ゲーム

意外と知らない?PS4からBluetoothで音声出力させる方法

PlayStation 4に手持ちのワイヤレスイヤホンを繋いで「コード類から解放されたい!」と思ったことはありませんか?

友人と会話をしながらゲームを楽しむことが出来て、煩わしさから解放されるならワイヤレス化したいですよね。

ですが、PlayStation 4に Bluetooth のイヤホンをペアリングしても、音は流れません。

PS4でBluetooth イヤホンから音を出すには、 PlayStation 4とイヤホンとの間に経由ポイントを作る必要があります。

今回は PS4から Bluetooth 経由でお手持ちのイヤホンに音を出す方法を解説します。

PS4はbluetooth接続に対応している。

先述しましたが、 PlayStation 4は Bluetooth機能が備わっているので、 Bluetooth対応機器をPS4 に接続することが出来ます。

なので、Bluetooth 対応のキーボードやスピーカー等を繋ぐことが可能です。

公式サイトや Amazon などではプレイステーション4対応のキーボードやイヤホンなどがたくさん販売されていますよね。

もちろん Bluetooth に対応している全ての製品を PlayStation 4に繋げる…というわけではありませんが、販売サイトで動作確認が取れている製品なら、Bluetooth 経由で接続することはできます。

ただし、PS4はbluetooth スピーカーに対応していない

しかし意外なことに、 PlayStation 4に Bluetooth 対応のスピーカーを接続しても音が流れません。

何故かと言うと、 PS4は 「Bluetooth 経由での音声出力に対応していないから」です。

一つ前と正反対な事を言っている様に思えますが、要約するとこういう事です。

・PS4自体はBluetoothに対応しているので、Bluetooth機器は接続できる。

・でもBluetooth経由で音は出せないから、Bluetoothスピーカーは繋げられるけど音は出ないよ

という事です。

例えば、Amazon で売られている Bluetooth スピーカーを PlayStation 4に繋ぐことができても、音は流れません。

イヤホンやヘッドホンでも同様です。

一部例外で、ソニー公式サイトで販売されている純正のワイヤレスヘッドホンならば、購入した日からすぐに使うことはできます。

ですが、わざわざワイヤレス化のために純正のワイヤレスヘッドホンを購入するのは、なんだかもったいない気がしますよね。

これを解決するには、音声を発信する「トランスミッター」という製品を間に噛ませる必要があります。

PS4にbluetooth スピーカーを繋ぐにはトランスミッターが必要

PS4にbluetooth スピーカーを繋ぐには「トランスミッター」を用意する必要があります。

現在ある程度の需要があるのか、各メーカーから様々なトランスミッターが出ているようです。

例えば、ゲームをする人なら聞いたことがあるCREATIVEというメーカーからは、CREATIVE:BT-W2というトランスミッターが発売されています。

この『CREATIVE:BT-W2』はワイヤレスヘッドセットに対応しているため、Bluetoothイヤホンにマイクが付いているものは、そのままヘッドセットとして使用可能。

また、遅延と音質の劣化が極端に少ない『aptX LL』に対応しているイヤホンなら、ほぼ無遅延で音が流れるので、FPS やレーシングゲームなどに適しています。 

イヤホンやヘッドホンなどを有線から無線に変更すると、コードの煩わしさから解放されて、いつもよりプレイが快適になるかもしれませんね。

後継機も発売している

また上記で紹介した製品の後継機である「Creative BT-W3」も同社から発売されているようです。

実際に購入してみた人のレビューを見ると「自動接続されるので非常に楽」「スイッチやPCでも使えた」というクチコミがみられます。

本製品は使いたい端末に差し替えるだけで簡単に切り替えられる他、ほぼ遅延も見られず音質もそれなりに良いとの事で、かなりの高評価をもらっている様子。

超高音質とまではいかないかもしれませんが、遅延がほぼ無く、値段も1000円ほどしか変わらないのは嬉しいですよね。

なるべく新しい製品が欲しいという方は、こちらの後継機の購入を検討してみるのも良いでしょう。

Creative BT-Wシリーズを買った人の口コミ

下記ではCreative BT-Wシリーズを買った人の口コミをいくつか紹介しています。

個体差もあるようですが、おおむね良好な口コミが目立ちます。

中には既にPS5との相性も試している方も居たので、今後PS5を購入予定の方にもオススメ出来ると言えそうです。

音質に関しては使用しているヘッドホンやイヤホンそのものの性能もありますが、とりあえず超高音質とまではいかないものの、高音質で聞きたい人にはおすすめです。

購入時は「送信機」と「受信機」に注意!

