ウェストブルックがサンダー戦で大声援!彼の凄さと人気がスゴかった

ウェストブルックがサンダー戦で大声援!彼の凄さと人気がスゴかった

今シーズンからオクラホマシティ・サンダーからヒューストン・ロケッツに移籍したラッセル・ウェストブルック。彼は長年サンダーを引っ張りエースとして活躍してきました。

そんな彼が今年サンダーの本拠地で試合した時奇跡が起こりました。

その風景はスポーツマンなら誰でも憧れる相手チームのファンからのリスペクトでした。

ウェストブルック凱旋試合は大声援

ウェストブルックがロケッツに移籍して初のサンダー本拠地での試合、アリーナの声援を一番受けたのは対戦相手のブルックでした。

試合前にはウェストブルックのこれまで活躍の映像がアリーナに流れ、サンダーのファンは彼をスタンディングオベーションで迎えました。正直選手入場のこの動画を見るだけで泣けます笑

そうゆうリスペクトって感動的で大好きです。

試合内容はハーデンが不調により、サンダーがロケッツを下しましたが、ウェストブルックはサンダーファンの前で両チーム最多得点の34得点を決め、会場からはMVPコールを受ける大声援でした。

最近ではエースだった選手が他チームへと移籍し、古巣ファンからブーイングを受ける事が多々あったと思います。

ですがウェストブルックは違いました。

彼に待っていたのはブーイングではなく、ファンからの声援でした。

なぜ彼はここまで愛されるようになったのでしょうか?

少しキャリアを振り返ります。

伝説のビッグ3のサンダー時代

ウェストブルックがまだ若手の時、今では考えも出来ない位のビッグ3がサンダーに集まっていました。

それは、ハーデン、KD、ウェストブルックの3人です。

最近NBAを見始めた人で、このサンダー時期を知らない人は相当衝撃を受けると思います。

今最強選手とも言えるこの3人が集まっていたチームがサンダーだったんです。サンダーはKDとウェストブルックをMVPにするなど本当にスゴいチームでした。

ウェストブルックとKDがスターターで、ハーデンがシックスマンで支えていました。そうなんです、あのハーデンはサンダーではシックスマンだったのです。

もう、色々とスゴい時代でした。

サンダーの経営的にハーデンのサラリーが負担になり、ハーデンはロケッツに移籍しますがKDとウェストブルックのコンビは驚異的なものでした。

サンダー時代の相棒KDは大活躍をし、得点王を4回も取るなど破竹の勢いで活躍をしていました。ですが、KDもウォーリアーズに移籍し、伝説のビッグ3は解散することになります。

サンダー時代での活躍

相棒KDがいなくなってからのウェストブルックは覚醒と呼ぶにふさわしい活躍をしました。

得点はもちろんですが、ポイントガードしてアシストも量産しリバウンドでもチームに貢献しました。

2016-2017シーズンでは史上2人目となる1シーズンの「平均トリプルダブル」を記録、史上最多57得点でのトリプルダブルも成し遂げるなど大活躍します。そしてこのシーズンでは最優秀選手賞(MVP)を獲得します。

サンダー時代のウェストブルックは得点王2回、アシスト王2回、MVPを1回などレジェンド級の活躍をみせていました。

そして、ウェストブルックはチームに全てを捧げいつも全力でプレイするその姿はファンを虜にしていました。

確かにシュート成功率の部分では言い数字ではないかもしれませんが、野生のような全力でプレイするウェストブルックはサンダーにとっては英雄でした。

なぜKDは嫌われ、ウェストブルックは応援されたのか?

KDもサンダー時代に得点王を4回とり、MVPにもなったレジェンドです。ですが、KDはウォーリアーズに移籍し、古巣からブーイングされるなど嫌われ者になりました。

対するウェストブルックはロケッツに移籍しても尚大歓声を浴びて英雄になりました。なぜ、このような違いが生まれたのでしょうか?

KDは最強のスコアラーでしたが、移籍をしたチームは最強軍団のウォーリアーズでした。ただでも強いウォーリアーズにKDが移籍したので、波紋が沸きました。実際それでウォーリアーズは超強力チームになります。そしてサンダー時代のKD自身の発言も問題があったのも事実です。

ですが多少の誤解もあったと思います。アメリカの雑誌のインタビューで都合の良いところだけを切り取られニュースにされて好感度が下がった気もします。

ちなみに僕はKDの大ファンです笑

KDはこのような待遇でしたがウェストブルックはなぜここまで愛されたのでしょうか?

彼はデビューしてから11シーズンという長い間サンダーを引っ張ってきました。

ただそれ以上に彼が非常に情熱的でプレイをし、ファンを沸かせてきました。いつでも真っ直ぐに勝利に向かって全力でプレイする彼は見ていてとても気持ちがいいものだったと思うし、サンダーの希望にもなれました。

今回ウェストブルックが大声援を浴びたのはそんな彼の性格が一番の理由だと思います。彼の残した偉大な成績と彼の情熱あふれる真っ直ぐな性格がファンを沸かしたんだと思います。

「少し冷静に考えろよマジでお前……」的なツッコミを入れたくなる感じもなんか愛されポイントだと思いますよ笑

ラスのそうゆうところ大好きなので笑

将来はサンダーに戻ることに期待

ウェイドがヒートに戻りキャリアを終えたように、ウェストブルックもサンダーでキャリアを終わらせてほしいと切実に思いました。

こんなにもサンダーに愛された選手なんですから、そんな展開だったらとてもドラマティックですよね。そんなキャリアの辞め方をしたら本当にカッコいいですよ。

サンダーも戻ってくるのはきっとウェルカムだと思うのでぜひそうしてほしい。

きっとKDはサンダーには戻れないと思います。本人もそうしないと思うし。もし奇跡が起きてウェストブルックとサンダーに戻ったらかなりドラマチックだと思いますが笑

ロケッツではサンダーのチームメイトだったハーデンと一緒にプレイしており、それも非常にサンダーファンからは嬉しい光景なのですが、やはり最後はOKCのユニフォームがまた見たいです。

ウェストブルックはこれからまだまだ活躍できる選手なので、今後の活躍に期待したいです。

もし、ロケッツでハーデン、ラス、KDのビッグ3見れたらきっと泣きます笑

この3人はまだこれからもいろんな事を巻き起こしてくれるでしょう。