【あにいごのsarahaが出来ました!匿名でポチッと受付中です】

漫画は『電子書籍or紙』あなたにピッタリなのはどっち??

漫画は『電子書籍or紙』あなたにピッタリなのはどっち??

皆さんは漫画を読むときどのような媒体を使っていますか?

「漫画は絶対に紙派」という方や、「すっかり電子書籍に全部寄せちゃった」などなど、様々な意見があると思いますが、それぞれメリットが異なるので、紙と電子書籍の比較と、どちらが自分にとってぴったりなのか?という部分について、僕なりのアドバイスも交えてお話ししていこうと思います。

普段から本・雑誌・マンガをよく読むという方は必見です。

電子書籍は本棚が要らなくなる

電子書籍は本棚が要らなくなる

まず電子書籍についてですが、電子書籍にすると本棚が必要なくなります。

なぜかと言うと、購入した電子書籍はすべてアカウントに紐付けられるか、端末に保存することになるからです。

現在はほぼすべての漫画に電子書籍版があるので、電子書籍で漫画を買うようにするとお手持ちのデバイスで読むことができるようになるのは便利ですよね。

クラウド上に購入した漫画のデータをほぼ無限にストックできる上、端末にダウンロードする形でも、端末の容量が許す限り端末に保存し続けることができるようになります。

そうなると、クラウドストレージの容量や端末の容量が実質本棚と言っても過言ではなくなるので、自宅の書籍スペースを節約できます。

これが電子書籍におけるメリットのひとつです。

漫画によってはフルカラー版も読める

また電子書籍の中にはフルカラー版で提供されている作品も多々あります。

紙で読む漫画はほぼ全て白黒で表現されているので、「このシーンはカラーで読みたかったな」という方のニーズも満たしてくれます。

また電子書籍版はただ紙面をコピーしているというわけではないので、印刷ムラが少なく、快適に読むことが可能です。

もちろん全ての漫画にフルカラー漫画提供されているというわけではありませんが、少なくとも作品を選べば最初から最後までフルカラーで読むことも可能です。

世界で大人気のドラゴンボールや、 BLEACH、 ナルト…といったような漫画には、フルカラー版で提供されている巻もあるので、「昔読んだけど、改めて読む際はフルカラー版で読みたいな」という方は電子書籍を選んでみると良いです。

頻繁に割引されてるので安く買える

頻繁に割引されてるので安く買える

そして電子書籍版のもう一つのメリットは、「頻繁に割引されている」という点です。

書店で紙の本を買うときはそれほど割引されているというイメージはありませんよね。

あったとしてもお店で発行された「●円引きクーポン」などを使っての購入がメインになります。

しかし一方で電子書籍ストアを見てみると、「●%引き」や「半額セール」「ポイント倍キャンペーン」など、頻繁に書籍の割引に関するクーポンやキャンペーンが配布されています。