一つ注意しておきたいのが、トランスミッターには「送信機」と「受信機」の二つのタイプがあるという点です。

 PlayStation 4に Bluetooth レシーバーを繋いだとしても、音は流れません。

 Bluetooth レシーバーとはその名の通り、 Bluetooth 非対応のスピーカーに音を飛ばしてあげるための装置です。

車に携帯の音楽を流せる「FM トランスミッター」というものが有りますが、俗にあれらを Bluetooth レシーバーと言います。

興味があれば自分で調べる方もいますが、 あまり広く知られた知識ではないので間違えてしまいがちです。

上記以外の製品を自分で決めて購入する際は、送信機と受信機、二つの違いに注意するようにしましょう。 

音質や音ズレだけは譲れない!と言う方は

またゲーム内の音声をイヤホンに流す場合は、コーデックにも注意して選ぶようにしましょう。

コーデックとは「圧縮方式」の事で、この圧縮方式の違いにより「音質」「遅延」等に影響が出てきます。

例えば最も一般的なコーデック「SBC」は、ほとんど全ての Bluetooth オーディオで採用されている圧縮方式ですが、このコーデックが採用されたトランスミッターでゲームをすると、「はっきりと分かる遅延と音質低下」を感じるでしょう。

反対に「aptX」や「aptX LL(Low Latency)」のコーデックが採用されているトランスミッターを使ってゲームをすると、「遅延を感じさせないCD以上の高音質」でゲームを遊ぶことができます。

もちろんコーデックが上位になるにつれ値段も上がってきますが、没入感や音ズレなどを気にしたくないのであれば、上記の記載が確認できる製品を購入するようにした方が良いです。

PS4対応のトランスミッター3選

ワイヤレスイヤホンと組み合わせたいトランスミッター

上記以外でも、様々なメーカーからトランスミッターが発売されています。

その中でもかなり評価が高い製品を三つピックアップしておいたので、上記以外の製品を探すなら、下記も候補として考えてみては如何でしょうか?

REIYIN WT-04

こちらもPS4対応のトランスミッターとしてはそれなりに評価が高い製品。

低遅延をウリにしていて、且つ取り回しも簡単なので、コスパを求める人に良く買われている様です。

ただし、REIYINという会社は僕も知らなかったので、ネームバリューで安心したい方は知っている会社の製品を買うと良いと思います。

REIYIN WT-04を購入した人の口コミ

1Mii オーディオ bluetooth usb

1Miiというメーカーが発売しているトランスミッターになります。
この会社も聞いたことはなかったのですが、レビューを見ると評価がかなり高いです。

動作確認が取れているレビューが多い事から、こちらを購入するのも良いかもしれませんね。

見た目はBT-W2やBT-W3とそっくりでスタイリッシュですよね。

1Mii オーディオ bluetooth usbを購入した人の口コミ

GuliKit Route Air Pro

Switchも持っているという方にはこっちの「Route Air Pro」もおすすめ。

低遅延は勿論、二つのワイヤレスイヤホンを同時に接続でき、マイクが付いているのでこれ単体でボイスチャットも出来るという点が優れています。

普段、PS4とSwitchを両方遊んでいて、且つ外でも楽しみたい…というのであれば、こちらの製品が良いかもしれません。

USBバスパワー方式なので、充電が必要ないのもうれしいですね。

GuliKit Route Air Proを購入した人の口コミ

あとがき

今回はPS4からBluetoothで音声出力させる方法を記載してみました。

コーデックや Bluetoothトランスミッターの種類など、多少の専門知識が必要になる場面もありますが、基本的には販売サイトで購入する場合は「レビューが高く、自分と同じような環境で動作した」人のレビューを見て購入判断をしましょう。

ソニーから発売されている純正のヘッドフォン購入すればトランスミッターも購入する必要はありませんが、お手持ちのヘッドフォンやイヤホンを使いたい!という方も多いかもしれません。

中には既に知っている方もいたかもしれませんが、身近に困っている方がいれば是非教えてあげてくださいね!

-ゲーム