【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

肩こり対策にエルゴノミクスマウス400-MA092を一年使ってみた感想

  • 2020.05.06 最終更新日:2020.06.16
  • Lifehack
肩こり対策にエルゴノミクスマウス400-MA092を一年使ってみた感想

腱鞘炎対策にエルゴノミクスマウスを

痛みの改善ならエルゴノミクスマウスを
  • 在宅ワークを始めてから肩こりが酷くて辛い
  • 腱鞘炎気味だったのが、最近さらにひどくなった
  • エルゴノミクスマウスって実際どうなの?
  • とにかく早く、この辛さから解放されたい

こんな悩み有りませんか?

実は僕も、ちょうど一年前に同じ悩みで悩んでいました。

エルゴノミクスマウスという存在を知ってこの記事にたどり着いた方に、実際に一年間エルゴノミクスマウスを使ってみた感想と体感を記載してみます。

以前の僕と同じように肩こりや腱鞘炎で悩んでいる方は必見です。

在宅ワークを始めてから肩こりや腱鞘炎が悪化

僕はちょうど一年と少し前に、仕事を在宅ワーク一本化してから肩こりや腱鞘炎に悩まされるようになりました。

最初のうちはロキソニンテープなどを貼ってごまかしていましたが、もっと根本的に解決できないものか…と、考え方がシフトします。

自分で色々調べた後に、どうやら「エルゴノミクス製品」を使うと改善されるという事を知りました。

マウスやキーボードをエルゴノミクス化しようと思っていたとき、こんなものを見つけました。

モノは試しで使ってみようと思って購入

それほど高いものでは無かったですし、とりあえずエルゴノミクスというものを体験してみたいと思って、結構早めに購入を決意しました。

当時はそんなにお金も無かったので、余り高額な製品には手を出し辛かったのですが、このマウスは値段もお手ごろ且つAmazon内の評価も悪くなかったので、とりあえず「モノは試しで」という気持ちで購入。

因みに貰ったAmazonギフト券2000円分を使って、かなり格安で手に入れたことは覚えています(笑)

400-MA092を一年使ってみた感想

400-MA092 一年使った感想
DSC_0171

Amazonで購入したサンワサプライの400-MA092を一年使ってみた感想としては、素直に「買って良かった」と思えます。

何故なら一年前と比べると、はっきりと分かる位、手首の痛みが引いているからです。

今でも酷使した時は多少辛いな…と感じる瞬間はありますが、ほぼ腱鞘炎の痛みから解放されています。

勿論、そのほかにも色々私生活の中で負担を減らすために取り組んだ事はありますが、基本的にはマウスの影響が大きかったのかな?と思っています。

下記では使っている内に気が付いたメリットをいくつか記載してみます。

大幅に腱鞘炎の症状が緩和された

このマウスを利用してから2か月ほど経ったとき、いつの間にか腱鞘炎の辛さが大分和らいでいると気が付きました。

得に手首の痛みや手の筋の張りが改善されたことで、仕事以外の家事の際も、手首をかばうような動作がかなり少なくなったと感じます。

人間工学に基づいて作られているとは言え、まさかここまで効果があるとは思っていませんでしたし、最初はマウスと違う要因で改善したのかもしれないと思ったほどでした。

小指がテーブルに触れにくい

エルゴノミクスマウスは斜め持ちが多く、小指がテーブル触れることが多いですが、受けがあるのでテーブルと触れることは少なくなっている様です。

マウス操作をしていると、テーブルに触れている部分が擦れて気になる事が多くなってきます。

特にデスクワークの仕事をしている方は毎日付きまとう問題なので、マウスの形状を機にしている方にもおすすめ出来ると思います。

モノが引っかからない

コードレスタイプ

この製品はコードレスタイプなので、マウス操作による煩わしさが無いのも魅力。

特に僕は何か飲みながら仕事をすることが多いので、PCデスクの上にはいつも何かしらの飲み物を置いています。

マウス操作によって飲み物を撒かす…という様なトラブルが一切なくなり、快適なデスク環境を整えることが出来ました(笑)

