【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

加湿器に酒を入れたら酔うの??

  • 2020.03.09 最終更新日:2020.05.21
  • Lifehack
加湿器に酒を入れたら酔うの??

加湿器に酒を入れたら酔う?

加湿器に酒 酔うのか? image

加湿器に酒を入れると酔える…という噂を以前聞いたことがありますが、もし本当ならおなじ空間に居てもアルコール検査で引っかかってしまう事になりかねません。

  • お酒を加湿器に入れて空気を吸うと酔うの?
  • おなじ空間に酔っ払いが居たら近寄らない方が良い?

この辺りに疑問を持っている人なら面白い内容かもしれません。

とりあえず面白そうな話題ではあるので、調べてみることにしました。

結論:香りはするけど酔えないとの事

匂いはするけど酔わない image

結論から言うと、アルコールの香りはするものの、酔いはしないとの事でした。

空気中に放出された時点でかなり希釈されるらしく、加湿器から放出される水蒸気で酔う事は難しいとの事でした。

それと同様、消毒用エタノールを空気中に散布する光景もたまに見られますが、あれも消毒効果が薄れるので余り意味のない行為なのだといえそうです。

加湿器も壊れるので絶対やらないようにしよう

万が一アルコールを加湿器に入れると、加湿器も壊れやすくなるのでやらないようにしましょう。

日本酒などは通常時でもベタベタするので、これを加湿器の中に入れれば壊れるのは容易にイメージできますね。。

良い事が一つも起きなさそうなので、間違ってもやらない様にしましょう。

ビール一本分で計算してくれている人がいた

ビール一本で計算してみる image

空気中に放出されるとアルコールが希釈されるという事が分かりましたが、下記で具体的に試算してくれている人がいました。

下記はお酒を飲んだ他人を車に乗せて、その人が吐き出した空気で酔うのか?という質問に対しての回答です。

350mlの缶ビールのアルコール量:14000 mg
わりと酔った人の呼気中のアルコール濃度(飲酒運転レベル):0.25 mg/リットル
人が1分間に呼吸する量:10リットル/分

14000 ÷ 0.25 ÷ 10 = 5600 

つまり、酔った人が吐き出した息を吸い続け、なおかつそれに含まれているアルコールを肺で全て吸収したとしても缶ビール(350ml)と同じ摂取量になるには、5600分かかります。

結論として、酔った人の息で酔うことはありえないです。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6318906.html

缶ビール一本分を空気中に放出した場合酔うのに5600分掛かるらしいですw

理論上は空気中に放出されたアルコールで酔う事は可能ですが、現実的ではありませんね。

台湾発の面白い商品があるらしい?

台湾発 ベンチャー企業 image

ちなみに世の中には同じことを考えている人が居た様で、少々面白そうな商品がクラウドファンディング経由で販売されていました。

その名も「AIRCPHOLIC(エアクフォリック)」という商品で、

ガラスの球体の中に35度以上のアルコールを入れて気化したアルコールを楽しむ商品の様です。

下から専用の蝋燭で炙り、気化したアルコールを吸引すると新感覚の体験が出来るとのことで、一部では話題になっていました。

台湾のNatureGift Technology Inc.が開発

このAIRCPHOLIC(エアクフォリック)は、台湾にある「NatureGift Technology Inc.」というベンチャー企業が開発したようです。

日本最大のクラウドファンディングサイト「MotionGallery」でプロジェクトを公開すると、瞬く間に1450万円以上の資金調達に成功したんだとか。

具体的な解説動画があった

台湾発の商品ということでしたが、流石に親日国という事もあり、日本語での使い方を説明した動画を用意してくれていました。

ガラスもコーティングされているので、膨張熱によって容器が破裂する心配もありません。

アルコールも30分で体内から抜けるみたいなので、ちょっとしたリフレッシュとして使用している方もいるかもしれません。

気化酒は危険だという声も…

気化した酒は危険? image

因みに似たような商品はこれ以前にも既に販売されています。

多方面で議論が巻き起こった「Vaportini」という商品について、専門家は下記のように警告しています。

英国ニューカッスル大学のクリス・デイ教授は、「このような行為は最近行われるようになってきたばかりで、まだ影響についての科学的なデータはありません。しかし、アルコールの蒸気は体の生体防御機能を上回り作用するかもしれない」として、「とても危険な現象を引き起こす可能性があり、注意が必要だ」と呼びかけています。

https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201403_post_3864/?p=2

十分な研究結果は今のところなく、本当に身体に影響があるかどうかは不明との事ですが、

マウスを使った研究では、一定の依存症が見られるようになったとも報告も。

そう考えるとAIRCPHOLIC(エアクフォリック)にも少々不安を感じます…。

上記の問題点を踏まえ、官能検査指数に基づいて開発される

AIRCPHOLIC(エアクフォリック)を販売している「NatureGift Technology Inc.」では、食品科学と栄養科学分野の科学者が創業メンバーとのことです。

科学に裏付けされた商品のみをリリースするという理念があるようで、本製品は「官能検査指数」に基づいて開発されたようです。

「官能検査指数」とは、プロトタイプの段階から温度や気体の密度などの条件を多角的に研究すると意味らしく、

簡単に説明すると「安全性に関しては初期の段階からめちゃくちゃ気をつけて開発したよ!」と説明がありました。

ただし、やはり特殊な楽しみ方であるのは間違いない様なので、安全性が確保されているとしても程々を心掛けたいですね。

あとがき

程々に楽しもう image

今回は加湿器にお酒を入れたらどうなる?ということに関して調べてみました。

結論は「酔えない&加湿器が壊れる」という事なので、間違っても絶対に試さない様に気をつけましょう。

「AIRCPHOLIC(エアクフォリック)」という商品もあるようですが、 安全性は確保されているとは言え、少々怖い気もします、、

何事も程々が一番ですね!

Lifehackカテゴリの最新記事