この違いは何なのかと言うと、紙の本には「再販売価格維持」という制度があるからです。

これは簡単に説明すると「A社で価格設定された本」を、小売店はその価格を勝手に改変したりできないと言う制度になります。

しかし現在の制度は電子書籍には当てはまらないため、電子書籍版は頻繁にキャンペーンを打つことができる状態にあります。

つまり、電子書籍版は金額の面でもお得に購入できる…というのがもう一つのメリットです。

大人ならまだしも、あまり自由に使えるお金がない学生などにとっては、結構ありがたいですよね。

質感・読んでる感は紙の方が圧倒的

質感・読んでる感は紙の方が圧倒的

一方で、紙の漫画にも優れている部分も沢山あります。

その一つに「質感」があるかと思います。

電子書籍のように気軽に何冊も持ち運べない…という点はデメリットになるんですが、紙を持った時の匂いや、ページをめくるときの質感などは電子書籍では味わえません。

また「漫画を読んでいる感」は圧倒的に電子書籍より紙の本が優れています。

そして、気になったページを即めくることが出来る…という点も、実は紙で漫画を読むメリットのひとつです。

電子書籍は1ページごとにデータ化されているので、気になったページを読み直したい時は前のページに戻るか、ページ番号を覚えておいて戻る必要があります。

一見便利なようですが、漫画を読み進めていて「あれ?あのシーンが伏線になってるんじゃない?」と思っても、なかなか即座にそのページにアクセスすることができません。

その点、紙の漫画は感覚でページをめくることができるので、気になった部分まですぐに戻ることが可能です。

この点を解消するために最近では電子書籍にブックマーク機能などが付くことがありますが、使いこなしている方はあまり見たことがないです。

ということで、「質感・漫画を読んでいる感・ページ戻り」という部分においては、紙の本に軍配が上がると言えそうです。

読み終わったら売れる

ちなみに「読み終わったら売れる」というのも、紙で漫画を読むメリットの一つ。

電子書籍は購入ができる反面、購入した漫画を書店や人に売ることができません。

月に1冊や2冊ほどしか読まない方なら良いのですが、中には毎月数十冊という、漫画ヘビーユーザーもいますよね。

書店に持ち込むとたいした金額になりませんが、フリマアプリなどを駆使すると購入代金の半分ほどは回収できるので、読んだ漫画はすぐに売りたい…という方には紙で漫画を読むメリットになります。

書籍に囲まれているのが幸せ

書籍に囲まれているのが幸せ

単純に書籍に囲まれているのが幸せという方もいますよね。

僕も以前は自宅の離れに漫画のみの部屋を作って、よく書斎に籠りながら勉強をしていました。

なぜだか不思議ですが、本に囲まれていると集中できる他、紙の本から発せられる独特の香りが気分を落ち着かせてくれます。

こちらは電子書籍では絶対に味わえない感覚なので、メリット・デメリットというより、精神的な豊かさを得たい人向けの手段かもしれませんね。

単純に書籍に囲まれるのが好きという方は、紙媒体での購入がマストになります。

少しでも長持ちさせるための方法

余談になりますが、少しでも紙の本を長持ちさせるための方法も記載しています。

紙の本は日光や湿度などによって、想定よりも早く傷んでしまう場合も。。

電子書籍と違って実際にスペースを作ってそこに保存しておくので、管理方法はかなり重要。

過去に「紙の本を少しでも長持ちさせる方法」と、「傷んだ本をきれいにする方法」をまとめているので、興味があればそちらも読んでみてください。

お前は結局どっち派なの?

お前は結局どっち派なの?

気になる方もいるかもしれないので、僕の立ち位置をはっきりさせておくと、僕は「電子書籍派」です。

3年ぐらい前から徐々に電子書籍で雑誌などを読むようになり、気が付いた時には全ての漫画を電子書籍で購入するようになっていました。

というのも、極力移動時の荷物を少なくしたかったのと、漫画の他に動画や音楽なども「一つの端末で完結できる方が良いじゃん!」と考えていたので、自然と電子書籍に移行していきました。

昔から「十徳ナイフ」のようなツールが好きだったということもあり、精神的な充実感より実用的な便利さを追い求めていった結果が、僕を電子書籍派にシフトさせたキッカケです。

