次に流行る漫画はコレ!!「スパイファミリー」みんなの評価と口コミは?

次に流行る漫画はコレ!!「スパイファミリー」みんなの評価と口コミは?
  • 絵がきれいでストーリーもしっかりしている作品が読みたい!
  • 今からでも最新話に追いつける面白い漫画ないかな?
  • 話題の作品をおさえておきたい

そんな人にはSPY×FAMILY(スパイファミリー)と言う漫画がオススメです!

SPY×FAMILY(スパイファミリー)は遠藤達哉さんが手掛けている日本のマンガ。

ジャンプ+で連載中で、現在単行本は7巻まで発売されています。

最近はアニメ化の噂もあるようですが、漫画を読んでみたらその理由にも納得するはず。

単行本数もまだ一桁なので、まだまだ最新話に追いつけます。

アニメ化する前に、もしくは流行を先取りしたいと思っている方は必見です!

SPY×FAMILY(スパイファミリー)とは?

出版社集英社
連載雑誌ジャンプ+
作者遠藤達哉
ジャンルスパイアクション×ホームドラマ×コメディ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)はジャンプ+にて2019年3月25日から連載されている作品です。

作者にとっては3作目の連載作品になります。

スパイアクションにホームコメディ要素が加わった異色作で、、次にくるマンガ大賞2019 Webマンガ部門1位、このマンガがすごい!2020 オトコ編1位、第24回手塚治虫文化賞ノミネートなどの数々の受賞歴を持ちます。

本作の連載開始と同時期にジャンプ+のリニューアルが行われ、オリジナル連載作品がアプリで1回限り全話無料で閲覧可能となりました。

新規読者層の取り込みや閲覧数公開をすることによる話題性の演出が、これほどまでの人気となったきっかけなのかも。

みなさんの中にもアプリから無料で読んでハマったという方がいるのではないでしょうか?

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のあらすじ

十余年の冷戦下にある東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)の間には戦争の火種を残しつつ、仮初の平和が成り立っていた。

西国一と言われる凄腕スパイ「黄昏」はこの仮初めの平和を守るために、オペレーション〈梟〉(ストリクス)という任務を命じられる。

その内容は、戦争を企てる東国の重要人物との接触を図るため、その人物が唯一表に出るという息子の通う学校の優秀者のみ参加出来る懇親会に出席すること。

そのために、ごく短期間で結婚して子供の親となり難関イーデン校に子供を入学させなくてはいけなくなったのだ。

「黄昏」は精神科医ロイド・フォージャーを名乗り、養子を求めて訪れた孤児院で、人体実験により心が読めるようになった少女アーニャと出会う。

ロイドの心を読みスパイであることを知ったアーニャはワクワクを求め、あの手この手を使いロイドの養子に選ばれる。

無事難関イーデン校の筆記試験に挑むことが出来たものの、次の面接試験は「両親」揃っての出席を求められ、ロイドは急いで妻役の女性を探すことになる。

なかなか条件に当てはまる女性が見つからない中、2人はヨル・ブライアをいう女性と出会う。

なんと彼女は表の顔は公務員だが、裏の顔は「いばら姫」というコードネームで殺し屋稼業を行っていた。

彼女は、婚期の遅れで注目を集めないように形式上のパートナーを探していた。

心を読むことができるアーニャは、さらなるワクワクを求めて殺し屋であるヨルに母親になってくれるように仕向ける。

こうして、スパイの夫、殺し屋の妻、超能力者の娘という特殊な偽装家族による奇妙な新生活が始まったのだ。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)を読んでみた感想

初めて単行本を目にしたときに思ったことは「めっちゃオシャレ!」と言う印象でした。

やはりスパイと名の付く作品、そしてこの絵柄…非常にスタイリッシュな内容になっているにちがいない!と思っていました。

実際はスパイのスタイリッシュさもありつつ、ホームコメディ要素も含まれており、いままでにないジャンルで一気に引き込まれてしまいました。

まず登場人物が全員個性的!夫がスパイで妻が殺し屋というと某ハリウッド映画を彷彿とさせますが、その内容は全く異なります。

この設定だけだとスタイリッシュな心理戦が繰り広げられるのでは…?と思うところですが、心が読めることで唯一状況をすべて把握しているアーニャが少しおバカなところが非常に良い緩衝材になっています。

