なぜルームシェアをやろうと思ったのか?について

なぜルームシェアをやろうと思ったのか?について

なぜルームシェアをやろうと思ったのか?について

どうして何度もルームシェアしようと思ったのか サムネイル

僕はルームシェアを過去に何度も経験していて、全ての期間を合わせると7年ほどルームシェアを経験しました。

ルームシェアのメリットやデメリットなど、多くのサイトやブログで語られていますが、余り体験談的なものは無かったので書いてみたいと思います。

結果から言うとルームシェア肯定派なのですが、今回は「どうしてルームシェアをやろうと思ったか?」という部分について記載してきます。

きっかけは友人の一言

一度目 キッカケ専門学生 image

最初のきっかけは、専門在学中に他の学校に通っている友人からルームシェアしてみようと言われたことでした。

学費を自分で稼ぎながら学校に行っていたので、在学中はとにかくお金と時間がなく、生活もかなり厳しかったので、ほぼ二つ返事で「いいよ」と返事をしました。

因みにその少し前に、高校時代の友人が派遣切りに合って僕のアパートに転がり込んできた事もあり、「意外と他人と暮らす事って楽しいかも?」と感じたこともきっかけの一つだった気がします。

とは言え多少の不安はあった

二つ返事でOKしたものの、本格的にルームシェアをするのは初めてだったので、多少の不安はありました。

その為、部屋探しの前に個人的にルームシェアについて調べまくったのを覚えています。

当時は悪い噂ばかりだったのですが、調べていくとちゃんとメリットもあったので、「新しいものに飛び込んで経験を積もう」的な決心をつけます。

卒業後にルームシェア開始

一度目のルームシェア image

専門学校を卒業と同時に就職し、自身の人生で1度目となるルームシェアをスタートさせます。

自宅に帰ると当然のごとく友人が居るので、最初はどぎまぎしましたが、特に大きな喧嘩も無く生活が続いていきます。

一緒に住んで初めて相手の嫌なところが見えてきましたが、そもそも人の価値観は皆違ってて当たり前なので、この時は過去の自分が築いてきた価値観が大きく変化しました。

価値観を広げる為の行動をしてみる

生活費や家賃が下がった事もあり、浮いたお金を使って色んな経験を積んでみようと思うに至ります。

具体的には登山やキャンプなどに行ってみたり、ビジネスの書籍を読みまくってみたり、とにかく新たな世界を開こうと試行錯誤しました。

因みに友人は、この期間にまとまった貯金を作って、インドにバックパッカーをしに行ったりしていました。

ルームシェアを解消

ルームシェア解消 image

順調にルームシェア生活を謳歌していましたが、ここでルームシェアを解消します。

なぜここで解消したかというと、お互いもっといろんな経験を積もうという理由からでした。

よくルームメイトとは近くの焼肉屋で将来のビジョンや現在の価値観を話し合っていましたが、段々とお互いがお互いの将来の為に行動し始めた方が良いよね…という雰囲気になっていきます。

僕も副業で何かやってみようと思い始めていた時期だったので、色々タイミングが重なって解消…という形になりました。

東日本大震災も一つのきっかけ

東日本大震災 心境の変化 image

理由のもう一つとしては、東日本大震災が起きた事も理由としてありました。

東京にいたので深刻な被害は受けませんでしたが、テレビ越しの凄惨な状況を目の当たりにして、これまた価値観が変化します。

この震災直後あたりから、どうやったら地元に人を集められるか?を強く考え始める様になりました。

最終的に「地元にお金を落とそう」と考え始め、フルリモートで働ける仕事を模索していきます。

現在地方に住んでブログを運営しているのは、この時の経験からが強いと感じます。

二回目は次の目標への準備期間

二回目のルームシェア image

ただ事を興すにも準備が必要だったので、数年単位でやるべきことをやろうと考えました。

家賃負担が軽くなるのは大きな魅力だったので、次回もルームシェアをしようと考えます。

高校時代の友人が、部屋を出るかどうかで悩んでいるという事を聞きつけ連絡したところ、即決でOKを貰ったのでルームシェア用の部屋探しをスタート。

加えて、仕事で知り合った友人も誘って三人でルームシェアすることを思いつき、実際に生活をスタートさせます。

一番印象に残る4年間になった

その後三人でルームシェアをしましたが、結果的にこの三人での生活が一番長くなりました。

全員が「節約してお金を貯めたい」という気持ちが強かった為、この期間中はひたすら節約を意識して生活することにしました。

この時具体的に取り組んだ方法は、4年間の節約方法をまとめた記事に記載してあります。

どう過ごすかは自分次第

経験が人を成長 image

僕はルームシェア生活が上手くいき、充実した期間となりましたが、良くも悪くも結局は自分次第ということを学びました。

家賃が安くなる意外にも沢山のメリットはありますが、それと同じくらいデメリットもあります。

多くのサイトでメリット・デメリットは沢山記載されていますが、自分がどう捉えるかで印象は大きく変わってきます。

ある意味、自身の価値観を磨く最高の場だとは思うので、解釈力はすごい勢いで見につくと思います。

何度も言いますが、どう過ごすかは自分次第です。

スタートアップなら最高の環境かも

余談ですが、フリーランスやベンチャーのスタートアップの場としても使えると思っています。

コアメンバーでルームシェアすると、寝ても覚めても同じ自宅内に住んでいる訳なので、自然とやる気スイッチがONの状態になり易いです。

実際、それ目的でルームシェアをして成功している人も中には居るので、スタートアップとしての環境であればレンタルルームを借りるより、はるかに効率が良いかもしれません。

大きく成長できるかも?

ルームシェア 楽しい image

ルームシェアを活用すれば、内面的に大きな成長が期待できるかもしれません。

巷で言われている様なメリットやデメリットも、捉え方や解釈を磨く環境として捉えれば、大した障害にはならないと感じます。

ルームメイト選びは勿論ですが、自立した人同士で生活することが出来れば、その後の価値観に大きな影響を与えるきっかけになりますね。

一緒に生活をしてみないと分からない事も多いですが、その経験すら今後の人生に活かしていくという選択も出来ます。

どう過ごすかで大きく結果は変わってきますが、せめて僕の経験談が役に立てばいいなと思います。