ギター初心者にオススメする機材をまとめてみた!!【エフェクター】

  • 2020.02.27 最終更新日:2020.03.15
  • 雨宮
ギター初心者にオススメする機材をまとめてみた!!【エフェクター】

ギター初心者で悩むのは機材ですよね。
どういったギターを使えばいいのとか、機材を使えばいいのとかよくわかりませんよね。

今回は初心者にオススメのギターと機材をご紹介します。

ギターの選び方

ギターって色んな種類があります。
上級者やプロになると演奏する音楽によって使い分けたりもします。ですが、それはあくまでも上級者の方です。

初心者は好きな見た目で購入しよう

初心者の方は自分の好きな見た目で購入するのがオススメです。理由としてはその方がモチベーションが上がるからです。
実はギターは大変辞めやすい楽器です。その大半は難しさからくるモチベーションの低下です。なので、僕はまずはモチベーションが続く様に好きなギターを購入するのがオススメします。

ギターの種類について

とはいえやはりギターの種類は知っておいて損はないですし、特徴など掴んでおくと購入する時に参考になると思います。
そちらは別途で記事を用意したので、そちらをご覧ください。

アンプは機能で選ぶ

正直言ってスタジオになるような大きなアンプなんて必要ありません。更に言えば入門セットについてくるアンプは尚更必要ありません。
大きなアンプは家では音が大きすぎて演奏出来ない場合がほとんどだからです。一軒家の実家なら大丈夫かもしれませんが、一人暮らしのアパートやマンションならまず鳴らせません。

音楽を流しながら演奏できるアンプを選ぶ

そして初心者用の安価なアンプでは性能が微妙なことが多く、エフェクターを自分で用意しなければならなかったりします。ですので、あまりオススメはしません。
ですので、アンプを買うならヘッドホンする、そしてスマートフォンなどから音楽を流しながら演奏ができる機能があるアンプを買うのがオススメです。
今時ならアンプではなく、アンプシミュレーターが付いてるマルチエフェクターでも同様の機能があるのでオススメです。

多機能アンプ&マルチエフェクターまとめ

下記では個人的におすすめ出来るアンプと、アンプシミュレーターが搭載されているマルチエフェクターをいくつか紹介しています。

ヤマハ アンプ THR10II

正直一番オススメの品です。僕もこのシリーズのアンプを持っていますが、これ1台でなんでもできるので、悩んだら即購入でいいと思います。

それくらい便利でいい機能が詰まっているアンプです。

音楽再生もBluetooth対応で、15種類のギターアンプモデル もあるので音色選びも幅広くできます。本当にオススメの1台です。

Fender MUSTANG GT 40

有名Fnderメーカーのアンプです。金額もリーズナブルでいいと思います。

最新のデジタルアンプというだけあって、機能も豊富です。Fender好きならオススメの1台です。

BOSS ME-80

アンプではありませんが、アンプシュッミレーターが入っていますのでヘッドホンで練習するならなにも問題はありません。そして両ステレオ端子のケーブルを買えばスマホなどから音楽も流しながら練習が可能です。

このMEの良いところはペダル型のマルチエフェクターであるところです。

この1台を買えば自宅の練習から、スタジオでもエフェクターとして活躍するので長く幅広く使う事ができます。

余談ですが、僕は18歳の頃前作のME-70でずっと練習していました笑

エフェクターを揃えるのは結構な費用になるので、集まるまではこのマルチをスタジオに持って行ってました。

いろんなエフェクターを使いたい方にはオススメの1台ですのでオススメです。

エフェクターは大事な道具

先ほどのオススメのアンプならエフェクターはあまり必要ありません笑
理由としては十分にいい性能の歪みなどがあるからです。お金を節約したいなら、そのアンプだけでやるのがオススメです。

ここからは少しお金に余裕があり、エフェクターの購入を考えている人向きにご紹介します。

演奏に適したエフェクターとセッティングを選ぶ

まずギターにはエフェクターがかなり需要な道具になります。
少し専門的な話になりますが、歪みが弱いカッティング向きのエフェクターとセッティングでパワーコードをブリッジミュートして演奏したとします。
このセッティングでブリッジミュートはできなくもありませんが大変難しいですし、マンウィズ、ホルモン、メタル系などああいう音は100%出ません。
その理由は歪みが足りないからと歪みの種類が違うからです。
その逆もそうです。
ハイゲインのエフェクターで、ファンクやポップスの様な綺麗なカッティングなんて出来ません。
エフェクターはギターの音色を決める決定的な道具ですが、適した演奏に適したエフェクターとセッティングをしなければ全く意味はありません。

安くてオススメのエフェクターまとめ

下記では、どんな演奏に適していて、しかも比較的安いエフェクターを選んでみましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

BOSS Power Stack ST-2

かなり幅広い歪みを再現してくれます。

音的にハードな曲にピッタリのエフェクターです。ブリッジミュートなどで演奏したい人はぜひオススメの1台です。いわゆるドンシャリサウンドも作れて楽しい1台です。

Ibanez Tubescreamer TS9

ギタリストなら知らない人はいない名機「チューブスクリーマー(TS)」です。

このエフェクターは歪みはそこまでないので、軽い歪みで演奏した人はオススメの1台です。カッティングなど向いているエフェクターです。

ただTS系全般に言えることですが、割と音がこもり気味になるので、しっかり音作りをしましょう。

One Control  Persian Green Screamer

僕が使用しているエフェクターです。

TS系ですが、形が細長いのが特徴です。この見た目とデザインで愛用していますが、音もいいですし値段もリーズナブルでGoodです。

One Control Strawberry Red Over Drive

TS系では少し歪みが足りない!という方にはこのエフェクターがオススメです。このエフェクターであればポップな曲など全般的に出来るのではないでしょうか?それくらいとっても使い安い1台です。

個人的にOne Control製のエフェクターは大好きなので、ぜひその他の製品もチェックしてみてください。

BOSS Blues Driver BD-2

名機ブルースドライバーです。値段が安いですが、プロも愛用者がいる名エフェクターです。

こちらもハイゲインのエフェクターではありませんが、割と幅広く音作りできます。

BOSSのエフェクター楽器店で試奏が出来ますので、気になる人はぜひ弾いてみてください。

PROCO RAT2

プロでも愛用しているラットです。

割とゲインが強めで荒々しい歪みが特徴ですが、ゲインを低めにすればカッティングもカッコよくできます。音の分離もいいので弾いていて気持ちいいエフェクターです。

少し演奏難易度は高い気がします。ですが、ラットを使いこなしてこそギタリストなので、上達したい方にもオススメです。

個人的にラットを知らずエフェクターは語れないと思いますぜ!!