元々、圧倒的な紙派でした

ですが最初から電子書籍のメリットを理解していたわけではありません。

今から約15年ぐらい前に初めて漫画が電子書籍で発売されるようになりましたが、「漫画を読むなら単行本で」と思っていたので、電子書籍が初めて世に出た時は、

「金額も紙の単行本より全然高いし、あの小さい画面で(当時WQVGA(240×400)が主流のガラケー時代)漫画なんか絶対に読みたくないな」

と思っていました。

最初はPC ユーザー向けに電子書籍をリリースしたのだと思うのですが、当時高校生だった僕はまだ PC を持っていなかったので、余計にそう感じたのかもしれません。

サブスクが便利過ぎ&安すぎで一気に電子書籍派へ

サブスクが便利過ぎ&安すぎで一気に電子書籍派へ

そんな僕ですが、漫画の読み放題サービスが始まってから、一気に電子書籍にシフトしていきます。

当時、僕が電子書籍に抱いていたイメージは「便利な反面、高額」というものでした。

しかし、世の中に続々と雑誌や漫画の読み放題サービスが出てきたタイミングで、

「1冊ずつで買うと高いけど、定額で読み放題になるならお得なんじゃね?」

と考えるように。

加えて、頻繁に漫画喫茶に出入りしていたこともあり

「漫画喫茶一回分の値段で、毎月数千冊が読み放題になるのはデカいな」

と思ったのが決定的でした。

当時からかなりケチだった僕にとっては、「棚からぼたもち」的なありがたさを感じました(笑)

そういったいくつかの出来事を経験し、2017年を境に、一気に電子書籍派にシフトしていきます。

専用端末orタブレットならどっち?

専用端末orタブレットならどっち?

よく言われることですが、専用端末かタブレットでは特徴がそれぞれ異なります。

専用端末は Kindle や Kobo などの端末が有名ですよね。

その他にも、海外のメーカーから電子書籍の専用端末が販売されていますが、基本的に専用端末は「白黒画面」と思って間違いないです。

その代わり、「限りなく紙に近い質感や感覚」で読書を楽しめたり、タッチペンの反応も自然なことから、会議などでメモを取る際に使われる…というケースが多く、主にビジネスマンから指示されている様です。

一方でタブレットは、無数のメーカーから販売されていて、その機能もメーカーによって様々です。

大体は動画をよりスムーズに視聴する…という前提で組まれているので、「漫画や雑誌を読むのに特化したタブレット」というものは、現在ありません。

しかし電子書籍と違い、動画鑑賞や音楽鑑賞、アプリを利用しての通話など、多機能性に優れています。

その為、「メイン端末のサブ機」として使われるケースが最も多く、利用シーンもどちらかと言えばカジュアルです。

ぶっちゃけ、どの端末か?より使用シーン優先

そして「どの端末がいいか?」というのも、個人の生活ルーティンや利用シーンで大きく左右されるため、オススメ出来る端末が異なってきます。

個人的には「どの端末か?」で選ぶより「どういう状況で使うことを想定しているのか?」で選んだ方がいいと思います。

選び方の基準としてはこんな感じです。

  • 動画鑑賞やSNSの頻度が低く、文章に集中したい ⇒専用端末
  • 動画鑑賞やSNSの頻度が高く、これ一つで済ませたい ⇒タブレット

普段からあまり動画や SNS をそれほど利用しない…という方には、専用端末の方がおすすめです。

上記のような形は専用端末を選ぶ際の基準で「文章に集中したい」という気持ちが少なからずあるように思えます。

文章を読んでいる時に、ポップアップなどの通知で邪魔されたくないと考えているのであれば、漫画や本を読む専用の端末を用意しましょう。

逆に、通勤中や帰宅中、就寝前などのちょっとした隙間時間で動画や SNS、 漫画を楽しみたい…という方には、タブレットをお勧めします。

最新の専用端末では SNS やブラウジングなどの機能が備わっていることがありますが、すべてモノクロ画面になってしまうので、「タブレット1台で何役もこなしたい」という僕のような考え方を持っている人は、素直にタブレットを購入した方が良いです。

あなたにとってピッタリなのはどっち?

あなたにとってピッタリなのはどっち?

「漫画は電子書籍か、もしくは紙か?」という議論はいまだに続いていますが、電子書籍には電子書籍のメリット、紙には紙のメリットがあります。

流行りは電子書籍ですし、個人的にも電子書籍を推したいのですが、だからといって紙の本も否定しません。

やはりまだ僕も「たまには紙で読んでみたいな」と思う時はありますし、古本屋さんに入った時のワクワク感・安心感というのは、電子書籍では味わえませんよね。

利便性をとるか精神的な充実さを取るかは皆さん次第です。

皆さんは、漫画はどの媒体で読むのが一番しっくりきますか?

こちらの記事もおすすめです。

本・電子書籍カテゴリの最新記事