作曲にはスケールでメロディを作ろう!【初心者向け】

  • 2020.04.14 最終更新日:2020.04.14
  • 雨宮
作曲にはスケールでメロディを作ろう!【初心者向け】

歌物の曲を作るときに当然メロディが必要です。

ですが、このメロディはどうやって作るか悩んでいませんか?

そんなお悩みは簡単に解決する方法があります。それは『スケール』を使う事です。

今回はこの『スケール』について解説していきます。

スケールとはなに?

スケールとはメインになる音階の事です

曲には必ず「キー」が存在しています。このキーに合う音が『スケール』です。

たとえばキーがCの場合、Cメジャースケールを使用すると「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」です。

ピアノで言うと白鍵部分です。キーがCの場合は黒い部分は使用しません。

このスケールは12個の音階の内7個に絞られた音です。これは曲に対して安定感があるので、メロディで組むにはピッタリです

スケールはキーごとに全て割り出されており、スケールを有効に使えば簡単にメロディを組む事ができます。

キーに合わせるのがスケール

初心者の方がよくスケールを使う際に、コードに合わせてスケールを使用したりしていますが基本的にキーに合わせて使います

どうゆうことかと言いますと、例えばこうゆうコード進行の曲があったとします。

キー C

Am→F→G→C

こうゆうコード進行があった場合は使うスケールは『Cのスケール』です。

コードはいろんなコードを使用しますが、『Cスケール』以外を使う必要はありません。ですが、メロディの出音はコードにあった音を使いましょう

Amから始まっているコード進行ですが、このメロディを組みたい場合は最初の出音はAmの構成音「ラ・ド・ミ」の中から使います。次のFの場合は「ファ・ラ・ド」です。

ですが、基本的にコードの始まりの音はルート音にするとより安定します。Amなら「ラ」Fなら「ファ」が一番安定します。

構成音から音を選んでいますが、これは全てCメジャースケールです。別のスケールの音は使用していません。よくコードに合わせてスケールを考える方がいますが、これは基本的にはやめましょう。

上級者はコードに合わせて使う

先ほどコードに合わせてスケールを使うのはやめましょうと言いましたが、これは大変難しいからです。1曲に複数のスケールを使うのは覚えるのも大変ですし、上級者向けのテクニックなので、最初はキーに合わせてスケールをい使いましょう。

ジャズギタリストはコードに合わせてスケールを使用していますので、参考にしたい方はジャズなどを聴いてみましょう。

スケール外の音を使えばどうなる?

結論から言うと、それは音が外れる原因になります。

ノンスケールともいいますが、プロはスケール外の音も使い印象的なフレーズも使いますが、初めのうちはスケールにそったメロディを作るのがオススメです。

そうすることにより、曲に対して違和感なくメロディを組む事ができます。

楽器でも使用出来るのがスケール

メロディで使用すると効率よく作ることができますが、このスケールというものは楽器でも使用できます

例えばキーがCの曲でギターソロをやりたい場合は「Cメジャースケール」を使用すれば簡単に解決します。ピアノソロでも同じ事が言えます。

一度覚えてしまうと様々な場面で活躍できるので作曲には必須のスキルです。

スケールの種類はいくつかある

スケールにはいくつか種類があります。

キーがメジャーなら「メジャースケール」、キーがマイナーなら「ナチュラル・マイナースケール」が基本ですがその他にもたくさんあります。

メロディを組む際にはこの「メジャースケール」と「ナチュラル・マイナースケール」で十分ですが、少し変わったメロディラインを組みたい時や、ギターやピアノでいつもと違う演奏がしたいときに別のスケールを使うと解決します。

ギターソロは定番のペンタトニック

いろんなスケールが存在しますが、一番有名なスケールと言っても過言ではないのがペンタトニックスケール(通称ペンタ)です。ギターソロの定番中の定番で世界中の人が愛用しています。

実はこのペンタトニックの音階を理解してメロディを組むとそうそうハズしたメロディは作らないようになるので、ギターをやっていない人もオススメしたいスケールです

このペンタトニックスケールはロックやブルース、ポップスなど幅広く使われているスケールです。ギターソロやリフなどはこのスケールをベースに作られている場合がかなり多く、ギタリストならぜひ覚えておきたいスケールです。

簡単なペンタトニックスケール

このペンタトニックスケールはメジャースケールを簡単にしたものです。

キーがCの時の音階は「ド・レ・ミ・ソ・ラ」の5音のみです。

12音の中から5音しか使いませんが、この5音は大変使い勝手がいい音で、ペンタトニックスケールを使えばそうそう外れた音は出ません。逆を言えばメジャースケールの不安定な部分を全て取っ払ったスケールです。

これはギターソロのアドリブでよく使われていすが、とても簡単なスケールでとても安定感があるので、ぜひメロディを作る際の主軸にしてみても面白いと思います。

覚えておいて損はないスケールです。

スケールで簡単にメロディを作ろう

まとめになりますが、スケールという音楽理論を使う事により曲に合う音階を使う事が出来ます。

これによりメロディや楽器でなにを弾けばいいか悩む必要はなくなります。

スケールは音楽理論の基本部分でもありますので、ぜひマスターして作曲に活かしてましょう。