正直、腱鞘炎の痛みの問題を抜きにしたらこの恩恵が一番大きいような気がしています。ガチで快適です。

進む戻るボタンが便利

個人的に便利だと感じたのは、親指側についている「進む・戻るボタン」。

ブラウジング時に、極力マウス移動の操作をせずに済むようになるので、そもそもマウスに触っている時間が少なくなる様な気がします。

独特の位置にあるので多少慣れが必要ですが、慣れてしまえば苦も無く操作をすることが出来るようになりました。

ただ全体的なフィット感や手首への負担を考えると、過去に使ったマウスの中でもかなり優秀です。

逆にここは直してほしい

ここは直してもらいたい

一般的なマウスよりはだいぶ大きめに作られている為、マウスを包み込むように使っている方は違和感を覚えると思います。

また、僕は手のひらの割に指が短めなので、指が短い方にとっては少々使いにくさを感じるかもしれません。

進む・戻るボタンは便利ですが、親指が最初からボタンの上に乗らないので、押し込む際は少し伸ばしてあげないといけません。

マウス自体の大きさや、ボタン配置などを後継モデルで調整してもらえるなら、かなり使い勝手が良くなると思いました。

電池持ちは案外悪い

また電池も案外持たない事が判明しています。

無線タイプとBluetooth接続タイプを選ぶことが出来ますが、無線タイプは給電方式が単三電池です。

取扱説明書上では、連続使用の目安は「一日8時間の使用で、およそ二カ月」と記載がありましたが、今のところ二カ月持ったことはありません。

僕がフリーランスとして働くようになってから仕事時間が伸びたのも影響しているかもしれませんが、持って1カ月という体感です。

無線タイプを購入する方は、同時にエネループなどの充電池の購入をおすすめします。

肩こり改善を優先するなら先にデスクの購入を

肩こり改善なら先にデスクを

因みに個人的な意見としては、肩こり改善を目的に本製品の購入を決めかねているなら、先にデスクをきちんとしたものに買い替えるのがいいと思っています。

何故ならデスクワーク時の肩こりの原因の殆どは、「デスクの高さがあっていないから」だと言われているからです。

人それぞれ身長は違いますし、ちょうど良いデスクの高さも人によって異なります。

マウスやキーボードの形状には気を向けることが出来ても、デスクの高さまで気を回している方は少ないと思います。

もしあなたが酷い肩こりに悩まされているのであれば、マウスやキーボードを買い替える前に、高さ調節が出来るデスクの導入を先に考えた方が良いと思われます。

体感するまでは時間が必要

エルゴノミクス製品を使えば、当時の僕のように体感する方が殆どだとは思いますが、導入してから体感するまでに時間が必要な事は多いです。

数か月使っていると気が付かないうちに改善していることが殆どですが、すぐに体感する方は稀。

仮に体感がすぐ出なくても、あきらめずに使い続けるのがいいと思います。

使い始めてからすぐに効果を期待するのは仕方ない事ですが、使ってみて効果が無いと判断するのは、数か月使用してからの方が確実です。

最短1~2カ月で改善できるかも?

痛みを改善してハッピーに

今はリモートワークが推奨されてきていますが、同時に過去の僕と同じような悩みを抱えている人は、これからどんどん増えてくると思われます。

購入してからすぐに効果を実感する訳ではありませんが、少なくとも将来的なリスクは回避することが可能。

特に手首は普通に生活しているだけでも毎日負担が掛かる部位なので、極力負担を掛けないに越したことはありませんよね。

生活に支障をきたすレベルの痛みを抱えている人や、デスクワーク時に手首の疲れを感じているという方は、早めにエルゴノミクス製品への切り替えを検討してみてはいかがですか?