例えば5万円の部屋を借りるには初期費用はどれ位あったらいいの?

例えば5万円の部屋を借りるには初期費用はどれ位あったらいいの?

5万円の部屋を借りるには初期費用はどれ位?

例えば5万円の部屋を借りるには初期費用はどれ位あったらいいの?
  • 一人暮らしを控えてる大学生だけど、初期費用は親から出してもらう
  • 5万円の部屋を借りるにはどれ位の費用が掛かるの?
  • 他の新大学生が借りる平均家賃ってどれ位?

上記の疑問を解決します。

実家を離れて一人暮らしするという場合、どれくらい初期費用で掛かるのかを知りたい人は少なくないと思います。

また、どういう内訳で金額が高くなるのかも分かれば、ちょっとした節約も出来るかもしれません。

地方から東京都に引っ越すというケースで、初期費用がどれ位かかるのかを明らかにしてみました。

地方から東京都23区内に引越しする場合を想定

因みに今回のロールモデルは、地方から東京都23区内に引越しする場合を想定して、大よその金額を計算してみました。

地方都市の場合はまた違うかもしれませんが、東京都に引っ越す予定のある人は参考になるかも。

具体的な家賃の目安にもなると思うので、各自参考にしてみてくださいね。

5万円の部屋を借りるには”約30万円”

5万円の部屋を借りるには”約30万円”

結論から話すと、「5万円台」の部屋を借りるには、初期費用で約30万円はかかることになります。

最初にかかる金額って敷金と礼金だけじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、部屋を借りる時はそれ以外にも沢山お金が掛ります。

大半が次の入居者を受け入れるための準備費なのですが、具体的な内訳を下記に記載しています。

その内訳は大体こんな感じ

一般的な初期費用の内訳は下記の様になります。

  • 敷金:50,000円
  • 礼金:50,000円
  • 仲介手数料:50,000円
  • 前家賃:50,000円
  • 日割り家賃:入居日によって変動
  • 鍵交換費用:15,000円
  • 保証会社利用料:15,000~20,000円
  • 火災保険料:15,000円
  • 引っ越し費用:約50,000円

