

具体的には、下記に気をつけると、引っ越し料金を安く抑えることが出来る様になります。

  • 単身引越しパックを利用
  • 見積もりが安い業者に頼む
  • 荷物の量を減らす
  • 宅急便や郵便を利用する
  • 安くなる時期を狙う

単身引越しパックを利用

普通に荷物を業者に頼むより、送る荷物の量がそれほど多くない場合は、「単身引っ越しパック」を利用すれば安くなります。

決められた大きさのコンテナの中に詰められるだけ…という制限はありますが、その分多くの割引額を享受できます。

特に荷物が少ない場合の引越しに便利なため、プランを用意している引越し業者も多いです。

見積もりが安い業者に頼む

見積金額が安い業者に頼むことも重要です。

見積金額は各社によって違いますが、その時一番見積もりが安い業者に頼めば引っ越し料金も抑えられます。

見積もり自体は無料で行っている事も多く、下記の様な「一括見積サイト」を利用すれば、その時点で一番安い見積もり業者を探すことが出来ます。

引越し料金まとめて比較【LIFULLまとめて無料一括比較】

一括見積もり【引越し達人セレクト】

荷物の量を減らす

荷物の量を減らす

引越し料金は「荷物量×移動距離×業者」の三つの要素で決まると記載しましたが、荷物量を減らせば引っ越し料金を下げる事が出来ます。

荷物量が少なければ対応する作業員の数が減らせるため、その分の手間賃を節約することが出来るという訳です。

荷物が多いと感じた際は、あらかじめ断捨離などを行い、荷物を少なくしておくと、精神的にも余裕が出来ます。

宅急便や郵便を利用する

宅急便や郵便を利用する

そもそも引越し業者を利用するほど荷物が多くないという場合に、こちらの方法は有効です。

段ボール10個程度なら、引越し業者を利用するより、宅急便で荷物を送った方が安くなります。

その際は、荷造り用の段ボールを自前で用意する必要がありますが、現在はネット通販で段ボールだけ購入できたり、

スーパーなどで段ボールの無料提供をしている所もあるので、最低限の荷物しか持って行かないなら、宅急便や郵便を利用してみると良いでしょう。

安くなる時期を狙う

引越し業者には通常期と繁忙期があると説明しましたが、そもそも引越し料金が高くない時期を狙うとさらに効果的です。

本記事の上部に、引越し業者の季節ごとの相場を引用している部分があるので、部屋が早めに決まったなら安い時期での引越しを検討したいところ。

2月までならギリギリ通常期なので、部屋が決まっているなら、早い段階で荷物だけ送ってしまう…というのも良いですね。

荷造りと荷解きは自分でやると安上がり

荷造りと荷解きは自分でやると安上がり

引越し時に自分で荷造りと荷解きをやると料金が安くなります。

「荷造りと荷解き」オプションを用意してくれている業者は多く、全て業者がやってくれるので、利用者は特に何もしなくても良いというメリットはありますが、

手間に応じて料金が高くなる為、安く引越しをするなら、荷造りと荷解きは自分でやってみるのが良いです。

初めての一人暮らしをするなら、荷造りと荷解きはいい経験にもなるので、経験の為に一度やってみるのもいいかもしれません。

移動距離が短いなら身内でやるのもアリ

移動距離が短く、手伝ってくれる身内が居るなら、引越しを身内で済ませるのもアリかもしれません。

下記に、身内で引っ越しを済ませるメリットをまとめてみました。

  • それほど気張らずに済む
  • 荷造り・荷解きを手伝って貰える
  • 時期次第で、業者利用時の半分以下の費用で済む

業者に頼むよりは料金が約半分以下に抑えられ、荷造りや引っ越しを手伝ってくれる可能性も有りますね。

手伝ってくれる人へのお礼や、場合によってはレンタカーの手配などをする必要もありますがトータル的に見ると金銭面ではかなり助かります。

比較的近場に越す際や、近くに友人が多くいる場合は、身内で済ませるのも一つの手です。

全国のレンタカー比較・予約【 スカイチケットレンタカー 】

あとがき

相場よりも格安で引越しする為に心掛けるべき5つのポイント あとがき

今回は相場より格安で引っ越しをするポイントをまとめてみました。

時期や荷物の量を調整するだけでも大きな節約になるので、業者を利用して引越しを検討している場合は上記の事を頭に入れておくと良いです。

引越しは頻繁にやるものではなく、料金も安くはないので、今からじっくり貴方にとって最適な引越し方法を検討してみて下さいね。

スポンサーリンク

暮らし・引越しカテゴリの最新記事