ボカロPが結成した「ヨルシカ」がオススメ!独特の世界感を堪能しよう

  • 2020.01.22 最終更新日:2020.05.07
  • 音楽
ボカロPが結成した「ヨルシカ」がオススメ!独特の世界感を堪能しよう

最近流行っている「ヨルシカ」ですが、1stアルバムから話題を呼び大反響でした。

この「ヨルシカ」は実は顔などは出しておらず、今流行の正体不明グループ的な感じです。「ずとまよ」とか初期の「パスピエ」的な感じですね。

そんな謎が多い「ヨルシカ」をご紹介です。

「ヨルシカ」とは?

ヨルシカとは

正式メンバーは2名のグループです。顔や細かいプロフィールは公開していません。理由は「先入観で音楽を聴いて欲しくないから」という事で、音楽に真剣に向き合っている事がわかります。

正式メンバーはn-buna(ナブナ)とsuis(スイ)の2名で活動しています。n-bunaはボカロPでも活躍している人物で全曲の作詞作曲、ギターを担当しています。suisは全曲のボーカルを担当。

曲はサポートメンバーなどいるため、楽曲のクオリティは高く、「ずとまよ」がボカロ調の感じが受け取れますが、「ヨルシカ」はそこまでボカロ調が感じられないのも特徴です。

ギターなどがメインの曲も多く、リードフレーズが終始格好良かったりロックなバックに少しシリアスな歌声のボーカルが見事にマッチしています。

「ヨルシカ」の世界感

独特な作詞、そしてそれをシリアスに表現する「ヨルシカ」の世界感はまさしく唯一無二。

音楽を「作品」として楽しむというコンセプトがある通り、PVなども非常に凝っています。ただ「音を楽しむという」よりは「音と物語を楽しむ」という事が出来るのがヨルシカの特徴です。

2ndアルバム「エルマ」は1stアルバム「だから僕は音楽を辞めた」の続編のアルバムであるように、ヨルシカの「物語」へのこだわりがよくわかります。

「あんたのせいだ」ってセリフをあんな風に歌えるsuisはスゴいよね。鳥肌もんです。

「ヨルシカ」のオススメ曲

言って。

だから僕は音楽を辞めた 

準透明少年

ただ君に晴れ 

ヒッチコック

藍二乗

ヨルシカの作品