合計:約30万円

敷金や礼金、不動産会社を利用した際の仲介手数料や、部屋の火災保険など、5万円の部屋を借りるだけで大体30万近い金額に。

契約する物件によって発生する金額が違ったりするのですが、大体はこのような内訳で初期費用が発生します。

大学生の方は、卒業後に新たに部屋を借りるとなった際も、これぐらいは掛るのだと覚えておきましょう。

一般的な大学生の家賃平均は5.5~6万円

一般的な大学生の家賃平均は5.5~6万円

一般的な大学生の家賃平均は5.5~6万円程だという調査も。

東京都内で実際に一人暮らしをしている現役大学生100人にアンケートを取った結果、大学生の平均家賃は約5.5万円でした。

https://blog.ieagent.jp/hitorigurashi/daigakuseihitorigurashi-30130

まれに、親族の家に住み込んでいるという人や、持ち物件に入居しているという人もいるようですが、

大体は両親から学費と家賃を出してもらっているというケースが多いとの事でした。

地方では平均家賃が下がるため、全国平均だともう少し下がるかもしれません。

とにかく、大学生が東京都内で部屋を探す際は、大体これぐらいの家賃で探してみると良いと思われます。

生活費の平均は約7.6万円

学生の生活費の平均は、約7.6万円という結果も出ているようです。

実際の現役大学生100人にアンケートをとってみた結果、家賃を除く1ヶ月の平均生活費は「約7.6万円」と、学生支援機構の調査よりやや高めでした。

https://blog.ieagent.jp/money/daigakusei-seikatsuhi-112814

学費や家賃などは両親から出してもらい、「生活費・光熱費・交際費などは自分で稼ぐ」というパターンが多いようです。

また新しいアルバイトが決まるまでの間は、高校生の時のアルバイトで貯めたお金を切り崩して使うという、しっかり者も一定数いました。

慣れないうちは食費や交際費にお金が掛ることが多いので、最初のうちは「どれぐらい使っているのか?」を意識するようにしておくと良いかもしれません。

実際はもっと資金に余裕が出る

実際はもっと資金に余裕が出る

今回は一般的なケースをモデルとして、初期費用から家賃を計算してみましたが、実際はそれほど掛からないことが多い様です。

契約時期などの関係もありますが、早めに引越しや部屋を決めるのであれば、初期費用はもっと安くなります。

礼金や仲介手数料など無い物件も多い

現在は礼金や仲介手数料なども掛らない物件が多いです。

試しに物件アプリなどで「手数料0円」や「敷金礼金0円」といった条件にチェックを入れても、それなりに検索に引っかかります。

特に最近は、礼金が掛かると入居を拒む10~20代が増えてきているので、礼金を初めから料金に入れない物件もある様です。

モデルケースでは計算に含めたものの、実際はそれほど多くの予算を見積もらなくても大丈夫という場合が殆どです。

初期費用を30万以内に抑えるコツ

初期費用を30万以内に抑えるコツ

下記では具体的な初期費用を抑えるコツを紹介していきます。

引越し時は一括見積サイトを活用する

引越しの際は「一括見積サイト」を活用すると、初期費用を抑えることが出来ます。

引越し業界は時期によって相場が変動したり、業者ごとに料金が違ったりしますが、一括見積サイトを活用すれば「その時一番安い業者」を探すことが出来ます。

もちろん金額だけでは全てを判断出来ませんが、その時期の大体の相場も確認でき、自分にとって最適な業者を判断しやすくなるので、積極的に使ってみると良いです。

引越し事情について説明した記事があるので、そちらも参考にしてみると役に立つかもしれません。

敷礼0円の物件を探す

敷礼0円の物件を探すことで、初期費用を大幅に抑えることも出来ます。

敷礼0円というのは、「敷金・礼金」が0円の物件の事

物件検索アプリでも、詳細条件から指定できることが多いです。

この中から自分の条件に合った好物件を探すこと自体は、結構上級者向けではありますが、

片方削るだけでも結構な節約になるので、意識してみると良いかもしれません。

ただ、敷金の中には「退去時のクリーニング代」が含まれていることが多いので、少しでも不安なら、”礼金のみ0円”という条件で探した方が無難です。

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

仲介手数料が安い不動産を選ぶ

仲介手数料が安い不動産を選ぶ

不動産経由で物件を探したり選んだりすることが殆どだとは思いますが、中には仲介手数料が殆ど掛からないサービスも。

このアプリに関しては、プロモーションを頻繁に行っているので、CMを見た人もいるかもしれません。

仲介手数料に関しては業界最低保証を謳っていますし、手数料を省きたい場合は下記の様なサービスを利用するのも一つの手です。

仲介手数料は最低金額保証!最大級の物件数からアプリでサクサク検索!

入居日を月末にずらす

入居日をなるべく月末にずらすことで、”前家賃”を押さえることが可能になります。

前家賃とは、物件契約時に「当月の家賃と来月の家賃を払う事」を意味し、例えば9月に物件契約した場合、”9月の残り日数と翌月10月の家賃”を先に支払う事になります。

極論を言えば、9月30日に入居した場合、「10月の前家賃+『1日分』」しか発生しないので、お得になるという訳です。

ただ月末は同じように考える人で窓口が込み合うので、タイミングは重要になりそうです。

契約時期をずらす

そもそもの契約時期をずらすと、家賃そのものが安くなるので、初期費用を抑えることも出来ます。

不動産業の繁忙期に当たる「12~4月」の期間を避けることにより、安く入居することが可能に。

学生の場合は、卒業や入学などのイベントが重なるため、あまり現実的な方法では無いかもしれません。

ただ、この先どこかで役に立つかもしれないので、覚えておくに越したことは無いと思います。

逆に卒業間際の大学生などは、次の物件を早々に決める前に、こういった節約ポイントも積極的に狙っていくと良いかもしれません。

家賃の安いエリアで借りる

家賃の安いエリアで借りる

そもそもの家賃の相場が安いエリアで物件を探すのも、実は結構有効な方法です。

例えば、家賃相場が高い”東京都世田谷区”に部屋を借りるのと、家賃相場が安い”足立区”に部屋を借りるのとでは、家賃だけで数万円の差になります。

毎月の出費を抑えることが出来るので、その分だけ出費が減り、生活が楽に感じられるようになります。

特に上京したての学生は、奨学金制度を利用して学校に通う人も多いので、

返済するときの事を考えると、安いエリアに家を借りるというのは結構重要な要素かもしれません。

活用できるものはすべて活用しよう

活用できるものはすべて活用しよう

今回は主に地方から上京する場合を想定し、初期費用からどれ位の部屋を借りれば良いのかを計算してみました。

5万円台の部屋を借りるには、初期費用で約30万円必要という事が分かりましたが、実際はもう少し予算に余裕が出ることが多いようです。

最近は比較サイトが充実してきたので、活用できるものは全て活用し、自分にとって一番いい物件に出会えるように、最善を尽くしてみましょう。