父の任務のために、時には完璧にサポートし、時には全く的外れな行動をして周りを巻き込んでいきます。

でもどこか憎めないアーニャの表情や行動、セリフにどんどん惹き込まれていくこと間違いなしです。

また父ロイドは凄腕のスパイではありますが、夫や父親の経験値は0。

任務は完璧にこなしますが、家族のことになるとちょっと的外れなところがあります。

ロイド自身、1人で任務をするのとは違う難しさに戸惑いつつも、今の状況を楽しみ始める心境の変化がとても良く描かれていて、感情移入してしまいます。

母ヨルも殺し屋をやっているせいか、、少し世間の女性とはズレた感覚をもっており、たまに突拍子もない行動を取ったりしますが、その本質は家族の為

殺し屋としては優秀なのに、人間関係に疎い自分を変えたいと思い行動する姿には勇気を貰えます。

決して血の繋がりも愛もなく始まった偽装家族ですが、家族を演じている中で生まれるそれぞれの感情の変化がとてもリアルで、他人事とは思えない場面も…。

血が繋がっていようと、なかろうと、始まりがどうであろうと、家族の形というのは型にはめられるものじゃないな、と思わされました。

1つとして同じ家族の形はありませんからね!

決してシリアスなだけじゃなく、癖強キャラクターによるコメディ部分にも注目の作品です。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)を読んだ人の感想や評価

下記ではSPY×FAMILY(スパイファミリー)を読んでみた人の感想や評価を紹介します。

個性的なキャラクターが多く、推しキャラがいる人も少なくないようです。

特に心が読めてしまう娘アーニャのかわいさにメロメロな方も!

アーニャを中心に巻き起こるコメディ部分にも注目ですね!

SPY×FAMILY(スパイファミリー)はこんな人におすすめ!

SPY×FAMILY(スパイファミリー)はこんな人におすすめです!

  • 絵がきれいでストーリーもしっかりしている作品が読みたい!
  • 今からでも最新話に追いつける面白い漫画ないかな?
  • 話題の作品をおさえておきたい!

絵が綺麗で、且つストーリーも面白いマンガが読みたいと思っている人には特におすすめです。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)はストーリーやキャラの癖が強く、予想の斜め上の展開が頻繁に起こるので、見ていて飽きないというメリットが。

まだまだ発売巻数もそれほど多いと言うわけではないので、まとめ買いをして読み込めば十分最新刊に追いつくことが可能です。

また映画化の話題もあった様に、これから間違いなく流行るマンガの一つなので、今から押さえておきたい!と思っている人にもオススメです。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)を読めるサイト&アプリ一覧

下記ではSPY×FAMILY(スパイファミリー)を読めるサイト&アプリ一覧を紹介しています。

今は時間経過で無料で読めるアプリが増えてきましたよね!

中には無料で一巻まるごとを読めるサイト&アプリも登場しました。

電子書籍版は割引きで易くなっていることが多いので、セール時にまとめて購入するのがお得です。

各サイトやアプリでセールになっている他作品もチェックしてはいかがでしょうか?

作者:遠藤達哉(えんどうたつや)さんの他作品はある?

作者:遠藤達哉さんの他作品も念のため調べてみました。

遠藤達哉さんが過去に書いたマンガは下記です。

  • TISTA(ジャンプSQ/全2巻)
  • 月華美刃(ジャンプSQ/全5巻)

どちらも面白いですが、比較的短い連載期間で終了したとの事。

世界観に共通点があるので、今日のSPY×FAMILY(スパイファミリー)の原案になったと言っても良いでしょう。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)は既に上記2作品の発刊数を越えていますし、内容的にもまだまだこれからといった所。

遠藤達哉さんの代表作となる事は間違いないので、これからも頑張って連載を続けてほしいですね!

今回のまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の感想と口コミを紹介してみました!

スタイリッシュ且つ面白いという事もあり連載当初から注目していましたが、これからどういう展開になるのかますます注目したいところです。

ストーリーの進行も一癖あるので、予想できる展開の斜め上を越えてくる感じも呼んでいて楽しいです。

いま最も勢いがあるマンガとして捉えても良いと思うので、まだ読んだ事の無い人も、ぜひこの機会に読んでみて下さいね!

まんがカテゴリの最新記事